ゆりかごのつぶやき

yurikago1.exblog.jp ブログトップ

タグ:バラ ( 129 ) タグの人気記事

今年のバラは

c0105306_20205083.jpg


c0105306_2021486.jpg


年々庭に出るのが億劫になり、手入れらしい手入れも去年からしなかった。
以前に比べるとかなりいい加減にしていたにも関わらず今年のバラは咲き誇っているのが不思議。
もしかして最後の狂い咲き?なんて気もしてくる

c0105306_20211512.jpg

ミニバラのレンゲはとても可愛い。色も少し濃いめで花の形もひらひらだ。

c0105306_20212671.jpg

こちらは花便りというミニバラ。これもうちではもう十年以上咲いているもので丈夫。これはちょっと開き気味なので色が退色している。
c0105306_2021352.jpg

私の音楽教室の看板の下に植えてあるのだが、こちらはまだ開いたばかりなのでかなり濃い色で美しい。

c0105306_2021447.jpg

これはミニバラではないのかもしれないけど、小さめの花のスプレーウィット。コロンコロンの花がとても可愛い。

c0105306_20221068.jpg

庭の入り口部分に植えてあるフリージャー。これも今年は色が鮮やか。

c0105306_2022191.jpg

うちには黄色のバラは余りないけど、こちらは黄色でも淡い黄色。
ご覧のように鉢に植えてあるピルグリム。これは毎年じゃんじゃん咲いてくれるのがうれしいバラだ。

c0105306_20222644.jpg

中心が黄色くて周りは白い花びらなので淡い色に見える。

c0105306_2022355.jpg

窓辺にはエブリンとピエールドゥロンサールが植えてあるが、これももう老木なので年々花の数が少なくなってそろそろ駄目かと思っていた。でもまぁまぁの花数でまだ頑張ってくれそう。
エブリンは満開に近いが、ピエールは一番遅く咲くバラなのでまだ蕾が多い。

c0105306_20224558.jpg

遅めに咲くピンクメイディランド。これも一番今が綺麗な時だ。

c0105306_20225230.jpg

ひらひらの一重の花びらが夕闇を引き立てる。

c0105306_2023056.jpg

これはうちで一番手間いらずの上に一番よく咲くバラのアイスバーグ。
一番早くから咲いていて、驚く事にまだ花びらも下に落ちていない。切り花にしても長持ちしないと思っていたけど、開いてからもう20日ほど経つのに綺麗なままだ。今年は雨が殆ど降らないので花の保ちも良い。

c0105306_20231365.jpg

バラの下の方に植えてあるフタマタイチゲ。大分前に植えてから名前も忘れてしまっていたが、この間ラベルが出て来てやっと名前が判った。
添え物として植えておくととても可愛いが増えすぎるのには要注意。

c0105306_20232175.jpg

クレマチスの「あや」
これってこんなに綺麗な色だっけ・?

いよいよフリマまで秒読み段階に入った。
苗の整理や値段付けと忙しい。これだけずっと天気が続いているのに日曜日は雨マーク。
なんとかして下さいよ!
by yurikagorose | 2015-05-28 20:50 | | Comments(0)

 バラが満開

c0105306_2192345.jpg

いよいよバラが満開を迎え一年間の苦労が報われる時が来た。
苦労と言っても年々ガーデニング熱も冷めて、というより寄る年波には勝てなくなってきた。
いかにして手抜きをして庭を維持出来るかという事ばかりだ。

手抜きの割にはこんなに綺麗に咲いてくれた。

c0105306_2194421.jpg

この部分の手前に咲くのはエゴポジューム。増えすぎるのが難だけど、バラの添え物としては重宝するものだ。

c0105306_21959100.jpg

ジャーマンアイリスのチャイニーズトレジャー。手前の白い花はオルレア。このジャーマンはMさんから戴いたものでこんな可愛い色見た事がない。これをどんどん増やしたいものだけど大切なもの程絶えて行くから要注意。

