ゆりかごのつぶやき

yurikago1.exblog.jp ブログトップ

タグ:ぼやき ( 3 ) タグの人気記事

月命日

c0105306_16151934.jpg

今日は亡き義父の命日なので朝からお寺さんがお参りに来られる日だ。
暑くても寒くてもこうして毎月お坊さんはお参りに来るが、私が育った実家では全くこういう事はしなかったので有り難い反面、何とも面倒だ。
私の実家は宗教なんぞ信じる家ではなく、父は葬式など絶対にあげないでくれと常々言っていた。
母の実家はクリスチャンで祖父は牧師をしていたが、だからと言って母は信心深いわけでもない。
母の実家に遊びに行くと食事の前にはお祈りをし、私はいつも薄目を開けてみんなの顔やらおかずやらながめていた。
毎回食事の前にはお祈りなのだから、子供にとってはお預けをくらったようなものだ。

富山県は一般に信仰が深い県といえるだろうが、世間では家のものを削ってもお寺に寄付するような風潮があり、私は嫁いで来て驚いた。
毎月の命日にお参りに来てくれるお布施も馬鹿にならないし、その日は家を空けられなくなるのでいつまでこれはしなきゃならないのか疑問に思っている。
義父が生きていた頃、義母の命日の月参りは1年だけと決め、お寺さんにもその旨伝えていたので、義父にしては思い切った計らいだと思った。
しかしこの時代、寺離れが浸透して来て、本当にそんな話しがあるのかと思うような事も聞く。葬式もせず、坊さんも頼まず、いきなり焼き場に持ち込み、挙げ句の果てにお骨はいらないと言っておいて行くという輩もいるそうだ。
この月命日のお参りによる収入も寺にとってはかなりのものになるのだとしたら、皆が止めたら寺は存続できなくなるのかも知れない。


c0105306_16322281.jpg

この間の雨で稲が大分倒れている。朝もやの中で倒れている稲はなんとなく幻想的にも見える。

c0105306_1632743.jpg

昔は稲を刈ったら「はさ」と言う物を立て(物干しの大きいような物)そこに稲を干していたようだが、今や乾燥機で乾かすようだ。
こんなガードレールに干してあるのはわらを作るためのものなのかも知れない。
by yurikagorose | 2013-09-10 16:35 | 話し

暑い!

ここのところ毎日のように最高気温が何度になったというニュースばかりだが、
人ごとのように聞いていたが私の住んでいる氷見市でもここのところ気温はうなぎ上り。
ここ数日は35度を越す猛暑日ばかりで今日は36度もあるらしい。
洗濯物を取り込むのに、日中炎天下の下に出たらまるで殴り殺されんばかりの日差しだ。ブルブル。。。

c0105306_1443533.jpg


朝ウォーキング途中にこんな堤がある。
写真に撮ってみると素晴らしい景色になって見える。
夫は子供の頃ここで遊んだ事もあるらしいが、今は危険なので柵がしてあって子供達がこんなところで遊んでいたら通報されるだろう。
私の小さな時も田舎に遊びに行った折に汚い川で一日地元の子達と遊んでいた。
今思えば下も見えないような濁っている川なのに、汚いとも思わず遊びに熱中していた。
子供達だけでそんなところに行くのだから危険と言えば危険だけど、昔はおおらかで良かった。
今は孫と公園に行っても誰も遊んでいないので、遊具は使い放題。
なんだか寂しい世の中になってしまったもんです。
by yurikagorose | 2013-08-19 14:50 | ぼやき

はあ??

今日はこちらは雪が降ると言っていたがそれほどでもなく、雪はたまにちらほらで積もるなんて事はない。
それより風が強く家の中にいても恐ろしいほどの音が外から聞こえる。
その風も今は止んだようだが、庭はうっすらと雪化粧をし始めた。

今日は富山の楽器店に仕事の日なので、用意万端整えて生徒を待っていると、中一の生徒の母親から電話がかかって来た。これがそのやり取り。
母「今日は天気が悪いし、私も用があって子供を送って行けないのでお休みします。」
私「分かりました。じゃあこの次はいらして下さいね。」
母「あの今日休むと2回ほどレッスン休む事になるんですが、この代講ってしてもらえないんでしょうか?」
私はここでぶち切れそうだった。先生は天気が悪かろうが、具合が悪かろうが、無理してでもやって来ているのに、天気が悪いからお休み?ほんでもってその代講をしろってか?
頭の中は爆発しそうだったがそれでも平静を装って返事する。
私「あの今月はお休みしてませんよ。」
母「あのう、夏に一回休んだ筈なんですが・・・・」
ここで又もや、ぶち切れる。
あんだって?子供が休んだ分、全部代講しろってか?
今はここまで親の常識ってものがなくなってる。
自分の子供本意で先生の事なんか屁とも思ってない。
私「あの生徒さんの都合で休まれた場合は代講はしないんですが」
母「そうなんですか?・・・・・・」

ここで電話は終わったのだが、このあと話しは続く。
生徒が休むというので私は事務所でコピーなどしていたら、私の携帯に楽器店から電話。
楽器店にいるのに、楽器店から電話っていうのもおかしな話しだが、受付は2階なので、私が5階の事務所にいる事は知らないので携帯に電話がかかって来たのだ。
「さっきの生徒さん、来たんでお部屋に戻って下さい」
「はあ???」
という事は代講をしないと言ったので慌ててやって来たようだ。

ほんとに今の世の中どうなってる?
この親や子供達が日本をしょって立つのかと思うと寒々としてくる。
こんな話しは私たち講師の中ではしょっちゅうあり得る話しなのだけど、やはり腹が立つ。

c0105306_22572719.jpg

もうすぐ自宅の生徒のクリスマスコンサートが迫ってる。私は2年に一回しか開かないので生徒は心待ちしているようだ。
昔はこんなプログラムは印刷屋に頼み、2万くらいのお金を払っていたが、今となってはプログラムの構成は生徒がパソコンで作ってくれ、印刷は100均の紙を買って来てコピーする。
こうすれば数千円しかかからないし、すぐに出来る。昔からこういう事を節約していればお金も溜まったんでしょうかしら。。。

c0105306_2257308.jpg

小学生の生徒はこんなミュージックベルで「見上げてごらん夜の星を」を演奏する。
しかし小学生はこの曲は全然知らないので慌てた。まず曲を覚えさせ、そして自分がベルをならすところをマーカーで色付けして、演奏する。メロディーだけではなく、3重奏になっているので、結構難しかったが、生徒の方がずっと覚えが早い。大人だったら絶対に楽譜を覚えるなんて出来ないけど、生徒は殆ど暗譜なので驚く。

c0105306_22573321.jpg

これはメトロノームと言ってカッチンコッチンとリズムをならすもので、リズムの不安定な時、これに合わせて弾きます。
今までいろいろ買ってみましたが、持ち運びが小さくて便利なもの、電気で動くものなどなど。
でもやっぱりこんな大きめの物が一番良いんですよね。前にこれを持っていたんですが壊れてしまって、そのままになっていたんですが、こんなものがリサイクルショップに売ってました。
ほんとはこれは5・6千円するんですが、800円くらいで買えました。なんでも探してみるものですね。
by yurikagorose | 2012-12-08 23:16 | ぼやき | Comments(16)
line

ダイアリー


by yurikagorose
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31