ゆりかごのつぶやき

yurikago1.exblog.jp ブログトップ

葉ボタン

c0105306_20362872.jpg

12月16日(土)くもり
12月も半ばが過ぎたというのに何となく暖かな日。コートなしでも外が歩けそうだ。しかし明日の夜から雪が降るような事を言ってるが何だか信じられない。
これは先日作った葉ボタンのバスケット。昔は葉ボタンなど目もくれなかったのにこの頃のは小さなバラのように見えるようなもの迄売っている。レースみたいに見える葉ボタンは使い方に頭をひねったが入れてみると案外とフワフワっとしていてソフトなムードが出るようだ。このバスケットには約30個程の苗が入っているがメインの葉ボタンよりも隙間を埋めるものをいっぱい買わなければならない。要するに脇役の方が高くつくのだ。でもああでもない、こうでもないと植え込む時はなかなか楽しいものだ。出来上がると反省しきり。。

ゆりかごガーデニングラプソディー
# by yurikagorose | 2006-12-16 20:44 | 寄せ植え

白鳥

c0105306_23395199.jpg

12月15日(金)雨
予報では今日は晴れると言っていたのになんとなく雲行きが怪しい。しかし雨が降るという感じの空でもないのでバラの誘引にかかる。葉はまだ大分付いているし誘引には早いがこれからは北陸は雪で覆われ毎年寒い中での誘引の作業は大変。今年は早めにしなければとフェンス側を少しだけするとぽつぽつと雨が降って来た。このくらいならとたかをくくっていたがだんだん本降りになってきてもういけない。早々に引き上げ家に入るとなんとか雨は止んで来た。午後からは友達と十二町潟水郷公園に白鳥を見に出掛けた。
初めて行ったがこんな近くにこんな良い場所があるとは。今は冬枯れで寒々しいが季節が変わればきっと散歩にはうってつけの場所だ。白鳥は十数羽おっとりと泳いでいる。こんな寒い時でも水の中にすましているのが不思議。途中から雨がまた降って来て急いで帰途に着いた。

ゆりかごガーデニングラプソディー
# by yurikagorose | 2006-12-15 23:46

バラの移動

c0105306_21434619.jpg

12月14日(木)くもり
今日も朝から雨模様。しかし10時頃からは雨も止み外に出てみると仕事が出来そう。天気は悪いものの寒くはない。この間から地植えのバラの移動を考えていた。去年の大雪で田んぼに雪を落とすのにプリンスは可哀想にママさんダンプの通り道の真下になっていた。あれだけ踏みつけたのだから絶対に駄目になっていると思っていたのに意外や意外春になるとちゃんと再生したのだ。今年は去年程の大雪にはならないとは思うがやはり違う場所に移動した方が安全。この間低木を抜いたところがすっぽりと空いたのでそこに移動して一安心。バラってほんとに強いものだ。
それから今度は私の庭にあり重要な位置を占めてるマチルダ。毎年見事にこんもりと丸く豪華に咲いてくれるが通路のそばにあるので邪魔でしょうがなかった。そのそばにはベンチもあり通路が狭くなるし一輪車で道を通る時に花がぶつかって可哀想。どうしようか大分迷っていたのだがやはり庭の真ん中に移そうと昨日決断した。予報を見ると今度の日曜から雪になるような事言っている。バラの移動は冬の間が一番良いという事なのでもう今しかない。マチルダはうちのバラの中で一番沢山咲いてくれるバラなのでもし枯れたりしたら大変な事になる。夏の間からどうしようか迷っていたのだが移動先に生えていたものは全部整理済み。そしてそこには牛糞や肥料をたっぷり入れておいたので移すだけになっている。あんな大きなマチルダだったが掘り起こしてみると案外簡単に抜けた。移した後はグラグラしているので一応雪囲いをして置いた。
そばにはこの間から沢山買っておいたパンジーや溢れ種から出て来たネモフィラやわすれな草を植え付けた。この場所に関しては春を待つのみ。

