ゆりかごのつぶやき

yurikago1.exblog.jp ブログトップ

タグ:植物 ( 136 ) タグの人気記事

やっとダリアが

ダリアのミッドナイトムーンがやっと花をたわわに付け始めた。
今年は春に植え付けるのを何となくやる気が無くてこれを植えたのはもう初夏のころだった。
これはガーデンダリアという品種でホームセンターなどでよく見かける。
この鮮やかなイエローが眠気を吹き飛ばす。
c0105306_19534656.jpg

花の鮮やかなイエローと銅葉との対比が見事なコラボ。

c0105306_19474545.jpg

涼しくなって来た頃に満開になってくれるとすごく嬉しい。
夏に咲くとすぐに汚くなるので植える時期を遅らせて今頃咲かせた方が良いのかもしれない。

c0105306_1947495.jpg

ガーデニングを始めた頃はこのブッドレアがすごく珍しくて、これを植えたのが嬉しくて仕方なかった。
色も白、紫、黄色と3色も植えたけど、余りにも木が大きくなっていくのに嫌気がさした。そして咲いたときは綺麗な花穂も花後は茶色になって汚くなるのが目立つ。
で、今は白のものを1本残したのみ。

c0105306_19475218.jpg

夏の定番と言えば日々草。これは寄せ植え教室の時に植え込んだものをそこから抜いて単独に植えた。
寄せ植えの中に入れると可愛いけど、余りにも色が反乱してごちゃごちゃになる。こんな色は一種類で植えた方が可愛い。
c0105306_19475566.jpg

花びら100枚と言われる粉鐘楼。とても薄いガーゼのような花びらが儚げ。

c0105306_1947598.jpg

うちの花壇にずっと居着いているセトクレアセア。ツユクサの仲間のようだ。
こんな丈夫な子もいないかと思うくらい丈夫で夏にも強く、冬場は枯れても春になるともこもこちゃんと出てくる。
和名は紫御殿(むらさきごてん)なんてたいそうな名前がついている。

c0105306_1948286.jpg

葉の裏は紫色でとても綺麗。この茎を切って挿しておくとそこから又出てくるし、水に付けておいてもすぐに発根する。
by yurikagorose | 2012-10-03 21:17 | ダリア | Comments(8)

すっかり秋色

昼間はまだ暑さが残るものの、朝晩は涼しくなり、朝の庭仕事の後シャワーを浴びなくても良くなって来てやっと楽になってきた。
北陸は暑い、暑いと言っていてもすぐに冬が来る。春と秋が極端に短いのが北陸だ。
一番過ごし易い秋が短いのはほんとに悔しい。

庭の植物もそろそろ秋色になって来た。
c0105306_2218981.jpg


c0105306_22181811.jpg

白と赤のリコリス。曼珠沙華というとなんだか難しい名前のようにも思える。
これが群生しているところを見るとなんだか怖い感じにも見える。
うちのこの赤い子は信じられないところからも出てくる。これは球根植物なのに、どうして植えた覚えのないところから出てくるんでしょ?

c0105306_22182610.jpg

つくばいの横から出て来た赤水引。これが又増えて増えてどうにもならない植物。
気を許していると全部これに占領されるので殆どのものは抜いている。
しかしちょっとだけならなかなか可愛い。

c0105306_22184387.jpg

フジバカマの花ってどう見ても線香花火みたいだと思いません?
これは絶滅品種らしいけど、うちにあるのは園芸品種だと思うのでそんなに格調高いものではないでしょ。

絶滅品種と言えば笑っちゃう話しを聞きました。
今、世の中は皆スマホになって来て、蓋の付いている携帯をガラ携帯って言うんですって。
ガラって何でしょ?
ガラとはガラパゴスから来ているネーミングで要するに絶滅品種という事です。
で、ガラ携帯とは絶滅品種だそうです。ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆
私はまだガラ携帯なのでそろそろ変え時でしょうかねぇ。。。

c0105306_22185567.jpg

デュランタタカラヅカ。なんて素敵な名前でしょ。
この花は枝が伸びてその先に花が付くのですごく場所をくうのです。寒さには強くない樹木のはずですが、駄目もとで去年は家の中に入れず、納屋の中で越冬させました。
5月くらいまではうんともすんとも言わず、枯れた枝のまま。どうなる事かと見守っていたら、ちゃんとむくむくと葉が出て来てこの通り花を咲かせました。どうやら越冬は成功したようです。

