ゆりかごのつぶやき

yurikago1.exblog.jp ブログトップ

はあ??

今日はこちらは雪が降ると言っていたがそれほどでもなく、雪はたまにちらほらで積もるなんて事はない。
それより風が強く家の中にいても恐ろしいほどの音が外から聞こえる。
その風も今は止んだようだが、庭はうっすらと雪化粧をし始めた。

今日は富山の楽器店に仕事の日なので、用意万端整えて生徒を待っていると、中一の生徒の母親から電話がかかって来た。これがそのやり取り。
母「今日は天気が悪いし、私も用があって子供を送って行けないのでお休みします。」
私「分かりました。じゃあこの次はいらして下さいね。」
母「あの今日休むと2回ほどレッスン休む事になるんですが、この代講ってしてもらえないんでしょうか?」
私はここでぶち切れそうだった。先生は天気が悪かろうが、具合が悪かろうが、無理してでもやって来ているのに、天気が悪いからお休み?ほんでもってその代講をしろってか?
頭の中は爆発しそうだったがそれでも平静を装って返事する。
私「あの今月はお休みしてませんよ。」
母「あのう、夏に一回休んだ筈なんですが・・・・」
ここで又もや、ぶち切れる。
あんだって?子供が休んだ分、全部代講しろってか?
今はここまで親の常識ってものがなくなってる。
自分の子供本意で先生の事なんか屁とも思ってない。
私「あの生徒さんの都合で休まれた場合は代講はしないんですが」
母「そうなんですか?・・・・・・」

ここで電話は終わったのだが、このあと話しは続く。
生徒が休むというので私は事務所でコピーなどしていたら、私の携帯に楽器店から電話。
楽器店にいるのに、楽器店から電話っていうのもおかしな話しだが、受付は2階なので、私が5階の事務所にいる事は知らないので携帯に電話がかかって来たのだ。
「さっきの生徒さん、来たんでお部屋に戻って下さい」
「はあ???」
という事は代講をしないと言ったので慌ててやって来たようだ。

ほんとに今の世の中どうなってる?
この親や子供達が日本をしょって立つのかと思うと寒々としてくる。
こんな話しは私たち講師の中ではしょっちゅうあり得る話しなのだけど、やはり腹が立つ。

c0105306_22572719.jpg

もうすぐ自宅の生徒のクリスマスコンサートが迫ってる。私は2年に一回しか開かないので生徒は心待ちしているようだ。
昔はこんなプログラムは印刷屋に頼み、2万くらいのお金を払っていたが、今となってはプログラムの構成は生徒がパソコンで作ってくれ、印刷は100均の紙を買って来てコピーする。
こうすれば数千円しかかからないし、すぐに出来る。昔からこういう事を節約していればお金も溜まったんでしょうかしら。。。

c0105306_2257308.jpg

小学生の生徒はこんなミュージックベルで「見上げてごらん夜の星を」を演奏する。
しかし小学生はこの曲は全然知らないので慌てた。まず曲を覚えさせ、そして自分がベルをならすところをマーカーで色付けして、演奏する。メロディーだけではなく、3重奏になっているので、結構難しかったが、生徒の方がずっと覚えが早い。大人だったら絶対に楽譜を覚えるなんて出来ないけど、生徒は殆ど暗譜なので驚く。

c0105306_22573321.jpg

これはメトロノームと言ってカッチンコッチンとリズムをならすもので、リズムの不安定な時、これに合わせて弾きます。
今までいろいろ買ってみましたが、持ち運びが小さくて便利なもの、電気で動くものなどなど。
でもやっぱりこんな大きめの物が一番良いんですよね。前にこれを持っていたんですが壊れてしまって、そのままになっていたんですが、こんなものがリサイクルショップに売ってました。
ほんとはこれは5・6千円するんですが、800円くらいで買えました。なんでも探してみるものですね。
by yurikagorose | 2012-12-08 23:16 | ぼやき
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31