ゆりかごのつぶやき

yurikago1.exblog.jp ブログトップ

タグ:行事 ( 25 ) タグの人気記事

春祭り

今日は年に一度の春祭り。いよいよ出発です。
c0105306_22302635.jpg

氷見市は獅子舞の里として有名であり、市内120カ所で獅子舞が伝承されているということです。
氷見は全国的にも珍しい百足獅子で、天狗が獅子を退治するというストーリーの中で勇壮な舞が行われます。

c0105306_2230282.jpg

獅子舞を演じるのは地元の青年団、小、中、高校生の男子、お囃子は最近では小学校の高学年からの女子も参加しているようです。

さあいよいよ華麗なる獅子舞、とくとご覧あれ!

c0105306_22303458.jpg


c0105306_22303687.jpg


c0105306_22303981.jpg


c0105306_2230414.jpg


c0105306_22304388.jpg


c0105306_22304647.jpg


c0105306_22304758.jpg


c0105306_22305123.jpg


c0105306_22305382.jpg

大抵の家は一回だけ回してもらいますが、めでたい事があった家はお祝儀を沢山出して何回も獅子舞を回してもらいます。その時は親戚一同玄関先に並んでとても華やかで最近では紙吹雪なども舞い、お祝いのあった家はすぐに分かります。
年々少子化の影響か獅子を回せる若者も少なくなり後世への文化の伝承と担い手不足のため獅子舞が途絶えていく傾向にあるようですが、なんとか残していきたいものですね。
うちの孫もそのうち獅子舞に参加する時がくるのでしょう。
by yurikagorose | 2013-04-13 22:56 | 行事 | Comments(2)

ヒアシンス


c0105306_2374553.jpg

ヒアシンスの花が満開になってきた。
これは花屋で植えてあるものを買って来たものだけど、自分で球根を土から植えるよりも安いし、失敗がないので、もっぱりこのごろは買っている。
自分で植えれば楽しみもあるけど、やはり面倒なものだ。

c0105306_23111871.jpg

しかし今朝の冷え込みはすごかったです。
氷見市では−2度くらいだったそうですが、全国的に寒い朝だったようですね。

c0105306_2311251.jpg

ユジンは勢いこんで外に出たものの、あまりの寒さに戸惑い気味。

c0105306_23112793.jpg


c0105306_2311296.jpg

竜のヒゲもこんなに真っ白。

c0105306_23113495.jpg

猫草は部屋の中でぬくぬくと葉をのばしている。さやをつけているのが一本あって滑稽です。

c0105306_23371718.jpg


ひな祭りもアッという間に終わって孫は保育園からこんな貼り絵を持って帰って来ました。
先生の指示の元で貼っているんでしょうけど、2歳半でこれだけ出来ればたいしたものです。(笑)
息子は喧嘩を売られているみたいな雛人形だって言うけど、そんな事はないですよね。

c0105306_23113757.jpg

さて、雛人形も今日は早々に夫としまいました。後に残ったのはこのお菓子。
どれも甘くて美味しそう・・・
糖質ダイエット挑戦中のわたしにとっては酷な品物ですなぁ。。

c0105306_23113979.jpg

これなんぞは全く砂糖で出来ているから大変な甘さでしょうね。
マメを煮る時にでも入れましょうか。
そう言えば昔、お祭りなんかに飴細工の人が来て、ちょいちょいとひねったり、つまんだりして可愛い鳥の飴菓子を作って売っていたのを思い出しました。
今ではそんなものを作れる人もいないのかもしれないですね。
今の若い人達に言ってもわからないでしょう。

そう言えば昨日、私は上の方が緩くて下の方がしぼんでいるパンツを載せました。(鳶職の人がはいているようなものです)
今日それを履いていたら嫁さんが「あら、お義母さん、サルエルパンツ可愛い!」って言うんです。
サルエルパンツ?
私そんな言葉知らなかったんですが、私の時代はハーレムパンツって言ったんですよね。
ジェネギャ!でしょうか。。。(;^_^A アセアセ・・・

(ジェネギャとは今の若者の流行語で、ジェネレーションギャップの略。要するに時代錯誤。。。
私たちが当たり前に使っている言葉でも若者が聞くと、なにそれ?って事多いらしいです。
アベックなんて言葉、普通だと思っているけど、今はカップルって言うそうです。おかしな事にポシェットなんて言葉も今の若者は知らなくてそれに相当する単語はないらしいです。この服ナウいでしょ?なんて言うと軽蔑のまなざしでみられますよ。(゚ρ`)ァー)
by yurikagorose | 2013-03-04 23:33 | 植物 | Comments(14)

春は何処へ

2・3日前には車の中は45度というバカ陽気だったというのに、昨日、今日は雪が降ったり止んだり。
あの暖かさはいったい何処へ?
北海道では吹雪に見舞われ、死者さえ出ている。
三寒四温とは言うが、余りにも寒暖の差がありすぎじゃありませんか。