c0105306_2219022.jpg

秋海棠はあまり強くない植物のようですが、なんとか忘れずに毎年出て来てくれます。花はベゴニアにそっくりですね。

c0105306_2219317.jpg

カラミンサは花も香りも大好きなので増やしたいんですが、なかなかじゃんじゃんは増えてくれないのです。少しずつ株分けをしたりして細々と増えていますが。

c0105306_22191447.jpg


c0105306_22191664.jpg

ラフランスがやっと綺麗に咲き始めました。この花ほど虫にやられるバラはないと思うけど、いつもいつも黄金虫の餌食になっています。
秋になると黄金虫もいなくなるのでやっと綺麗に咲けて良かった。

c0105306_22192049.jpg

ペンタスと一緒に植えたなんやらがぐんぐん伸びて来てます。
私とした事がこの名前を忘れ、情けない・・・
とても綺麗ですね。名前分かった方教えてね。
確かケイトウの仲間だったような気が・・・

hareさんがこの名前は「セロシア・ベネズエラ」と教えて下さいました。ありがとう〜!
by yurikagorose | 2012-09-29 22:45 | 植物 | Comments(14)

セイヨウニンジンボクの実

西洋ニンジンボクの花がまた咲き始めた。
今年は見事に沢山の花を咲かせてくれたけど、これで3回目の開花だ。
前に咲いた花柄はとる事も出来ないのでそのままにしておいたら沢山の実をつけ始めた。
c0105306_1516126.jpg

この実は薬効もあり、
母乳促進を助けるハーブのようだ。
ま、今頃母乳と言っても私には関係のない話しだが、嫁にでも飲ませてみようかしら。
c0105306_15155918.jpg

たわわに花が咲いたのだからたわわに実もつけていて、うるさいくらいだけど、花もまた付け始めているのだからなんとも不思議。

c0105306_15161169.jpg

夏の間長く楽しませてくれたユーパトリウムの花がそろそろ終わりに近づいて来た。
余りにも沢山咲いてくれたのはいいが、後も汚い枝が一杯。

c0105306_15162112.jpg

ま、こんな感じでなんとも引っこ抜きたくなります。
が、それを抜いてしまうと来年の花が出てくるのがどうしても少なくなるので、そこが我慢のしどころではさみで茎を切るようにしています。すっきりとさせたいところですがね。

c0105306_15162739.jpg

庭にぽつんぽつんと生えているカレックス。枯れているようにみえるからカレックスって名前じゃないですよ。和名はカヤツリグサ。カレックスには膨大な種類がありますが、これはブロンズ色のもので、私的にはなかなかおしゃれと思っています。
単独で植えるよりも、周りとの緑のバランスで、うまくカラーリーフとしてポイントになるように用いた方が良さそうです。

c0105306_15163161.jpg

フロックスのうどん粉病がひどくて他に移ると嫌なので数週間前に短く切り詰めました。
でもこうして又綺麗に再生。夏の間何回も楽しめるフロックスは強い味方です。

c0105306_15163599.jpg

夫は異常とも思えるトマト好き。トマトと言えばバジル。なので毎年バジルを植えます。
そのバジルもそろそろ終わりになってきて花を咲かせ始めました。この花って何か使い途あるんでしょうかしら?葉は乾燥させて粉にしてとっておけば良いらしいですが、うちで乾燥させてカビも生えずうまくいくでしょうかしらね。

c0105306_15163839.jpg

こちらはシソの実。これを使って漬け物の中に入れたり、佃煮みたいにするようですが、私はあまり料理が得意じゃないのでいつも捨ててしまいます。捨てながら勿体ないな〜〜なんて思うんですがね。

c0105306_15164164.jpg

畑の野菜もそろそろ終わり近くなってきて、キュウリはついになくなってしまい寂しいです。
でもこれだけの野菜がまだ沢山採れるんですから、やはり畑があるってありがたいものですね。

c0105306_1516455.jpg

今年夫はオクラに初挑戦したのですが、このオクラは毎日点検して小さなうちに採らないとごりごりの固いオクラになってしまいます。夫はまめじゃないので、15センチくらいになったものを採って来て固くて食べられない。オクラは毎日完全に点検して収穫しないとならないので面倒と言えば面倒です。
花は芙蓉の花みたいにとても綺麗だけど、葉はごわごわしてかゆくなりそうな感じでたまに採りに行くと虫に刺されそうで怖い。
夫さん、植えたからには毎日収穫して下さいよね!
by yurikagorose | 2012-09-25 15:45 | 植物 | Comments(20)