ゆりかごガーデニングラプソディー
# by yurikagorose | 2006-12-14 21:58 | 庭仕事

ユジンとチェリン

c0105306_2029715.jpg

12月13日(水)雨
今日は午前中は曇っていたものの午後からは又冷たい雨。ようもこう毎日雨が降るものだと嘆く。
ユジンとチェリンはうちに拾われてから早1年半以上がたった。これはユジン。純粋なる雑種というものを飼った事がなかったのであまりのいたずらに手を焼いている。今迄血統種ばかりが何となく集まったのだが皆何せおとなしい。ところがこの2匹ときたらどこの戸でもすいすいと開けるはどこからでもうまく脱走するはで手に負えない。2匹とももう避妊手術は終わったもののまだ外には出してない。オス3匹を家の中に回収するだけでも大変なのに更にこの2匹を外に出したらもう回収不能になるに違いない。今迄いたメス猫は皆おとなしく外に出しても怖がってすぐに家の中に戻って来たというのにこの2匹ときたら脱走したが最後逃げ回って隣の庭まで駆け回る。怖いもの知らずという感じだ。オス3匹が外でうろうろしているのを見ると家の中の窓辺から見て羨ましいというより悔しそうな顔をしている。ユジンは特にいたずらが激しく何を訴えているのかニャンニャン泣きまくり私の服をよじ登って来るのには閉口させられる。で、仕方なしにこうしてたまにリードをつけて2匹を庭で歩かせる。
c0105306_2041373.jpg

こちらはチェリン。ユジンより一回り半程大きく何せデブだ。今迄こんな重い猫うちにいた事はない。性格はおとなしく膝の上なんぞは殆ど来ない。ユジンの方は隙を狙ってすぐに膝の上に来て甘える。
2匹を外に出してあげるとリードがこんがらがって収拾がつかなくなるので一人1匹づつ散歩させる。やはり私の庭に出ると猫の好きなキャットニップスにすり寄りじゃれたり枝をかんだりしている。あまりに外にだしてくれ攻撃がひどいと可哀想になる時もあるがここで折れたら最後に泣きを見るのは自分といさめる。

ゆりかごガーデニングラプソディー
# by yurikagorose | 2006-12-13 20:47 |

コルデリーネ

c0105306_21554533.jpg

12月12日(火)くもり
今朝起きてみると又雨。昨日は晴れてくれて気分も壮快だったのにやっぱりあんな良い天気が続くわけないか。。。しかし午後からは少し晴れ間も見えてホッとする。
庭のコルデリーネは今も赤い葉を付けて綺麗に咲いているがいつもなら縄で葉を縛る。しかし雪の中に埋もれると葉は溶けてしまう。春になると新しい葉が展開するので縄で縛る事もないのかも知れない。今庭には何もない時なのでこんな葉でもあるとなしとでは大違い。未だに元気に花を付けているのはヒメツルソバくらいかも。

ゆりかごガーデニングラプソディー
# by yurikagorose | 2006-12-12 22:14 | 植物

寄せ植え

c0105306_21272236.jpg

12月11日(月)晴れ
朝の間は曇っていたが午後からは久しぶりに晴れ。午前中に庭の掃除やバラの剪定、まだ小さな木などを縄で縛り付ける。バラは殆ど短く切ってしまったので雪囲いも必要がないように思えるので今年は何もしていない。しかし雪の重みで枝が割けたり折れる事はあり得るかも。
先日ガーデンシクラメンやプリムラを競りで落としたので全部まとめて寄せ植え。こんな気違いじみた原色の組み合わせでも北陸の冬場には可愛く見える。去年もこれと同じようなものを作ったが春まで次々と咲いてくれ長い間楽しませてくれた。もちろん軒下においてあるので雪にはあたらないようにしてある。この中には去年のプリムラの苗も入っているが今年買ったものよりずっと元気が良い。

ゆりかごガーデニングラプソディー
# by yurikagorose | 2006-12-11 21:34 | 寄せ植え

ダリア球根

c0105306_20391042.jpg

12月10日(日)雨
今日も一日雨。どこかで雪でも降っているのか冷たい雨だ。これから北陸は毎日こんな日ばかりになり憂鬱になってくる。
これは夏に咲いたダリアの夜桜。真ん中がうっすらと黄色になり周りはピンク。今年の春に通販で買ったものだ。この球根は一個が1500円。もし咲かなかったらと思うと高い買い物だ。しかし次々と花をつけ11月も始め頃までは切り花にして楽しめた。
c0105306_20422259.jpg