c0105306_2110470.jpg

これもMさんから戴いたシャクヤクのピンクカフェ。ほんとに可愛いです。今年は例年に比べ少し成績が悪いのが心配です。

c0105306_21102166.jpg

ここは庭の入り口付近。奥のアーチのスパニッシュビューティーも年々花が少なくなりつつあり、これも悩みの種。


右のラティスに誘引してあるのはコンスタンスサプライ。ピンクがとても可愛いバラです。
c0105306_21105118.jpg

c0105306_2111180.jpg


さて次は中庭部分の庭。
c0105306_21112830.jpg

手入れが悪い割にはなんとか見られる。

c0105306_21114925.jpg

c0105306_2111404.jpg

奥にはファンタンラトゥールが植えてあります。今年は花付きが凄く良い上に花も大きいので嬉しくなります。いったいどうしたんでしょ?

c0105306_2112286.jpg

左に植えてあるのはパットオースチン。オレンジが個性的なバラです。

c0105306_2112227.jpg

しっとり美しいホワイトのホワイトクリスマス。香りも抜群、切り花には最高のバラ。

ここからはフリマのお知らせです。

c0105306_21274415.jpg


いよいよ来週の日曜日に近づいて来ました。今は苗の準備で大わらわ。私の作った寄せ植えや苗、買って下さる方がいらっしゃるでしょうか。今年もまたここでお会いして楽しくおしゃべりさせて下さいね。古着等も持参しますので是非見て下さい。
今年は5月31日のみの開催になります。仲良しガーデナーが庭で増えすぎた植物や小物、古着などを販売します。品物を売るって楽しいし、いらして下さる方とのおしゃべりも楽しい1年に一回のイベントです。今年もウィンちゃんのネイルケアのコーナーがあります。ケアして欲しい方は少しだけお時間を下さいね。是非お立ち寄り下さい。お待ちしています。

by yurikagorose | 2015-05-24 21:31 | | Comments(0)

そろそろラティスのペンキ塗り

こちら北陸では一気に冬将軍が訪れ、夜になっての気温は6度。これは12月中旬の寒さだと言う事だ。このまま冬に突入かと思うと気も重くなる。

c0105306_15201153.jpg
c0105306_15201862.jpg
そろそろラティスのペンキ塗りの準備をしなければならない。毎年キチンとする筈だったのに、去年は何やかやと機会がなく、逃してしまった。
思えばこのラティスを設置したのは2005年だからもう9年も経ったという事になる。
土台を大工さんに作ってもらったとはいえ、この安っぽいラティスが長持ちしているのも毎年のペンキ塗りのおかげだとは思うものの、バラの誘引を外さねばならないので寒い時期の大仕事だ。
先日からバラの誘引をぼちぼちと天気の良い時に外し始めた。長い枝をひとまとめにして作業の邪魔にならないように紐でくくっておく。去年はここまでしていたのに、雨の長続きのせいで出来なかったのだから、今年は晴れ間が続く日があるのを祈るのみ。

c0105306_15211173.jpg
ついでにあの大嫌いな作業、ツルバラの誘引も始めました。この作業も寒い時にしなければならないので、ガーデナーは冬場の作業のなんと多い事。来年になれば北陸では雪が降るのでなかなか誘引が出来ないと思えば今のうちにしておいた方が良さそう。

c0105306_20220451.jpg
庭の紅葉は綺麗に色づき、こうして和の庭があるのも心安らぎますね。

c0105306_15203253.jpg
c0105306_15202885.jpg
いつの間にかサザンカの花が咲いていた。花びらがひらひらと下に落ちているのはサザンカ、ポトンと花ごと落ちているものは椿と区別している。亡き義母が好きだったのでうちには椿も幾つか植えてあるが、今となっては品種も殆ど分からない。

c0105306_15210340.jpg
先日の孔雀サボテンのムーンライトが徐々に満開を迎えて来た。今これが置いてある玄関の中はむせ返るように良い香りで包まれている。みっともない葉っぱの場所食いのこんなサボテンを一年間育て、待った甲斐があるというものです。

