ゆりかごのつぶやき

yurikago1.exblog.jp ブログトップ

タグ:和庭 ( 4 ) タグの人気記事

孫の成長

ここのところ大雨が降ったり、猛暑になってみたりめまぐるしく毎日の気温が変わっている。
広島では土砂災害が起こり、何故こんな山の斜面に家が建っていたの?と目を疑いたくなるような悲惨な光景が放映されている。
被災者に方におかれましては心よりお悔やみ申し上げます。
少しでも早く復旧して欲しいものです。

孫の稜介はこの7月で4歳、りりかはやっと1歳半になった。
1歳、2歳の頃は写真スタジオに行っても機嫌が悪かったり、ドアをくぐっただけで泣き叫び撮れない事もあった。
それが最近では喜んで派手な衣装を着てくれるようになり、笑顔やポーズまでとれるようになって来た。
りりかはまだ1歳なので何が何やらわからないのだけど、それでもカメラ目線。

c0105306_1513130.jpg


c0105306_151361.jpg

このごろでは写真スタジオに行くと選び放題の衣装がハンガーにかけてあり、親は子供にどの衣装を着せようかと鵜の目鷹の目。
昔は写真屋に行く時の為に洋服を買ったりしたものだけど、このごろでは行く時はハチャメチャの格好をしていてもドアをくぐれば王子様や御姫様だ。

c0105306_15131153.jpg

c0105306_15131775.jpg

そんな稜介も4歳になり、このごろでは難しげな言葉も喋れるようになって、一丁前。
夏の夜、家族揃って孫の為に外に出て、花火の火の付き具合や孫の喜び様に一喜一憂する。
広島は今大変な事になっているのにと思うと心も傷むが、こんな小さな幸せを感じる日本は平和な国と感謝する。

c0105306_15132330.jpg

このところ雨の日が多く、草むしりはしなくても良いので楽をしているが、雨に打たれた和庭はとても美しい。
この雨が止めばまた一気に水を得た草もまた凄い勢いで生えて来るのかと思うとぞっとするが、しばしの休みだ。

c0105306_15132679.jpg

庭にテッポウユリが生えている。今までテッポウユリと思っていたものが実はタカサゴユリという外来種だったりするようだけど、これはどうやらテッポウユリのようだ。。こんな美しいユリが自然に生えて来るのは嬉しい限り。
by yurikagorose | 2014-08-25 15:30 |

久しぶりの雨

c0105306_1551714.jpg

久しぶりに雨が降った。。何日か前に降ったので程良い頃の雨だ。
中庭に作ってある和庭もこの雨で喜んでいるようだ。かんかん照りの日が続くと地面はひび割れ、せっかく綺麗に生え揃っているスギゴケも台無しになる。

c0105306_15511085.jpg

スギゴケは和庭にとっては大事なグランドカバー。

c0105306_15511197.jpg

柏葉アジサイも花の重さに耐えかね皆うなだれている。今年もたくさん咲いてくれてありがとう。
by yurikagorose | 2013-07-03 15:43 | 和庭

プレゼント

数日前、めでたく60+?歳を迎えた。
めでたいというより、ここいらへんでストップしてほしい歳だ。
しかし健気な子供達はちゃんとプレゼントをしてくれる。
c0105306_16552526.jpg

嫁からは軽い折りたたみ傘と可愛らしいネコのアップリケのついたバッグ。
娘からはキャリーバッグにつけるバッグ。これはキャリーバッグのハンドル部分に付けられるので重宝なものだ。
誕生日は来て欲しくないけど、こうしてプレゼントを頂けるのは嬉しいですね。

c0105306_1655294.jpg

今年のバラはどうも成績が悪いけど、でもこうして秋になるとちゃんとバラは少しずつでも開いてくれる。
これは粉粧楼。
c0105306_16553022.jpg

このバラはもともと小さめの花なのに、これはとてつもなく大きなものが咲いてくれた。薄い花びらが可愛いね。

c0105306_16591870.jpg

相変わらずの個性的なお顔は「アブラカタブラ」。
魔法の呪文のような名前がぴったりのバラです。

c0105306_16554092.jpg

ところで天気に恵まれた昨日は植木屋がやっと剪定に来てくれました。
ここはコブシやモクレン、夏椿が植えてある場所ですが、見事に丸刈りに近い状態。
ちょっと切り過ぎ?って思うんですが、去年もこんな状態でした。それが夏頃になるともう枝葉が込み入ってぼさぼさ。やはりこのくらい刈り込まないと駄目なんでしょうかね。
下のほうでこんもり丸く刈り込んであるのは「イチイ」の木。

c0105306_16554356.jpg

お次は金食い虫の松です。1年経つとこんなにこんもりしちゃって何となく見苦しい。
昔はこの松に松食い虫が大量に発生した事があるけど、冬場の消毒の石灰硫黄合剤を撒くようになってから全くいなくなりましたね。冬場の消毒はとても大事です。

c0105306_1735818.jpg

はい、とってもすっきりしたでしょう。こんなすっきりすると松はやはり綺麗です。
昔は松なんか敵くらいに思っていたっていうのにね。

c0105306_16554737.jpg

では最後に番外編、キジトラのアイです。アイは爆睡中だったのに、私が近づくと嬉しくてこんな風に悶えます。(爆)
by yurikagorose | 2012-10-23 17:15 | プレゼント | Comments(26)

和風の庭

ここのところ毎日のように暖かな日が続き、まるで春のようだ。
うちには和風の庭もあるが、今年は植木屋が剪定にまだ来ず、やきもきしたけど、やっと明日来るようだ。
c0105306_1951925.jpg

これは義父が作らせた庭だけど、こういう風にちょっと小高く作った庭を築山というらしいが、調べてみると築山というのは人工的に作った山のことを言うようだ。
うちのなんかは山なんていうのはおこがましいほどで、ただちょっとだけ高い位置に木が植えてあったり、灯籠が配置してあるだけのものだ。
c0105306_1954622.jpg


c0105306_1952110.jpg


c0105306_1952440.jpg

杉苔は夏場枯れかかっても今頃の時期になるとこんなに綺麗に再生する。

c0105306_1955178.jpg

ここにはタイサンボクなんてものも植えてあったが、この木は山などに育つもので途方もない高さになる。遠くにタイサンボクの花が咲いているとまことに美しいが、こんな大木を植えた義父の気が知れず、数年前に切ってもらった。しかし切り株から又こんなに葉が出て再生しようとしているのは困った。
葉はつやつやで綺麗だけど何せ一枚の葉が大きい。これが落葉すると葉が大きすぎるので全部手で拾わなきゃならない。ちりとりの中にも入らず、これから歳もとって腰をかがめるのもひどいのだから、やはり切ってもらわねば。
by yurikagorose | 2012-10-21 19:23 | 和庭 | Comments(18)
line

ダイアリー


by yurikagorose
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31