新湊大橋開通

新湊大橋がついに完成した。
と言っても私はここを利用しないので橋がない前はどういう風に不便だったのかは分からないのだけど。
イベントがあれば孫を喜ばせるのにどこにでも出かけるというお祭り根性。

c0105306_16593152.jpg

これは日本海最大の斜張橋であり、全長は3、6kmもある。
着工から10年の歳月も要し、総事業費約400億円である(全額を国が負担)。
まぁとてつもない橋が出来たという事です。

c0105306_16593756.jpg

イベントは連凧揚げ大会、防災ヘリコプターが上空を旋回、クルーザーヨットのパレードなどなどてんこ盛り。

c0105306_170071.jpg

意外とお客さんは少なめだけど、皆楽しんでいる。

c0105306_16595651.jpg

これは海王丸。
約半世紀にわたり「海の貴婦人」として親しまれ、1989年(平成元年)引退した。とても美しい帆船だ。

c0105306_1701159.jpg

ヨットのパレードやヘリコプターが飛ぶのを見て孫は夢中。又一つ思いでが出来るのかな。大きくなったら忘れてしまうのかも知れないけど、何でもみせてあげたい婆ごころです。


ここから話しは変わります。
c0105306_1712399.jpg

これなんですが、なんという雑草でしょ。ちょっと小さめの花なんぞつけるのでつい見逃してしまうけど、これがなかなか侮れない。抜いても抜いても出てくるんですよ。

これは高三郎(たかさぶろう)という雑草だそうです。
彦星さんが教えて下さいました。
ありがとうございます。


c0105306_1712672.jpg

カクトラノオはそこそこ増えて来て居場所を確保している。なかなか綺麗な花です。

c0105306_1712824.jpg

今年一番の大ヒットはこのペンタス。まだ綺麗に咲いてます。こんなに長持ちする花とは思わなかったので得した気分。
by yurikagorose | 2012-09-23 17:41 | お出かけ | Comments(18)

風邪

ここ数日風邪を引いて鼻水と咳が止まらない。
孫、嫁、が治った頃に私の順番に風邪が移っていく。
夕べは雨が降ってくれたので今朝は水やりをしなくていいのでこんな時間からブログをアップしている。
c0105306_6465261.jpg

一回全部抜いてしまったジプソフィラが又見事に復活。孫はいつもこの上に置いてある人形に興味津々。

c0105306_648537.jpg

溢れたねからこんなにきれいに生えてくるので長い間土を入れ替えられない。
この土の中に種が落ちていて、復活するのだから土を全部入れ替えたら再生は無理になってくる。
半分だけ残して土を入れ替えるとするか。。

c0105306_64992.jpg

木立性のベゴニアを大分前に安く売っていたので買ってみた。
花の時期が長い事と言えばベゴニアに勝てる植物はない。秋まで長い間咲いてくれる。こんなものは安売りの時に鉢ごと買った方が楽かも。

c0105306_6514027.jpg

大分前に園芸店に行った時多肉の大きな鉢の寄せ植えを見た。
こんな大鉢に寄せ植え?と思ったけど、とても素敵だったのでいくつか苗を買ってきて作ってみた。
植えたなりはしょぼかったけど、最近になってやっとこんもりしてきた。
しかしどこに飾ろうか・・・・

c0105306_6553463.jpg

野菜を干すと栄養価も上がり、保存もきくというので最近多めに穫れた野菜を干してみた。

c0105306_6562615.jpg


c0105306_6563817.jpg

茄子、カボチャ、タマネギ、後はめったやたらと残り物を干す。
この頃スーパーで干し野菜をお菓子感覚で売っている。こんなのを見ると一つつまんで食べたくなる。
うちで干すとあんなにぱりぱりにはならないけど、何せ穫れすぎた野菜は冷蔵庫にも入らず、他所に配るのも大変。干すとかさは大分小さくなるので保存も出来る。
茄子の干したものでこの間味噌炒めを作ってみたら水っぽくなくて良かった。火の遠りも早いし、便利。タマネギは干す事によって栄養価がぐんと上がるらしい。
これだけ残暑が続いて炎天下の下沢山干しておこう。。
by yurikagorose | 2012-09-15 07:04 | 植物 | Comments(18)