c0105306_15202322.jpg
黒ほおずきが真っ黒な実を今も綺麗に下げている。こんな綺麗になったのは今年初めてみたので嬉しくなる。

c0105306_15212175.jpg
c0105306_15212696.jpg
秋バラも終盤とはいえ、今もぼちぼちと綺麗な花を見せてくれる。こんな花を室内に飾ると自分で言うのもおかしいけど、夢のような生活。
小さな頃一緒にピアノを習っていた友達の家は高台の上にあって、フェンスにはピンクのバラが絡まっていたのを今でも鮮明に覚えている。私の家は猫の額ほどの小さな家でとてもバラなんぞ植えてあるような庭もなく、とてもうらやましかった。あんなバラが植えてあるような広い庭のある屋敷に住みたいなど、子供心ながら思ったものだが、自分がこんな田舎の広い庭に住みバラを植えて育てるなんて思いも依らなかった。
憧れのバラと一緒の生活が実現し、幸せと言えるのでしょうね。

c0105306_15205342.jpg
突然ですが、これはこの間息子が釣りに行って捕って来たものだ。小さなアジとカワハギ。この2匹だけでも息子は自慢げな顔でバケツをぶら下げて帰って来た。息子が私の花を愛でる気持ちが分からないの同じに私も息子のこんな趣味、分かりません。。。

c0105306_15211690.jpg
今日は朝から雨がずっと降り続きまるで嵐なのに、愛猫チェリンはどこ吹く風。ほんとに猫になりたいです。



by yurikagorose | 2014-11-13 20:46 | 庭仕事

ムーンライト

c0105306_11031113.jpg
今年も忘れずに孔雀サボテンのムーンライトが咲き始めた。このサボテンは母のところに植えてあったものを大分昔に一節持ち帰ったものだ。母はこんなものを持っていた事すらすっかり忘れてしまって、実家には鉢植えすらない。きっと腐ってしまって捨てたんだろう。
孔雀サボテンや月下美人など昔は沢山育てていて、花の咲く頃は芳香に包まれ見事な花が楽しめたけど、余りの繁殖ぶりに辟易し、皆処分してしまった。
残してあるものと言えばこのムーンライトだけ。これは比較的葉が細いので扱い易いと思い、残したのだが、それでも四方八方に広がる葉は狭いお宅では扱いに困るかも。

c0105306_11031840.jpg
花の大きさは約7センチくらいだとは思うけど、ごらんのように行儀悪く葉が広がる。
この花が咲くと家の中は香りで包まれ、一輪開いたのも分かる程良い香りだ。この大きさだと冬場に家の中に入れるのは限界なので来年は又コンパクトに切り詰めねば。
しかし花のない冬場に次々と咲いてくれるので有り難い事だ。

c0105306_11025731.jpg

今の時期と言えばどこでも菊が咲いているが、私の家でもこの菊が毎年咲いてくれる。これは鉢植えにしてあるので比較的綺麗に咲いてくれるけど、地植えのものは葉が枯れ込みどうも芳しくない。
菊なんか、、、と思う気持ちはあるのに、こうして咲いてくれるとやはり1年待った甲斐があると思うから不思議だ。

c0105306_11030397.jpg
名無しのミニバラがひらひらの花びらで楽しませてくれる。ミニバラと言っても1m四方に広がり、高さも同じくらいある。随分と昔に植えたバラで名前も分からないけど、1年中絶え間なしに咲いてくれる優れもの。

c0105306_11032388.jpg
今年畑に植えたバジルのちび苗が畑にうじゃうじゃあるので、夫は鉢あげして冬越しさせようという魂胆。私もこんなものを冬越しさせた事はないので、出来るかどうか定かでないけど、そもそもこんな事をする意味があるの?って聞きたくなる。
バジルと言えば夏場のトマトに添えてうちでは食べる。その他の使い途と言えばスパゲティに散らす程度。
冬場はトマトもないし、スパゲティもたまにお昼に食べる程度。
夏になればまた畑にじゃんじゃん出て来るのに、こんなものを冬越しさせる意味がないのでは?
.....と言っては身も蓋もないので、夫の気が済むまで様子を見るとしよう。。。。

by yurikagorose | 2014-11-07 11:21 | 多肉植物

iphone6が来た!

