ゆりかごのつぶやき

yurikago1.exblog.jp ブログトップ

タグ:ホスタ ( 7 ) タグの人気記事

一路氷見へ

上京してからあっと言う間に一週間も過ぎ、今日はもう帰る日になってしまった。光陰 矢の如しとはこの事か。

今回は天気にも恵まれ暖かい日が多く助かった。バスは昼過ぎの出発なのでまずは腹ごしらえ。
ちょうどバス停の前に銀座LIONという店があり、荷物を持っている身としては広々としているし、空いているので助かった。

c0105306_1365470.jpg

オムハヤシライス&エビフライセットというてんこ盛りのものを頼んだが、さすがにあまりまだお腹が空いていなかったので全部食べることができなかった。

しかし原因はこれにもある。
c0105306_136558.jpg

粉チーズと思ってかけたもの塩だった。
まちがえた私はバカか?
by yurikagorose | 2013-11-09 12:00

ホスタ

c0105306_16442919.jpg

馬鹿でかいホスタの葉の上にこっそりと茎を伸ばすホスタの花。
花は一日花ですぐ散ってしまうけど毎日のように次々と咲いてくれる。ホスタなどと言うと分からない人もいるかもしれないが、これは昔からあるギボウシ。
今日テレビを見ていたら小さな花壇の周りにぐるりとこれを植え、真ん中にラベンダーを植えていた。きっとおしゃれな花壇になるだろう。
by yurikagorose | 2013-06-28 16:36 | 植物

バラの実って

昨日からの雨で地面が湿っている。
朝庭に出るのをどうしようか迷う。が、やっぱり出て見る事にしよう。

c0105306_2128176.jpg

暑けりゃ外に行きたくないし、かと言って雨の後もなんとなく庭には出たくない。
要するになんでも出たくない。けど、何もしなかったら庭仕事はどんどんたまって行く。
この間からスパニッシュビューティの花が終わった後にこんな大きな実になり始めている。
バラによって全然実をつけないのもあるが、スパニッシュは特に大きな実をつけて垂れ下がる。
見ていても重そうなのでやはり木を弱らせない為には実を落とさねば。

c0105306_21303346.jpg

花が終わった後のアーチの花殻摘みにはこんな横長の脚立に乗ってバッサバッサと切る。
去年あたりにはこんなものの上に乗って仕事をするのがほとほといやになったけど、今年はまだ元気がある。でもこんな危ない仕事いつ迄出来るんでしょうねぇ。

c0105306_2133749.jpg

このバラ、ピンクメイディランドも大きな実を付ける。この実ってローズヒップなんて洒落た名前がついてますが、お茶なんかに使えるんでしょうかしら。。

c0105306_2134283.jpg

オレガノケントビューティーの花が色付き始めた。しかしこれはガクであってほんとの花はガクの間から紫色の花を咲かせる。私はこれをいつも吊り鉢で育てているが調べてみるとこれが正解のようだ。やさしい色合いが とても美しくて花後地際から切り戻すと 繰り返し花をつける 。
宿根草なので冬越もオッケー。この花の可愛さは育てた人なら皆知っている。

c0105306_2141444.jpg

ミニバラのミミエデン。これはうどん粉病に弱いバラのようだけど、うちではかかった事がない。
今年は吊り鉢で育てているが、風通しをよくすれば大丈夫。

c0105306_214308.jpg

これはピェールドウロンサールのミニ版とも言われているようにとても可愛いバラだ。

c0105306_21452551.jpg

今年はシュガーパインを小さく株分けして玄関に垂らしてみた。結構可愛い〜〜

c0105306_21465524.jpg

巨大ホスタの花がじゃんじゃん咲いている。花の丈が高いので倒れてくるのが困り者だけど。

c0105306_21475076.jpg

これが開くと

c0105306_21484066.jpg

とても綺麗。

c0105306_21493553.jpg

ツルバラのチャールストンは数年前にはフェンスに這わせてあったけど、なんとなく飽きたので今は鉢植に降格。でもこうして見ると花はなかなか綺麗だ。花の開き始めはこんな鮮やかな黄色。

c0105306_2151169.jpg

これが数日経つとこんな赤に変化するから不思議なバラ。これだけ色が替わるのも珍しい。

c0105306_2152536.jpg

道路に面した花壇に入れてあるヘメロカリスが花を咲かせ始めた。

c0105306_21525242.jpg

そもそもこれがどうして私の花壇に存在するのか不思議な花だけど、(植えた覚えがない)ユリのように見えてもよく見ると違う。1日花だけど、蕾を沢山持っていて長い間次々と咲く。
by yurikagorose | 2012-07-06 21:58 | バラ | Comments(14)

こんなのもオシャレでしょ

台風4号富山では何の被害もなく通り過ぎ、なにか拍子抜けした気分。
しかし被害のあった地方は多数あるようで喜んでばかりもいられない。
やはり私が用意周到、鉢を片付けた時は逸れていくようだ。

庭には何カ所も植えてあるホスタ。
株分けした時にわざと小さな鉢に植えてこんな風に部屋に飾ります。
c0105306_23262557.jpg

すっきり爽やか、これで花が開いて来るともっと可愛くなります。

c0105306_2328027.jpg

台風が過ぎて風の中、黒蝶(くろちょう)は綺麗に健在してました。
赤いバラはどれもたいてい花保ちが良いものが多いですね。


c0105306_23285391.jpg

これはハニーサックルの色違い。ピンクの濃い花が咲くと楽しい感じになります。

c0105306_23301669.jpg

濃いピンクの花が開くと黄色になり、なんとも奇妙な花の形ですね。


c0105306_2333442.jpg

これは10日程前のジプソフィラの画像です。まだ全然花が開いてません。

c0105306_23344970.jpg

それがこの台風の中いっぺんに開きました。
ピンクの小花が可愛いでしょう。これは宿根カスミソウで毎年なにもしなくても出て来てくれます。

c0105306_2336242.jpg

これは鉢に植えてあるのですが、冬になるとまったく地上部はなくなります。
植え替えをしたら来年は出て来なくなるかと心配で植え替えができないんですよ。
by yurikagorose | 2012-06-20 23:39 | 植物 | Comments(6)

