ゆりかごのつぶやき

yurikago1.exblog.jp ブログトップ

タグ:ハーブ ( 7 ) タグの人気記事

久しぶりの雨

c0105306_21395350.jpg
朝いつも通り起きると雨が久しぶりに降っている。嬉しいけど、悔しい。こんな事ならもう少し寝てれば良かった。。。ちっっ!
羊の耳とも呼ばれているラムズイヤーが一番綺麗な姿を見せている。これ以上になると花が咲き始め、なんだかがっかりした姿になる。これだけは花が咲かない方がずっと綺麗。

c0105306_21400532.jpg
紫っぽい色のバラのブルームーン。香りは抜群、花は大きくて美しくうっとりする。

c0105306_21401247.jpg
今年は4月の突風でラティスが崩壊。6月後半から業者に入ってもらい頑丈な鉄製のフェンスを立てる事にした。ラティスは半分撤去したが、蕾を沢山持っているコンスタンススプライを移動するのには忍びなく、3枚だけまだ残してある。工事が始まればラティスに這わせてあるツルバラも撤去しなければならないので、頭の痛い話だ。
去年から今年にかけ、寒さが続き、雪は降らなかったものの自分が外に出ようと思ったときには雨や強風、そんなこんやで寒肥を入れる事ができなかった。そろそろバラの手入れにも疲れ始めていたのもある。
案の定今年は見るも無惨に花の数が少ない。それでもこのコンスタンススプライはなんとか綺麗に咲いてくれ、心の中で謝りつつ咲いてくれた事に感謝する。

c0105306_21410495.jpg
ブルームーンの清楚さに比べこのフランシスデュプロイの派手さには息をのむ。なんとも個性的なバラだ。

c0105306_21402408.jpg
ラベンダードリームがこんな濃い色に咲いた。咲き始めは濃いピンクだったりするが、段々紫色っぽくなって色が薄くなる。花が小振りで遠目には地味だが、なんとも愛らしいツルバラ

c0105306_21412351.jpg
窓辺のエブリンは相変わらず凛と咲いている。どんな時でもこのバラは美しい。下手に挿し木などして付いてしまうと、幾つも鉢が出来て困る。鉢を増やせば世話に困るのに、人にあげるのも勿体ないと思えるほど美しいバラだ。

c0105306_21411057.jpg
アジサイのマイコは地植えにしたものは株が小さすぎてちっとも花をつけなくなった。挿し木して育てたら沢山の花をつけてくれるようになり、うれしい。。舞妓さんのかんざしのようにも見える小さな小さなアジサイ。

c0105306_21401721.jpg
クレマチスのあやが今年はとても綺麗に咲いてくれた。そばに植えてあるのはホスタのジューン。

c0105306_21422658.jpg
クレマチスのベルオブウォッキング。クレマチスとは思えない程丸い花でダリアのようにも見える。


by yurikagorose | 2016-05-26 22:26 | バラ

ムーンライト

c0105306_11031113.jpg
今年も忘れずに孔雀サボテンのムーンライトが咲き始めた。このサボテンは母のところに植えてあったものを大分昔に一節持ち帰ったものだ。母はこんなものを持っていた事すらすっかり忘れてしまって、実家には鉢植えすらない。きっと腐ってしまって捨てたんだろう。
孔雀サボテンや月下美人など昔は沢山育てていて、花の咲く頃は芳香に包まれ見事な花が楽しめたけど、余りの繁殖ぶりに辟易し、皆処分してしまった。
残してあるものと言えばこのムーンライトだけ。これは比較的葉が細いので扱い易いと思い、残したのだが、それでも四方八方に広がる葉は狭いお宅では扱いに困るかも。

c0105306_11031840.jpg
花の大きさは約7センチくらいだとは思うけど、ごらんのように行儀悪く葉が広がる。
この花が咲くと家の中は香りで包まれ、一輪開いたのも分かる程良い香りだ。この大きさだと冬場に家の中に入れるのは限界なので来年は又コンパクトに切り詰めねば。
しかし花のない冬場に次々と咲いてくれるので有り難い事だ。

c0105306_11025731.jpg

今の時期と言えばどこでも菊が咲いているが、私の家でもこの菊が毎年咲いてくれる。これは鉢植えにしてあるので比較的綺麗に咲いてくれるけど、地植えのものは葉が枯れ込みどうも芳しくない。
菊なんか、、、と思う気持ちはあるのに、こうして咲いてくれるとやはり1年待った甲斐があると思うから不思議だ。