c0105306_14515061.jpg

先日から何やかやと悩んでいたiphone6。結局今まで通りauで契約する事になり、昨日やっと乗り換え。先に延ばせば下取り価格が低くなるので、どうせ容量がもう少ししか残っていないので早めの買い替えをしたのだ。今度は64ギガもあるので、これだけあればなんぼなんでも大丈夫でしょう。
いやはや話せば長くなるが、あれほど完璧にバックアップを取っていた筈なのに、復元してみればあれもこれも入ってない。どうしてこんな事になるの??
iphone5の前に使っていた携帯電話から移行した時は電話帳くらいしか移らなくて画像がなくなってもこんなものかと諦めたが、iphone5からiphone6なら全部移るものと思い込んでいたのが大間違い。
こんな事は一回経験してみないとやり方がよくわからない。次に買い換えるのは一体いつなのかも分からないが、肝に銘じてバックアップを取る前にアップルサポートに教えを乞いながらやった方が良さそう。
昨日は半日を費やしやっと元のiphoneの状態に戻り、ほっとした。
使った感じはまだよく分からないが、持った感じはそんなに大きくない。
何せこれで毎日のようにゲームをするので余り大きくなると手のひらに入らなくなり、持ち難くなるのではないかと心配したけど、そうでもなくて良かった。
iphone6はまだ発売されたばかりなので、ケースやフィルムが高くつくのではないかとおもっていたけど、ケースはもう100均に売っていた。私はごらんのようにいつもスティックを使って画面をタップするのでそれを結ぶ穴がないと困る。この100均のものは安っぽいプラスティックケースだけど穴が空いていたのでつなぐ事が出来た。
使い勝手は殆ど前のものとかわらないと思うけど、まだ使いこなしていない部分も多いのでこれから違いが分かるのかも。

c0105306_14515666.jpg
秋になってやっと見事な美しさを見せたのがアンブリッジローズ。

c0105306_14520002.jpg
こちらはグルスアンアーヘン。ほんとに綺麗なバラです。今日は雨が降ってしまったので傷んでしまうのが可哀相。

c0105306_14520705.jpg
先日スーパーでカニの安売りがあり久しぶりに買って来た。しかし安物はやっぱり安物、実が殆ど入ってなかった。雰囲気だけでもカニ三昧を味わったので良いかな。

c0105306_14521173.jpg
孫のりりかはこのごろ自分勝手にレッスン室に入って来て、ピアノを弾いたり、タンブリンを持って曲を催促する。婆ちゃんは疲れているんですが・・・・
しかしリリかに催促されると老体にむち打ってついついピアノを弾いて一緒に唄ってしまいます。


by yurikagorose | 2014-10-27 15:12 | 携帯電話

携帯電話

c0105306_19433813.jpg
iPhone5を利用してから早いものでもうすぐ2年になる。使い始めるまでは新しい機種だけにすごく不安だったが、使ってみればこんな便利なものを何故もっと早く使わなかったのかと思える程便利なものだった。
iPhone6が発売されてからというものはそろそろネット界でも買い換えたという人も出始めてきた。16ギガのiphone5を買った時はこれだけあれば十分と思っていたのに、写真やアプリなどどんどん入れたのであと2ギガ程しか余ってない。
使い心地はそんなに変わらないようなので私もそろそろ買い換え時かとも思う。
私はauを利用しているのだが、今日は3社でシュミレーションしてもらった。ここはauショップです。
以前は他社に乗り換えるといろいろなサービスがあり、目を見張るようなものもあったが、最近はキャンペーンも自粛気味で、取り立ててすごいサービスというものはなさそうだ。
買い換えて全く損をするのは私の場合はドコモ。今までの料金よりもずっと高くなる。これは何故かというと否が応でも「通話し放題」に入らねばならないからだ。
通話し放題はそれだけでも料金が大分かかるので、私のように余り通話をしない者にとっては いらないプランだ。
次にソフトバンク。これは大分安くなりそうだ。う^^ん、迷うところだ。