ここのところの雨で・・・

2日間降り続いた雨のおかでで庭は潤い植物総てがいきいきとしている。
・・・が、バラ達にとっては命取り。
雨の重みで花は皆うなだれてしまい、殆どの花が駄目になった。
幸い今日は朝から曇っていたので花柄摘みをせっせ、せっせとする。
ゴミ袋2杯も出て悲しくなったけど、これでもまだ全部取り切ってない。
あとすこし立てばバラも一休み。庭はアジサイにバトンタッチする。

c0105306_2121520.jpg

「カーディナル ド リシューリュー」
花は他のバラに比べると小振りでうちはツル仕立てにしてある。枝は細くオベリスクにぐるぐる巻きに出来るので扱い易い。
なんともこの魅力的な色が素敵。
c0105306_21274471.jpg



c0105306_21284319.jpg

以前フェンスに這わせてあった「アンクルウォーター」
余りにも枝が太くて誘引し難く一回は撤去。
しかしこのビロード状の赤のバラが捨て難く、また未練たらしくラティスのところに持って来た。

c0105306_21304236.jpg

普通ツルバラで切り花にはなかなか使えないのだが、ステム(茎)が長いので切り花としても使える。香りは余りないけど、これ一輪飾っただけで部屋は高級感たっぷり。(爆)


c0105306_21334915.jpg

「シャリファアスマ」
淡いピンクが上品なバラ。こんなに綺麗なのに花保ちはすこぶる悪く、部屋に飾っても一日。
しかし咲いている姿を見ると余りにも儚く美しいので許す。

c0105306_21355419.jpg

イングリッシュローズってどうしてどれもこれも花保ちが悪いんでしょ?
こんなに綺麗なのに、残念。

c0105306_21364415.jpg

今日のおまけはホスタの「レボリューション」
先日のフリマでホスタの子株を大分売ったが、お客さんの中に
「これホスタって言うんですか????
これってギボウシだとばかり思い込んでました...」って。。。
ε-(ーдー)ハァ
ホスタを日本語で言うとギボウシなんです。

昔クレマチスの事を「てっせん」って言いましたよね。
今はクレマチスと言います。
ややこしいですが、クレマチスの中に「てっせん」という品種があります。
今開き始めたところなのでまたアップしますね。
by yurikagorose | 2012-06-11 21:42 | バラ | Comments(14)

フリマお疲れ様

昨日の雨で来られなかった人もいるのでは?と今日も引き続き午前中のみフリマを開催したけど、思った程客足は伸びなかった。
と言う事は昨日の雨の中、殆どの御客様が来て下さったという事になる。
雨の中いらして下さった御客様ありがとう。
そして6名のメンバー、あっちさん、アンジェラさん、winkleちゃん、クミさん、しゅうさん、お疲れさまでした。
また来年に向けて頑張る事にしましょうね。

今日は黄色いバラを載せてみたいと思います。
c0105306_2033798.jpg

ここは庭入口付近に植えてあるフロリバンダの「フリージャー」
鮮やかな黄色のバラはとても良い香りで庭へと誘います。

c0105306_20341349.jpg

ここに植えてからもう12年ほど経つのに毎年多くの花をつけてくれるのは嬉しいですね。

c0105306_20344585.jpg

こちらは↑フリージャーの向かいのラティスに誘引してあるグラハムトーマスです。
c0105306_20353677.jpg

同じ黄色でもこちらは優しい淡い黄色です。
c0105306_2036487.jpg

これも次々と花を付け、庭の入口部分を楽しませてくれます。

c0105306_2039268.jpg

こちらは↑オレンジがかったバラの「サハラ」
c0105306_20394281.jpg

鮮やかな黄色が徐々にピンクっぽいオレンジに替わっていく色の変化が楽しめるバラです。


c0105306_20482056.jpg

今日と昨日の雨でジキタリスは花の重みで倒れて来てしまいました。
毎年溢れたねで出て来てくれたお花達ありがとう〜〜

c0105306_20481632.jpg

庭の一角に植えてある大型のホスタ、黄色いオダマキ、そしてラベンダーやアスチルベが今一番綺麗な時を迎えています。
by yurikagorose | 2012-06-10 20:50 | バラ | Comments(12)

ホスタいろいろ

庭作りをする時ホスタの役割は大きい。
ホスタがある庭は何となく雰囲気があり、落ち着く。
実用的な面を言えば葉が広がると結構大きな場所をとるので雑草をそれだけむしらなくてもよくなる。

c0105306_21563085.jpg

1「ゴールデンティアラ」

c0105306_21583469.jpg

2「ハルシオン」

c0105306_21591513.jpg

3「ジューン」

c0105306_2159391.jpg

4「レボリューション」

ホスタの色は様々。葉の大きさも小さなものから大きなものまで。
以前山に咲いていたホスタの種を採って来て植えたら、途方もない大きさのものに育った。
ホスタは放置して置くとどんどん大株になるので何年かに一回は株分けした方がよい。

おまけ
タツナミソウがミニバラの鉢の中から生えてきて、こんなところに溢れたねが飛んだのね。
c0105306_2223272.jpg

by yurikagorose | 2012-05-09 22:04 | 植物 | Comments(2)
line

ダイアリー


by yurikagorose
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30