c0105306_11030397.jpg
名無しのミニバラがひらひらの花びらで楽しませてくれる。ミニバラと言っても1m四方に広がり、高さも同じくらいある。随分と昔に植えたバラで名前も分からないけど、1年中絶え間なしに咲いてくれる優れもの。

c0105306_11032388.jpg
今年畑に植えたバジルのちび苗が畑にうじゃうじゃあるので、夫は鉢あげして冬越しさせようという魂胆。私もこんなものを冬越しさせた事はないので、出来るかどうか定かでないけど、そもそもこんな事をする意味があるの?って聞きたくなる。
バジルと言えば夏場のトマトに添えてうちでは食べる。その他の使い途と言えばスパゲティに散らす程度。
冬場はトマトもないし、スパゲティもたまにお昼に食べる程度。
夏になればまた畑にじゃんじゃん出て来るのに、こんなものを冬越しさせる意味がないのでは?
.....と言っては身も蓋もないので、夫の気が済むまで様子を見るとしよう。。。。

by yurikagorose | 2014-11-07 11:21 | 多肉植物

9月

今日からいよいよ9月というのに、昨日から雨模様。
昨日は富山からかえって来る時にバケツをひっくり返したとはこの事と思うほどの雨に降られた。
ここ数日日本列島はどこもかしこも豪雨にたたられ、被害の出ている地域も沢山あって気の毒になる。
うちの方は大丈夫なんて思っているといつ災難に襲われるか分からないのだ。

せっかくの日曜日なのに、朝からずっと雨が降っているので何も出来ず、意気消沈。
こんな時こそ身体を休めれば良いと思っても根っからの貧乏性、落ち着いて休んでいられない性分はどうにもならない。

9月からはバラの剪定も始まり、又何かと忙しい日が多くなる。
数日前に手始めにパットオースチンの枝を短く切ったが、こんなに綺麗に咲いている花も全部落とさねばならないのが悔しい。。。

c0105306_1519026.jpg


c0105306_1520939.jpg

パイナップルセージは地面を這うように咲く。
これがほんとにパイナップルの匂いがするんですから不思議よね。
by yurikagorose | 2013-09-01 15:20 | バラ

ソープワート

c0105306_1625072.jpg

いつ植えたのかも覚えてないソープワート。夏の間次々と花を咲かせて楽しませてくれる。
ハーブとは知らずに植えていたが、石鹸やシャンプーとして利用するハーブらしい。

c0105306_1625129.jpg

こうしてみるとなかなかきれいだが、地下茎を伸ばして年々外側に広がっていくのは困る。真っ直ぐ咲いてくれている間はいいが、そのうち倒れてくる。

サポナリアともいうが、花はどうも2種類あるようだ。
by yurikagorose | 2013-06-27 16:11 | ハーブ

春の訪れ

c0105306_15315597.jpg

ここのところ天気は悪いし、4月下旬とは思えないほど寒い日ばかり。
それでも植物はぐんぐん成長している。
これはラムズイヤー。羊の耳という名の通りふわふわ感がたまらない。
c0105306_15315615.jpg

ホスタももうこんなに大きな葉になってきた。
c0105306_15315829.jpg

キャットニッブスは去年の前半に絶えてしまったので、慌てて苗を買ってきて植えた。これは猫の大好きなハーブだからね。
c0105306_1532086.jpg

庭の片隅でひっそりと咲くホウチャクソウ。明日から家を留守にするので切り花にして友達にさしあげた。花をよく知らない友達も清楚な美しさに感嘆の声を上げた。
c0105306_153226.jpg

クレマチスの蕾も今やっとこんな状態。これはダッチェスオブエジンバラ。北海道から帰ってくる頃には大きな花を咲かせているかな。
c0105306_1532352.jpg

c0105306_1532450.jpg

道を歩いていたら他所の庭でこんなにきれいな花が咲いていた。桜の遅咲きの品種でしょうか、濃いピンクがとてもきれいでした。
by yurikagorose | 2013-04-27 15:12 | Comments(4)

初霜

娘のいる北海道恵庭市では昨日初雪が降ったようで、積もったらしい。
こちらはさすがにまだ雪は降らないものの、今朝の気温は1.8度とこれだけ気温が下がるのは初めて
の事。
今日はゴミの日なので車にゴミを積み込んだが、フロントガラスが霜で覆われていた。
c0105306_16281468.jpg

