ゆりかごのつぶやき

yurikago1.exblog.jp ブログトップ

タグ:スモモ ( 3 ) タグの人気記事

真夏になってしまいました

c0105306_15585582.jpg
7月9日に今年も西洋ニンジンボクが満開になりました。薄紫の穂状の花が天に向かってスックと立ち、とても綺麗です。隣りはどんどん伸びて困るスモークツリー。

c0105306_15590779.jpg
7月10日に今年もスモモの実が真っ赤になり収穫する事になりました。りりかと稜介はスモモの収穫が待ち遠しい。

c0105306_15590268.jpg
やる気満々の稜介は長靴姿でスタンバイオッケー。可愛い助っ人です。

c0105306_15591425.jpg
さあいよいよ収穫。家のスモモの木は川の上に伸びているのでこのようにしてビニールを下に張らねばなりません。そして長い竿で揺さぶって実を落とします。パラパラを下に落ちるのを見て孫二人は大喜び。収穫の喜びは家族で分かち合うのが一番。

c0105306_15591952.jpg
ほうら、こんなに今年は穫れました。しかしこれだけあっても孫二人は一口も食べないのですから、いやになります。食べず嫌いで新しいものには絶対に手を出さないので困ります。

c0105306_15592323.jpg
友達達にお裾分けする為に収穫しているようなもんです。余ったのは殆どジャムにしました。これで一年以上ジャムには事欠かないでしょう。ちょっと酸っぱみのあるジャムですが、子供は不思議な事にジャムなら食べるんです。

c0105306_15594882.jpg
鉢に植えてあるホスタの花が満開になり、とても素敵です。ホスタの花が咲かないという声も聞きますが、調べてみるとホスタが日当りの悪いところに植えてあるとなかなか花が咲かないという症状が出るようですね。一概に日当りだけとも思えないですが、花が咲いてくれないと夏場に寂しいですよね。

c0105306_16001137.jpg
和庭の手水鉢で今度はアイが水を飲んでいます。ここは勿体ないけど、ちょろちょろ少しずつ水を出してあるので、猫は美味しいのかも。(うちは水道です)

c0105306_16002141.jpg
マニアックな友達から苗を頂いて植えておいたところこんな珍しいものが咲きました。これはミレットパープルマジェスタという植物で和名は黒キビ、別名はチョコバナナの木なんていうアフリカ原産の植物でした。葉がわさわさと生い茂ったらインパクトがありますね。

c0105306_16002721.jpg
7月18日に孫にせがまれてお散歩にいくとシロツメクサが一杯咲いていて、孫達は大喜び。花冠を意識してるのか、りりかは稜ちゃんと結婚するって盛んに言って微笑ましかったです。子供は天使ですね。

c0105306_16003852.jpg
ネット友達のところで見てどうしても欲しくなり買ったラマリエ。ひらひらの花びらがほんとに可愛いバラです。ちらほらとしか咲かないけど、虫にやられない前に切って飾りましょう。

c0105306_16004309.jpg
多肉植物を置いてあるラティスの棚がペンキが剥げてぼろぼろに。この頃は剥げた感じが大流行りだけど、雨風が当たると木が腐ってくるので、夫にペンキを塗ってもらいました。今回もコンプレッサーを使ってしたのでアッという間に終わります。

c0105306_16004859.jpg
c0105306_16005271.jpg
今まで錆びが出ていた小物達もこの際一気に塗ってもらい新品のようになりました。これで一安心。

c0105306_16010816.jpg
早速アジサイのジュウニヒトエを飾って大満足。このアジサイはうちでは一番遅く咲くあじさいです。写真よりももう少し薄い色でとても綺麗なアジサイ。

c0105306_16010317.jpg
このアジサイは石化アジサイと言って茎がこんな風に帯状になるのが特徴です。平べったい茎ってなんだか不思議。



by yurikagorose | 2016-07-24 16:58 | 収穫

ツルバラキング

余り雨も降らないまま梅雨入りになりそうだけど、4月、5月、6月とガーデナーにとっては気違い染みた忙しさ。
私の場合特に草取り。冬から伸びた雑草を取るのに毎日明け暮れる。
今やっと草からは解放されたけど、常にしていないとまた元の木阿弥。