そしてauのままでいたらどうなるか?
驚く事に新しくiphone6に買い換えた方が今までの料金より安くなる。
何故かというと下取り料金やキャンペーン割引などがあるからだ。下取り料金は翌月になると どんどん安くなって行くという事なので買い換えるなら早い方が良さそう。

ソフトバンクに変えても2年間は今までより安くなるけれど2年後には高くなるので、安くあげようと思えばまたauに戻るという形を延々と続けなければならない。
他社に替えるとアドレス変更、そして設定変更など非常に煩わしい。
しかし2年間で恐らく4万から5万は浮くに違いない。迷うところだ。。。。。
 
今日は取りあえずシュミレーションをしてもらっただけで帰って来たが11月になれば下取り価格が悪くなるので考えねばならない。あああああああ、どうしようかな。。。。

c0105306_19434392.jpg
話し替わってジョウロウホトトギスが今年も釣り鐘型の可愛い花を咲かせてくれました。この花が咲く頃にになると今まで綺麗だった葉も茶色くなってしまうのが残念。

c0105306_19435315.jpg
そろそろ秋バラが楽しめる季節になって来ました。これはマチルダです。毎年確実に咲いてくれる優れもの。
c0105306_19435875.jpg
可愛いお顔です。ヽ(*^^*)ノ

c0105306_19440251.jpg
フリージャーもここに植えてからもう十数年。いい子ですね。



by yurikagorose | 2014-10-17 20:11 | 携帯電話

ぼちぼちと開き始め

ブルームーンの蕾が可愛い〜〜

c0105306_19455636.jpg
秋のバラがそろそろ開き始めた。春に比べれば比べ物にならないほど花は少ないけど、すっきりと鮮やかな色が美しい。バラ本来の色って秋に出るんじゃないかと思いますね。
c0105306_19460045.jpg
白いコロンコロンの花のスプレーウィット。

c0105306_19463097.jpg
アンネの思い出

c0105306_19460569.jpg
アンブリッジローズ。
c0105306_19462064.jpg
c0105306_19462501.jpg
ビナンカズラの実もやっと少しずつ色づき始めた。孫がこれを時々採って来て、得意げに「ぶどうがなっていたよ!」と言う。

c0105306_19465289.jpg
今日は久しぶりに天気も良かったので夏の間楽しませてくれたユーパトリウムを切り詰めた。

c0105306_19465744.jpg
すごく増えるので庭にはあちこちと生えている。半分程切り取り、乾かしてゴミに出す。今年も有り難うね。
c0105306_19470240.jpg
話しは替わってこんな大きな洗濯バサミがうちでは必需品なんです。

c0105306_19470679.jpg
この頃洗濯物はこんな風にズボンやタオルも竿に洗濯バサミで はさんで干します。今までは二つ折りにして干していましたがこの方がずっと早く乾くような気が。

by yurikagorose | 2014-10-09 19:59 | バラ

夏の庭

c0105306_17162843.jpg


c0105306_17152636.jpg

今日は朝から雨が降ったので気温は高くないものの蒸し暑い。雨が降ると草取りや庭仕事を休めるのでひと息つける。
今フロックスが満開になって庭をにぎわしている。
c0105306_17153992.jpg

c0105306_17155822.jpg

これは反対から写してみたところ。

バラの二番花が少しずつ開いている。
ピルグリム
c0105306_1716364.jpg

ペンタス、これはバラじゃないけど一夏楽しめます。
c0105306_17164985.jpg

エブリン
c0105306_17165934.jpg

ピェールドゥロンサール
c0105306_1717615.jpg

by yurikagorose | 2014-07-24 16:49 |

つぎつぎと咲く花

c0105306_22011188.jpg
c0105306_22010638.jpg
我が家で一番最後に咲くバラ「キング」がいよいよ終わりを告げた。このバラは母屋の庭に植えてあるのでどうもかまってやれない。それにもめげず、毎年健気にたわわに花をつけてくれるのが嬉しい。
花は房咲きで葉も小さく、どうもツルのミニバラのようだ。まだバラにそんなに興味のない時に買ったものなのだが、それにしては良いバラを買ったと思う。