今日はひな祭りだったけど、先日産まれた孫はまだ1ヶ月。
まだ何も食べられる訳でもないので、ここはずるして、お寿司を取る事にした。
c0105306_237064.jpg

ひな祭りと言えば大抵はちらし寿司に蛤のおつゆと決まっているようなものだけど、チラシ寿司も結構手間と費用がかかる。
それなら出前の寿司を取った方が余程安く付くので今日は料理はパスした。

それに今日は午後は久しぶりの友達とティータイムなので、料理に時間をかけている暇がないのだ。
で、ショップにお出かけしたら店の中は一気に春の装い。
黒々とした色には飽き飽きしたので、思い切ってオレンジのカーディガンと花柄のパンツを買った。
c0105306_237569.jpg

こんな組み合わせを着ると心も軽くなるような気がしますね。

c0105306_237845.jpg

でも本来はこんな色の組み合わせが多いんです。パンツは黒のハーレムパンツ。久しぶりにこんなものを買いました。

c0105306_2371070.jpg

上にはこんなものを羽織ります。

c0105306_2371277.jpg

あれ、一匹いないぞ?
by yurikagorose | 2013-03-03 23:16 | お出かけ | Comments(17)

雛人形

氷見市では−6度を記録したところもあるほど昨日から冷え込んだ。
朝起きるとと何もかも凍っていたが、昼近くには青空も見えて気持ちの良い日曜日になった。
そんな日の午前中、嫁の実家から雛人形が届いた。

c0105306_2240885.jpg

こちらでは嫁の実家から雛人形が贈られる風習だが、今まで何度も書いているけど、孫が産まれると嫁の実家はとんでもない散財だ。
段飾りの雛人形を贈られても私の家には猫もいて、その上に乗られて壊されるのが落ちだし、飾っておく場所もない。
なので、なるべく小さなものという希望を出しておいたので、ガラスケースに入ったこじんまりとしたものを持って来られた。
お顔も着物もとても綺麗なお内裏様で人形の事はよくわからない私でも嬉しくなるような雛人形。
昔娘に私の実家からもケースに入ったおひな様を贈ってもらったけど、飾ったのは小さい頃数年だけ。
その後は納屋にしまったままになっているので何となく気がとがめる。
このおひな様もそうならないように心がけねば。。。

c0105306_22401734.jpg

雛人形と言えばひなあられと思っていたけど、実家から持って来られたお菓子は飾りきれいないほどだ。私なんぞやがさつな人間なので、ひなあられに桜餅くらいしか思い浮かばないけど。

c0105306_22402054.jpg

お菓子を飾るお盆(?)もこんな可愛いものが入っていた。

糖質制限ダイエット中の私にはよだれが出そうなお菓子ばかり飾ってある。こんな時に限って他からどら焼きを山のようにいただいたり、息子は温泉に行ってあんころ餅を買って来たりするので、誘惑に負けそう。
今のところ昼間は普通通りに食べているので体重はあまり変化なし。(゚ρ`)ァー
by yurikagorose | 2013-02-17 23:03 | 風習 | Comments(12)

節分

「高志の国 文学館」
c0105306_21402595.jpg

富山に行ったときの帰りに必ず通る道にこの文学館が出来た。
ここは富山県ゆかりの作家や作品の魅力を紹介するふるさと文学館。
とても素敵な建物だが、ここは確か知事公舎があった場所だ。
駅には近いがとても静かな場所でこの辺りの松川べりなどを散策するにも良い。

c0105306_21402950.jpg

今日の目的は庭ガールズの新年会。
この建物の中にある「「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ・トヤマ」
なんだか絶対に覚えられない名前のレストラン。
しかしここは日本一予約が取れないレストランとして名高い落合シェフのイタリアンレストランなのだ。
久しぶりの庭ガールズとのランチ、話しが弾みつぎつぎと話題に事欠かないけど、ちゃんと味わって食べましたよ。
すごく美味しかったので、是非又行きたい店です。

「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ・トヤマ」
076-433-5656
〒930-0095
富山市船橋南町2-22

店を変えてコーヒータイムをしている間にもう夕方近く。
そろそろ家に帰って夕飯の支度にかからねば。
で、思い出した。
今日は節分、鬼のお面も豆も大分前から買ってある。
c0105306_2155534.jpg


笑っちゃうほどチャッちいお面だけど、豆を買ったらおまけについてきた。
まず息子が鬼に。
孫は豆を投げてくれるのできゃっきゃっと喜んでいる。
c0105306_21555697.jpg


はい、次は夫の番です。
面倒くさそうな顔をして部屋から出て来た。
去年は家族ののりが悪くて何の事はない、私が鬼の面をつけて
「鬼はそとぉ〜〜〜福はうちぃ〜〜〜」としたのに比べりゃまし。
c0105306_2155577.jpg

ほんとに福は来てくれるんでしょうかねぇ・・・
by yurikagorose | 2013-02-03 22:44 | お出かけ | Comments(10)
line

ダイアリー


by yurikagorose
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31