一番遅くに咲くツルバラのキングが満開を迎えた。この動画をインスタにアップしたところ、余りの花の多さに感激し、購入を決めた人もいるようだ。
c0105306_21383476.jpg
c0105306_21283662.jpg
c0105306_21523910.jpg
ずっと植えっぱなしのホスタから蕾がこんなに上がって来た。小さな葉のホスタだけど、これは小さな鉢に沢山植えてあるので葉も小さくなる。これを地植えにすれば又大きな葉のどうってことないホスタだ。こういう風に植えてあると可愛いでしょ。

c0105306_21525209.jpg
ハニーサックルが一番綺麗な時。これで2日もたてば退色し、つまらない花になってしまう。花の命は短しね。

c0105306_21522739.jpg
まるで陶器のような花びら、グルスアンアーヘン。このぼかしがたまらなく好き。

c0105306_21532902.jpg

今年のバリエガータディボローニャはピンクが濃くてド派手。でもとても綺麗なので好きだなぁ。

c0105306_21540304.jpg
今年のスモモは大豊作。こんな風にたわわに実をつけている。去年は不作で殆ど取れずジャムもほんの数本しか作れなかった。今年はいやほど穫れたら皆さんにお裾分けかな。。

c0105306_21522002.jpg
最後にバラが殆ど咲いてない今の時期の庭。寒肥を入れなかったのでバラは成績が振るわず、可哀相な事をした。慌てて肥料を入れたら機嫌を直して、今頃になってじゃんじゃん蕾をつけている。しかし、今から咲いても黄金虫にやられちゃうから可哀相な事をした。


by yurikagorose | 2016-06-12 22:09 | バラ

スモモの花

4月21日(土)くもり
朝起きても寒いと感じなくなり、北陸の寒い日常からやっと抜け出せそう。

うちには昔からある大きなスモモの木。

c0105306_20443719.jpg


私がこの家に嫁ぐ前からあった木らしく、もう老木だ。

c0105306_20453070.jpg


昔からスモモ、スモモ、と言っていたけど、これはどうも珍しい品種のようだ。

調べてみると「幸太郎もも」というものらしく、藤本幸太郎さんという人が

品種改良して広めたのがこの幸太郎もものようだ。

大きさは桃より小振りで、完熟すると中は真っ赤、皮がピーンとはってぷりぷり。

熟れ始めると一気に完熟するので生産期間がとても短いので市場には出回らない。

沢山採れてお裾分けしたくても、荷物が届く頃には傷んでしまうので残念。

沢山食べられないのでうちではもっぱらジャムを作る。

収穫の作業の以前の記事はここ。

スモモの収穫


話し替わってっと。

c0105306_2114911.jpg


こちらはそばに植えてあるコブシの木。

c0105306_2123574.jpg


遠目でみると葉も花もモクレンに似ています。

ヒメコブシ(シデコブシ)に比べると花の形は全然違います。


c0105306_2141633.jpg


さて今日はいつもブログに遊びにきてくれるしゅうさんが土の安売りの情報を。

で、買ったのが赤玉14リットル(一個198円でした)のもの5個とこれ。

c0105306_2155591.jpg


赤玉は腐葉土とミックスして使うけど、こちらはすぐに植え替えるような

ものに使う軽い土です。肥料などもある程度は入っているのでとても便利。

しかし赤玉に比べると少々割高なのでたまにしか使いません。


今日は仕事の帰りにまた松川べりに行って来ました。

c0105306_21113349.jpg


先週にはあれだけ賑わっていた川縁には誰もいなく寂しげです。

c0105306_21123518.jpg


花の間から葉がもう沢山出て来ました。

c0105306_21134292.jpg


でも見て下さい、これこれ。

花びらの道です。ぬぁ〜〜んてロマンチックなんでしょ。

花で楽しませ、散り際は花びらで楽しませてくれる桜。

この花びらに道を歩くとなんとなくロマンチックになれますね。


追記
先日から「タグ」なるものを使い始めました。これはカテゴリーには分類しきれないような
ものをもっと細かく分けたものです。
サイドバーの「タグ」のところをクリックするとその記事に飛べます。
カテゴリ欄からでも飛べますが、タグのところからも行けますので試してみて下さいね。
ただし、まだ始めたばかりなので記事数が少ないです。ペコリ(o_ _)o))
by yurikagorose | 2012-04-21 21:21 | 樹木 | Comments(0)
line

ダイアリー


by yurikagorose
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31