ウンカの発生

久しぶりに朝から雨が振っている。これで少しは涼しくなってくれないかと期待する。
昨日も一昨日も夜にウンカが大量に発生し、網戸をしているにも関わらずちょっとの隙間から侵入してきて参った。
そもそもウンカなんぞというものを知らない方は田舎でも沢山いると思うが、これは光に誘引され、また気流に乗って侵入して来る昆虫でとても厄介なものだ。
うちの周りは窓という窓は全部網戸をつけてあるが、ちょっと引き戸を開けたりすると光りに誘導されて家の中に侵入してくる。
緑色の小さな虫でこれが大量に発生して稲に被害を与えるらしいのだが、一昨日稲刈りが終わったとたん大量発生したので、行くところがなくなったからか・・
エアコンを付けて室内はビッシリと閉め切る事が出来るが、エアコンのない部屋は窓を閉め切らなければならないので、悲惨。
まさか今晩も発生しないでしょうねぇ。。。

c0105306_14574923.jpg

今年は怠慢だったのでダリアの球根を植えるのも遅かった。やっと黒葉のダリア「ミッドナイトムーン」が黄色い花を咲かせ始めた。ほかのダリアは未だにつぼみももたずだめなのか?
ダリア園では9月はお休みしていて10月くらいにまた開園するところもあるからうちも10月になれば咲くのかも。

c0105306_1501676.jpg

今年の夏はこの三尺バーベナの勢いがすごく、庭はすっかり小さな紫色の花で占められている。
これはこれなりに可愛い。

c0105306_151975.jpg

クレマチスのビチセラルブラが又綺麗に咲き始めた。小さな花のクレマチスも可愛いね。

c0105306_1542966.jpg

フォールスタッフがいくつか花をつけ始めている。これはつるバラなので剪定はしてないので気まぐれに咲く。

c0105306_1552291.jpg

朝庭に出るとこのポーチェラカはいつもしぼんでいる。光が足りないと開かないようで、昼間外にでたらこんなに可愛く咲いていて得したような気分。

c0105306_1562590.jpg

センニチコウは絶えず花を付けてくれるのがいい。切り花にしても花保ちも良いし、このまま植えっぱなしでも長い間持ってくれる。夏場にこの花はやはり必需品ですね。

c0105306_157442.jpg

ちょっと見て下さい、この構え。まるでパソコンが分かっているみたいな使い方をしてます。私が家にいる時はずっとパソコンは電源を入れっぱなし。知らない間に座ってマウスを勝手に動かして、グーグルをいつの間にか開いてます。(偶然だとは思いますがね)
言葉もまだしゃべれない2歳1ヶ月ですよ!(゚ρ`)ァー

c0105306_1510235.jpg

ほんでもってこの手つき。スクロールを動かして画面を動かしています。
ヮァ━w(〃゚∀`,,)w━ォゥ♪
by yurikagorose | 2012-09-11 15:20 | 植物 | Comments(18)

チェリンの毛

猫にも暑さに対していろいろいろいろあるようで、アメショープッチはサウナ状態のような部屋のベッドの上で一日昼寝。汗ばんでいないのかと思って触ってみてもどうもない。
そもそも猫とは汗はかかないのかも。
黒猫ユジンはこれだけ暑くなると外にでも行って木陰のところにでもいるのか家に寄り付かず、たまに帰ってきてはまた出て行く。
アイは朝出て行ったきりどこで何をしているのか夕方になると帰ってきたり、朝出たと思ったらすぐに帰ってきたりと気ままだ。
そしてこのチェリンは一番賢いかも。
エアコンのきいている私の部屋で一日中寝そべっている。

c0105306_20595619.jpg

小さい頃はまっ黒だったのに、このごろでは不思議とだんだん毛並みが赤茶色になってきて、しかもおなかの一部はツキノワグマのように白いところが多くなってきた。

昔可愛がっていた猫が交通事故にあってから、猫はもう外に出すまいと心したが、やはり4匹の猫を家の中に閉じ込めておくのは至難の業。とうとう根負けして朝の1時間くらいだけ外に出すようにしたのに、最近ではこの暑さに猫もなかなか帰ってこなくなった。冬場になればまた家にこもるのかも知れないが、全員に招集をかけるのはすごく大変。

c0105306_214494.jpg

ユーパトリウムの薄紫色が大分丈が高くなり、切り花にもできるようになってきた。
この花は切り花にしてもすごく保つし、ボリュームもあるので仏さんの花にも使えるので便利。

c0105306_2171873.jpg

白もいいけど、この薄紫色もとても素敵です。

c0105306_2175898.jpg

先日買った天使のオーナメント。面白いのは持っているお皿の中にカエルがいる。カエルだらけのうちの庭にはぴったりかも。

c0105306_2183489.jpg

半月ほど前に切り戻したネメシアがまた綺麗に咲き始めた。この花は冬越しもするし、長持ちもするけど、夏の蒸れに弱いのが残念。

c0105306_21102541.jpg

ラティスに這わせてあるメアリーローズがいつもより濃い色で咲いている。
by yurikagorose | 2012-08-18 21:13 | | Comments(20)