花も終わりに近づいたので先日球根を掘り上げてみたらなんとこんなに増えていた。いったい何個になっているのか数えられない程だ。しかし横に植えていた「吹雪」の球根は2000円もしたのにたったの2個にしか増えていなかった。もう一つ「キッズパーフェクション」はびっくりする程綺麗な花を付けたが花が咲くのが遅く切り花には数本しか出来なかった。これは私が買ったものの中で一番高くて2500円。球根を掘ってみるとこれも2個にしかなってない。球根が高い程増えないのかも知れない。だから尚更球根が高くなるという理屈になるのかも??

ゆりかごガーデニングラプソディー
# by yurikagorose | 2006-12-10 20:47 | 植物

シャコバサボテン(デンマークカクタス)

c0105306_2138670.jpg

12月9日(土)雨 
今年もまたシャコバサボテンの花が咲いた。手入れらしい手入れもせずにいるのに律儀な事だ。これからは花のない季節になっていくのでこんなものでもあると重宝だ。部屋の中に入れると暖房をしているので花芽が落ちるかも知れない。それでいつも寒い廊下に置いてある。うっかりすると猫の餌食になるので猫の届かないような場所を探すのが大変。

ゆりかごガーデニングラプソディー
# by yurikagorose | 2006-12-09 21:42 | 植物

ポリジ

c0105306_20272912.jpg

12月8日(金)くもり
昨日の画像にも写っているが大きな葉はジキタリスだがその他にもポリジもある。ポリジは花が小さな星のようでとても可愛いが葉が凄い。ごわごわしていて毛が生えている。茎にはガラス質の棘があるのでうっかり素手では触れない程だ。毎年ポリジは余りにも育ち過ぎるのである程度花が終わったら次々と抜いているのにどこからともなく出て来る。そして雪の下でもへこたれず生育するのだから強者。昨日ふと見るともう花迄咲かせているのでびっくりした。ほんとに強いんだね〜〜とつぶやいてしまう。

ゆりかごガーデニングラプソディー
# by yurikagorose | 2006-12-08 20:36 | 植物

やっと何とか

c0105306_2022566.jpg

12月7日(木)くもり
朝起きると雨は降ってない。やった、これで何とか一昨日の続きが出来る。一昨日は母屋の方に植えてあるものを縄で縛ったが今日は何が何でも私の庭の雪囲いをしよう。
といっても私の庭には雪囲いをするようなものもないのでもっぱらコニファーを縄で縛る。
これは横に通路のところから道路を見たところ。コクリュウやジキタリスの葉が生い茂っている。
c0105306_20255181.jpg

アーチの下の方にワイヤープランツが茂ってなんとアーチをのぼっている。別にアーチに絡んでいるわけではないが余りにも長く伸びすぎてまるでアーチをよじ登っているように見える。ワイヤープランツは観葉植物のように思っていたがとんでもない事で今年の豪雪にもめげず外で冬越しした。
c0105306_2028057.jpg

これは反対側から見たところ。白い台に乗っていた天使も雪で壊れるといけないので今日片付けた。レンガの間にすこしづつ植えたサギゴケが今年はすごい勢いで増えこれは嬉しい悲鳴。奥のほうに見えるピンクはヒメツルソバ。これは未だに可愛い花を見事に付けている。ここを時々歩かねばならない時があり、花を踏んづけるのが可哀想。セキチクやクリーピングタイムが茶色くなってるが春になれば再生するだろう。
例年だと雪囲いの心配をするのは12月も中旬頃だったが何せ去年は11月から突然に雪が降り始め融ける事なしに降り積もった。それに懲りて今年はどこでも雪の準備が早くなっている。今日は結構暖かな日だったのでこんな日に庭に出てやり始めれば間に合う。なんとか今日一日でだいたいの準備は出来たのでホッとした。

ゆりかごガーデニングラプソディー
# by yurikagorose | 2006-12-07 20:36 |
line

ダイアリー


by yurikagorose
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31