「ほっ」と。キャンペーン

ゆりかごのつぶやき

yurikago1.exblog.jp ブログトップ

タグ:花ツアー ( 3 ) タグの人気記事

愛知豊明花き市場

今日は11月の始まりだというのに、雨風がひどくまるで台風のような天気。
こんな日はまさか庭に出る気にもなれないが毎日天候の移り変わりが余りにもひどい。


先日の花ツアーの時に愛知豊明花き市場というところに連れて行ってもらった。
ここは世界でも4番目という花の市場らしいが、私は市場というとあのだみ声で花競り落とすおものだと思っていた。
c0105306_1410572.jpg

ところが今や競りもコンピューター化され、業者は一つの部屋に入ってパソコン画面に写る花を見てそこに金額を打ち込む。花は実物を見る訳じゃなくて画面上で見るだけだ。(あんなものだけでよく分かるものだ)

毎週月・木の8時から、セリを行い、保管エリアの商品は、台車自動搬送システムのコンベアでセリ場へ運ばれる。
そして最新式の機械式システムにより、同時に6か所でスピーディにセリを行われて、
ラインごとに設置されたカメラでセリアシスタントが撮影した商品画像がセリスクリーンに大きく写され、セリに参加している買受人が値段を付けて落札するようだ。
ご覧のように中は体育館を何倍も大きくしたような広さ。
そこにカートに乗せられた花鉢がずらっと行儀良く並び運び込まれる。

c0105306_1411083.jpg

中で働いている人達は殆どの人がパートという事だったが、これもかなりの力仕事だし、重労働。皆さん半袖姿で休む暇もなさそう。

c0105306_1411339.jpg

ここは花鉢専門の市場で取引される鉢はこの日は75万5000鉢、この数字にはびっくりしたけど、一番多い時は母の日のカーネーションの時で150万鉢も競りが行われるという事だった。
クリスマスの準備がそろそろ始まるのかもうポインセチアが沢山乗っていた。
こんなところは花ツアーにでも入らないとなかなか見られないところなのでとても面白かった。
by yurikagorose | 2012-11-01 14:33 | お出かけ | Comments(10)

なばなの里(ホクシャ編)

先日行ったなばなの里で沢山の写真を撮った割にはアップしてない。
なばなの里には4つの大温室があって、ここはホクシャの温室。
c0105306_20453078.jpg

ホクシャはいろいろな種類があると思っていたが、これだけ咲いているホクシャを見るのは初めて。

c0105306_20453176.jpg


c0105306_20453382.jpg


c0105306_20453570.jpg


c0105306_20454372.jpg

これはサフィニア類のハンギング。

c0105306_20454633.jpg

これだけつり下げてあるともうあいた口が塞がらない。
なんだってこんなにたくさん?
しかしここに来なければこんな沢山の花の量を見られなかったので満足としておこう。

c0105306_20455059.jpg

ここは地味めなレックスベゴニア類。ちょっとヒューケラの葉とも似ている。

c0105306_20455220.jpg

こんな色の葉ものを地植えにしたいのはやまやまだけど、まず冬越しは無理でしょうね。

c0105306_2045548.jpg

なんだかよく分からないけど、大きな白い葉は大迫力だった。

c0105306_20455780.jpg

やっとベゴニアとホクシャの大温室から解放され、外の空気を吸う。
ここは菊が植えてあるが、少しだけ色づいているのが菊と思ったら緑色のところも全部菊なので、全部開いたらこれ又恐ろしい量の菊の花壇になる。

うちに植えてある菊はどうも成績がふるわず、仏壇のお供えにも役立たず。(゚ρ`)ァー
by yurikagorose | 2012-10-31 20:59 | お出かけ | Comments(5)

花ツアー

いつも行きたい、行きたいとは思いつつ、年配のおじさん、おばさんとぞろぞろ歩くのがなんとなく嫌で今までツアーというものには出かけた事がなかった。
しかし今年は何故か行ってみようかという気になり、県が主催するフラワーグリーンバス研修旅行に出かけてみた。
これは県内の花関係の役員を対象としたものなので、おじさん、おばさんと言えども花にはとても詳しい強者ばかりの参加だ。
c0105306_10542588.jpg

バス2台、60名ほどの参加で向かった先はかの有名な花フェスタ記念公園、ここは岐阜県可児市(かに)にあり、とてつもない広さのバラ公園。
・・・・・が時期が遅かった。バラは殆ど咲いてなく、おまけに一昨日の台風並みの嵐で殆どのバラが散ってしまっていた。
ここまで来て、、、無念。。。で、目を惹いたものと言えばこのトピアリー。
これを見に来た訳じゃないんですがね。

c0105306_1054221.jpg

歩いても歩いても少ししかバラは咲いて無く、殆ど散り掛けのものばかりなので傷んでいる。
歩きすぎてのどが乾いて今日の自分へのご褒美はこのソフトクリーム!

c0105306_10535761.jpg

次に訪れたのが三重県長島町にあるご存知「なばなの里」
ここは前から知っていたが平成10年に出来たそうで、その時の写真を見るとすごい花の量で余りにも多すぎて品がないようにも見えた。で、今まで行こうという気持ちにもなれなかったのだ。
しかしいろいろ出かけた人の投稿を見るとなかなか面白そうと思い始めた。

行ってみるともう口があんぐり。とてもない花の量だ。
約9000㎡の広さを持つ「なばなの里」自慢の4棟の大温室には一年を通して約24℃に設定して世界各国から集めた数百種・1万2000株の絢爛たるベゴニアが展示してある。
主に球根ベゴニアだがこんな花は見た事もない。

c0105306_1054462.jpg

これは一段で約200鉢、それが6段あるので鉢だけで1200。そのほかに

c0105306_105422.jpg

上からとてつもない量のベゴニアが吊るしてある。意外だったのはハンギングバスケットかと思ったらみんな鉢の中に植えてあり、その鉢が案外小さい。
どんな肥料をあげてこれだけ育てるんでしょ。

c0105306_11144096.jpg


c0105306_11143529.jpg


c0105306_10541175.jpg

どのベゴニアもガーゼのような花びらでひらひら。こんな球根ベゴニア育てた事がないんですが、ここでは球根ベゴニアも種で育てているようです。種なら膨大な量の苗ができますからね。

c0105306_10543219.jpg

こんな写真がぶら下げてあるのは

c0105306_10542963.jpg

ネコのヒゲという植物。私もこれは育てた事があるんですが、ほんとにネコのヒゲのようで可愛いものでしたが、絶えてしまいました。ここではまるで木のようになって大木です。

c0105306_10544028.jpg

なばなの里はまだまだダリアやコスモス、これからはイルミネーションで見どころ一杯。
今年中にもう一回行きたい気分。
そこの横には花市場があって、ちょうど欲しかったバラ「ラ・マリエ」がラッキーな事に売ってました。すぐにお買い上げ。さぁ持って帰ってどこに植えましょう・・・
by yurikagorose | 2012-10-26 11:40 | お出かけ | Comments(10)
line

ダイアリー


by yurikagorose
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28