田んぼのあぜ道はもうびっしりと霜で一杯。

c0105306_16281639.jpg

こうして見ると霜もなかなか綺麗だ。こんな霜が降りる日は大抵昼間は暖かくなり、今日も小春日よりになった。

c0105306_16281828.jpg

これはうちの村のゴミ捨て場。こんな大きなゴミ捨て場は都会の人には考えられない事かも。
左は生ゴミ、真ん中はプラスチックゴミ、そして右側は紙のゴミなど入れているが、プラスチックや紙は毎週ではないので、各家庭ではかなり溜まっていっぱいになる。もちろん前もって出す訳にはいかないので、月に一回のゴミを出す日には朝早く出さないと中に入れられなくなる。
ここに不燃物を出す日には各班から一人ずつ出ねばならないし、このゴミ掃除当番もあるので、なかなか面倒だ。
いつも思うのだが、こんなちゃんとしたゴミ捨て場があるところでは前の日からでも出しても良いのではないか。仕事を持っていて朝早く出せない人、三交代の人などがいる筈。
これだけの建物が建っていれば前の日に出したところでカラスにつつかれる事もない。
しかし今のところ前日に出すのは禁止されている。なんともいやはや。

c0105306_16282194.jpg

今年は消滅したかと思えたパイナップルセージが今頃やっと少しだけ咲いている。このハーブは一番遅く咲くものだ。葉を触ってみるとパイナップルの匂いがする。
c0105306_16282461.jpg

ベンケイソウはこれだけ寒くなって来ても庭では健在。多肉植物なのに毎年出て来てくれる。

c0105306_16282638.jpg

これだけ寒くなって来たので、先日多肉類を家の南側の廊下に入れた。せっかく育てても鉢に植え替えをしてないのが、ルーズ。
by yurikagorose | 2012-11-19 16:43 | 話し | Comments(8)

困ってます

生活してると困ってる事って結構ありますね。
いろいろ書き出したらきりがないような気もしますけど、取りあえず困ってる事。
これなんです。

c0105306_22134916.jpg

これはうちの玄関を中側から見たところ。何やらぽつんぽつんと影が見えるでしょ。数えてみると10以上はいます。
さあお立ち会い、何がいるんでしょ?

c0105306_2215646.jpg

実はこれは雨蛙。小さな小さなカエルがドアの桟のところにいるんです。
私はピアノ教室をしているので、中にはカエルが怖い生徒も結構いて、これには困り果てるんです。
カエルがいるという事は虫を狙ってくると思うので夜には電気をつけられません。
いつも薄暗い玄関で気が引けます。なんでここだけこんなにカエルが来るのか不思議で不思議で。
うちには母屋の方の玄関もありますが、電灯はつけっぱなしなのに、そこには全く来ないです。
変ですねぇ・・・・

c0105306_22213942.jpg

うちは前も後ろもご覧のように田んぼ。この環境がカエルを呼ぶんでしょうか?
どなたかいい案はありませんかぁ〜〜〜〜〜!

c0105306_22225759.jpg

クレマチスのセンニンソウはうじゃうじゃに葉を伸ばし、今か今かと咲き頃を狙ってる。

c0105306_22235221.jpg

ピンクのエキナセアは今年は成績が悪くてたった一輪。増えるらしいのになかず飛ばず。
この間のフリマでしゅうさんから苗を買ってそばに植えたから来年に期待しよう。

c0105306_22252438.jpg

ホスタでも花の咲き方はいろいろ。これはずんぐりむっくり型。茎も短いし、花もこんもり。これも可愛いです。

c0105306_22265024.jpg

3月の園芸店の競りで買ったよれよれだったネメシア。でも元気に復活。とても綺麗に咲いたあとこれは一回切り戻して2度目に咲いたんです。
でもこれからがご用心。ネメシアは暑さと蒸れに弱い植物ですから風通しが良くて影のところに持って行かなきゃね。

c0105306_22292222.jpg

私の大好きなハーブ、アニスヒソップスがまだ咲いてます。この匂いはなんとも言えない魅力的な香りがします。何年も私の庭にいますから丈夫な植物ですね。
by yurikagorose | 2012-07-10 22:33 | ぼやき | Comments(15)
line

ダイアリー


by yurikagorose
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31