暑さにめげず

ここのところの暑さと来たら何か脅迫観念に襲われる。
私が所属している楽器店は古い建物なので、部屋にはエアコンが入ってるが、廊下は全く入ってない。
一歩部屋を出ると灼熱地獄。廊下で順番を待っている生徒もたまったもんじゃない。
はっきり言ってこんな古い建物の楽器店によく来てくれると思う程だ。
暑い中来てくれる生徒さんはほんとにありがたいですね。
仕事が終わって部屋を出ると外はいったい何度あるのかと思える程の暑さ。
昨日は富山祭りが開かれていて、ヨサコイ踊りも開催されるようで、皆ゆでダコのようになって歩いている。
こんな暑い時にお祭りなんか止めて、10月くらいにすればいいのにといつも思う。

この暑さの中、庭の植物は何事もなかったように咲いてくれてるものもある。
c0105306_2248659.jpg


c0105306_22483254.jpg

真夏にこれだけ綺麗に咲いてくれるバラも珍しい。これはイングリッシュローズのパットオースチン。せっかく綺麗に咲いても昼間になれば灼熱地獄にさらされ花びらがちりちりになって可哀想。

c0105306_2250423.jpg

これは正面玄関前の花壇に植えてあるハツユキカズラ。
これがまた結構元気なんです。どんどんつるを伸ばして垂れ下がるように咲きます。

c0105306_22515617.jpg

葉はまるで花びらに見えるようなピンクの可愛いものです。こうして上の方にも昇って行くのでオベリスクに絡ませたらいいかもね。

c0105306_22533775.jpg

ちょっと紫色っぽいセンニチコウを今年かって見ました。こうして大写しにしてみるとセンニチコウって小ちゃな花が無数に集まっているんですね。花を見る時、老眼になったら眼鏡をかけないで庭仕事をしているので細かいところは全然見えてないんですね。

c0105306_2256711.jpg

メドセージが風になびいてゆらゆらと揺れています。田んぼのバックにとてもマッチしてます。
このセージは増えてどうにもならないという声が多いですが、最近私のところではそうでもないですね。昔は増え過ぎで困った時もありましたがね。

c0105306_22592823.jpg


c0105306_230618.jpg

去年のフリマでしゅうさんから分けてもらったフィソステギア(カクトラノオ)。
これは昔よく畑などに栽培されていたが、最近余りみかけなくなった。これも一回植えると地下茎で増えまくるようなのでご用心。

c0105306_2354152.jpg

花が上向きに咲くクレマチスのダッチェスオブアルマニー。これは咲き始めてからもう大分たつのにずっと咲いてくれている。やま程花はつけてはくれないけど、期間が長いのは有り難い。

c0105306_237178.jpg

寄植えに植えてあるペンタス。白い花が清楚で綺麗。次々と花を咲かせてくれるのも嬉しい。




私のfacebookのページはこちら
by yurikagorose | 2012-08-05 23:16 | Comments(14)

いよいよ8月

7月前半は涼しいと思っていたのに騙され、後半からはずっと猛暑続き。

c0105306_1225274.jpg

フロックスは長い間楽しめたけど、もうこうなったらいけません。花が大分枯れてきました。この花は枯れてくるととてもいやな匂いになるので傷んだら早々に切りましょう。

c0105306_1242363.jpg

下から30センチくらいのところで切ればまたそこから葉が伸びてきます。
切った茎は挿し木するとちゃんと着きますよ。

c0105306_13234026.jpg

めちゃ個性的なオニユリ。花びらには黒い斑点があり、花びらは反り返っています。この花が終わると沢山のムカゴを茎のところにつけるんですよ。このユリは種はつけないようです。うちの庭には植えた覚えがないのに、このオニユリが生えてきているのを見るとこのムカゴで増えたんでしょうかしら?