c0105306_22011833.jpg
花壇に植えてあるマルバストラムが久しぶりに花をつけた。ここはバラの下に植えてあるものなので殆ど陽も当たらないのでいつも花をつけないようだ。

c0105306_22012651.jpg
去年買った百合「フェルメール」が沢山の花を咲かせている。すごく肉厚の花びらだ。名前に惹かれて買ったけど、開いてみるとどうもこの百合は余り好みではない。しかし植えっぱなしだった割には沢山の花をつけてくれたのだから褒めてあげなきゃね。

c0105306_22013985.jpg
今日は涼しい日で曇り空だったので雑草むしりを数時間した。下ばかり見ていて気づかなかったけど茶花ホウチャクソウがひっそりと地味な花をつけていた。冬になると地上部は全部枯れてしまうので、これが植えてあった事すら忘れてしまう。
こうしてみるとフラチラリアの花のとてもよく似ている事に気づいた。しかし全くの別物。
チャバナホウチャクソウで検索してみると沢山ヒットするが、いつも検索して笑ってしまうのは自分のページに辿り着く事が結構ある。
調べてみるとこの花はトウチクラン(唐竹蘭)とも言うようでイヌサフラン科の多年草だ。地味だけど、とても良い花なのでおすすめ。

c0105306_22014685.jpg
c0105306_22015219.jpg
去年はすす病にかかり、見るも無惨な姿になったサンゴジュの樹が今年は見事復活。早い時期から数回消毒していたのが良かったのかも。でも夏場になるとまた真っ黒になるかも知れないので安心は出来ない。
秋になると真っ赤な珊瑚のような実をつけてとても美しいので楽しみだ。

c0105306_22021665.jpg
アジサイのクレナイがもうこんなに真っ赤になりとても綺麗だ。初めは真っ白なのにだんだん赤くなり、最後にはビロード状の赤になる。その頃は花も枯れて来るけどそれでも美しい。



by yurikagorose | 2014-06-20 22:34 | 植物

老人施設からのお客様

c0105306_16551240.jpg
思いがけずに老人施設から庭見学の申し込みがあり、今日数人が車数台に乗っていらした。車いすは2台、私の庭で大丈夫か心配したけど、なんとか入る事が出来てほっ。
正面にあるピェールドゥロンサールにまず皆さん見入っていらした。庭は大分花が少なくなったけど今日まで保ってくれて良かった。

c0105306_16552450.jpg
皆さん大分年齢が高いとお見受けしたけど、ごらんのように花には興味のある方ばかり。

c0105306_16565744.jpg
今日の午後は結構暑かったのでパラソル3台を設置したが、それでも充分とは言えないほど暑い。せっかくいらしたお客様が脱水症状になっては大変なので、紙コップにお茶も用意した。こうして私の庭が老人の方々に少しでも癒されるならうれしい事だ。

c0105306_16560098.jpg
c0105306_16560563.jpg
バラは殆ど終わりに近くなり、今どんどん咲いているものはこのピンクメイディランド。一重のバラがひらひらと優しい。

c0105306_16560905.jpg
ノスタルジーは赤さが濃くなって全開。今日いらした方達もこのバラに感嘆の声をあげていた。

c0105306_16553379.jpg
c0105306_16554338.jpg
今はハニーサックルが絶好調。この花に気づいてくれたでしょうか?普通ならいらしたゲストには庭を一巡して説明をするんだけど、今日は自由に見て頂いた。
c0105306_16561571.jpg
ベロニカブルーアロー。これは少し前の写真だけど、縁取りにはもってこいの花。毎年忘れずに出て来てくれるのが嬉しいです。

c0105306_16562124.jpg
今年はラベンダーが私の庭にしては綺麗に咲いてくれている。どうもこのラベンダーは私の庭に合わないようで消えてしまう事が多かった。今度こそ持ちこたえて下さいよ。

c0105306_16555097.jpg
アスチルベがやっと咲きそろった。この白さ、ほんとに素敵ですね。



by yurikagorose | 2014-06-10 17:13 |
line

ダイアリー


by yurikagorose
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31