c0105306_13293374.jpg

これはうちの鉢置場です。鉢はこのように下からも風が通るように全部鉢の台に乗せてあります。
昔はこんな円形の台も高かったものですが今は100円ショップに行けばあるので便利になりました。

c0105306_13315014.jpg

こちらもすのこ状のものの上に乗せてあります。これなら下からも風が入ります。

c0105306_1332519.jpg

夫が作っている野菜です。毎日このくらい採れるのでもう大変。

c0105306_13344124.jpg

スープに使う地中海トマト。湯向きしてからジャガイモ、タマネギなどと一緒に圧力鍋で煮ます。ちょっとカレーのトマト色したような感じのスープが出来ます。うちの家族はこれが大好き。

c0105306_13362986.jpg

キュウリはいぼいぼのものです。でもこれは触るのも痛くて来年からは普通のキュウリにして欲しい。これが改良されて普通のツルツルのキュウリになったんじゃないでしょうかね。


私のfaceboのページはこちら
by yurikagorose | 2012-08-01 13:39 | 収穫 | Comments(16)

孫の2歳の誕生日

今日の高岡は32度にも気温が上がったようだが、これだけ暑くなると日中はもうちょっとでも外に出られなくなる。
昔はどんなに暑くても1日何時間も庭に浸かって、余りに疲れ果てて家の中に入ると口もきけないなんて状態になった。今考えると完全に脱水症状になっていたのかも。
あの頃は熱中症なんて言葉もなかったし、脱水症状なんて言葉もきいた事がなかった。
何はともあれ、この歳になると暑さの中、外に出るのは危険。

c0105306_2134694.jpg

ここは昨日の写真には載ってない庭の入口部分。あれだけ賑わっていたバラも小休止、今は左に咲く白いフロックスが唯一の花。もう少したつと右側にアゲラタムによく似た花を咲かせるユーパトリウムが咲く。
これも結構長い間咲いてくれるので楽しみ。

c0105306_2192886.jpg

ここも入口部分。モントプレチアやエンジェルヘアーの供宴。

c0105306_21131224.jpg

7月19日にバッサリと切ったソテツの葉。新しい葉がたったの6日間でこんなに綺麗に生え揃ってきました。すごい勢いです。やはり古い葉はいつまでもつけておかないで全部切り取った方がよいですね。

c0105306_21151071.jpg

この間収穫したスモモ、やっとジャムにする事が出来ました。
nanamomoさんに教えて頂いたところによるとスモモは冷凍してから解凍すると皮がむき易いと聞きました。
早速やってみたところ皮は直ぐに向けてすごく楽。この皮にちょっと苦味があるので、皮を剥いてジャムにした方が良さそう。種は冷凍してもやはり撮り難かったので、原始的な方法、ジャムにしてから手で種を取りましたよ。この種取りにはいつも四苦八苦です。

ところで同居している内孫が今日2歳の誕生日を迎えました。
c0105306_21223410.jpg

可愛い靴ですね、たったの15センチです。これは私からのプレゼントですが、でも不思議なんですよ。子供の靴って1センチ刻みなんです。なんて不便なんでしょう。子供はすぐに足が大きくなるからと言って1センチも違ったらゆるゆるです。孫の稜介はこの15センチがちょうどなんですが、16センチとなると足が動く程緩いのです。今ちょうどですからもう少し経つとすぐに履けなくなるでしょうね。
先日TVで言ってましたが、子供の外反母趾がすごく増えているそうです。
この原因はいろいろあるとは思いますが、主に、ゆるい靴を子供に履かせている事が原因のようです。きつい靴を履かせて外反母趾になるのかと思っていたらその反対だという事にびっくりしました。親は直ぐに子供の足が大きくなるからと言ってつい、緩い靴を選びがちですが、これが原因とは知りませんでした。世の中のお母様方、気をつけた方が良いですよ。

c0105306_21291378.jpg

孫は嬉しくて早速、靴を家の中で履いて歩いてみます。

c0105306_21304321.jpg

パパとママからはこんなオモチャとトミカのミニカーのプレゼント。

c0105306_21314523.jpg

孫はオモチャにはさして興味も示さず、ミニカーには大喜び。早速持って放しません。

c0105306_21324731.jpg

孫の誕生日を家族て祝えるってささやかなる幸せですね。

私のFacebookのページはこちら
by yurikagorose | 2012-07-24 21:37 | | Comments(14)
line

ダイアリー


by yurikagorose
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31