ゆりかごのつぶやき

yurikago1.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

7月も今日が最後

c0105306_15050919.jpg
今日で7月も最終日。ずっと涼しい日が続いて安心していたのも束の間、この頃の暑さと来たら毎日30度超え。やはり夏って暑いんですねぇ。。。

イングリッシュローズのヘリテージは暑さにもめげずずっと咲きっ放し。うちでよく咲くバラと言えば、アイスバーグ、マチルダ、ピンクメイディランド、そしてヘリテージ。よく咲くと言って喜んでいるのは余り良くないのかもしれない。
バラ愛好家達は夏には蕾を全部取って秋バラに備えるものなのだけど、秋バラも大切だけど、私は今も楽しみたい。夏に咲かせるのは株を弱らせるとか聞いたけど、頑張って欲しいな。

c0105306_15052507.jpg
ヘリテージとアジサイのジュウニヒトエをチョッキン。こうして毎日のように花を飾れるってほんとにうれしい。。

c0105306_15053376.jpg
白い小花はユーパトリウム。この花が咲く頃は夏真っ盛り。切り花にしても全然傷まない花なのですごく重宝する。
上に見えるのはプラチナ。このふわふわの銀色がとても綺麗で大好き。寄せ植えの添え物として使いたいものだ。

c0105306_15053825.jpg
こんな指ぬき、大分前にアンティークショップで買ったけど、全然使い道なし。というより、最近手芸や裁縫たるもの、全くしてないんだもんなぁ。。。可愛いから飾っておくだけでも良いけど。

c0105306_15054685.jpg
私のハーブとの出会いはこのメドセージ。これを初めて見た時、渋い紺色と香りが私をノックアウト。なんとも形容し難い香りだけど大好きなの。私がガーデニングを始めた頃はハーブなんて余り出ていなくて、なんだか高級な感じのするものだった。ハーブ=オシャレなんてイメージで、なんだか使い方が難しい?なんて思ったものです。考えてみれば日本だって昔からシソやネギ、ミョウガ、ニラ、など一杯香りのするものはあるのだから、別に外国産だからと言って構える事もないのにね。このメドセージは結構高い値段がしたと思うけど、これを庭の花壇に植えてたら、近所のおばちゃん達が珍しがって、みんな挿し木させてくれと言って持って行った。しばらくすると家の近所はメドセージだらけに。。。おまけにしらないおばさんが、「あれ、あんたのところにも生えてるの?これってぽとぽと花が落ちるからいやだね」なんて言われて頭に来た。ガクッ・・・・

c0105306_15055166.jpg
家の中に観葉植物をたまに飾りたくなる時がある。でも外仕事を終えて家に入って来たらもうくたくた。家の中に鉢を置いて水やりなんて。。。。。ぶるんぶるん、とんでもない。ぜったいにしたくないのよ。
そこででました、これはフェイクなんです。これなら天下無敵。枯れないし、水やりしなくて良いんだもの。たまにこうして手抜きしなくちゃね。。触らない限り、ぜったいにフェイクとは見破れないぞ!

c0105306_15060008.jpg

孫の稜介は7月24日に6歳になり、下のリリかは3歳。こうして孫と一緒に暮らすのは大変だけど、毎日喜びも貰っています。ほんとに可愛い子供達、永遠に幸あれと祈らずにはいられません。


私のインスタグラム、ここには載せていない写真もありますので覗いてみて下さいね。

by yurikagorose | 2016-07-31 15:28 |

真夏になってしまいました

c0105306_15585582.jpg
7月9日に今年も西洋ニンジンボクが満開になりました。薄紫の穂状の花が天に向かってスックと立ち、とても綺麗です。隣りはどんどん伸びて困るスモークツリー。

c0105306_15590779.jpg
7月10日に今年もスモモの実が真っ赤になり収穫する事になりました。りりかと稜介はスモモの収穫が待ち遠しい。

c0105306_15590268.jpg
やる気満々の稜介は長靴姿でスタンバイオッケー。可愛い助っ人です。

c0105306_15591425.jpg
さあいよいよ収穫。家のスモモの木は川の上に伸びているのでこのようにしてビニールを下に張らねばなりません。そして長い竿で揺さぶって実を落とします。パラパラを下に落ちるのを見て孫二人は大喜び。収穫の喜びは家族で分かち合うのが一番。

c0105306_15591952.jpg
ほうら、こんなに今年は穫れました。しかしこれだけあっても孫二人は一口も食べないのですから、いやになります。食べず嫌いで新しいものには絶対に手を出さないので困ります。

c0105306_15592323.jpg
友達達にお裾分けする為に収穫しているようなもんです。余ったのは殆どジャムにしました。これで一年以上ジャムには事欠かないでしょう。ちょっと酸っぱみのあるジャムですが、子供は不思議な事にジャムなら食べるんです。

c0105306_15594882.jpg
鉢に植えてあるホスタの花が満開になり、とても素敵です。ホスタの花が咲かないという声も聞きますが、調べてみるとホスタが日当りの悪いところに植えてあるとなかなか花が咲かないという症状が出るようですね。一概に日当りだけとも思えないですが、花が咲いてくれないと夏場に寂しいですよね。

c0105306_16001137.jpg
和庭の手水鉢で今度はアイが水を飲んでいます。ここは勿体ないけど、ちょろちょろ少しずつ水を出してあるので、猫は美味しいのかも。(うちは水道です)

c0105306_16002141.jpg
マニアックな友達から苗を頂いて植えておいたところこんな珍しいものが咲きました。これはミレットパープルマジェスタという植物で和名は黒キビ、別名はチョコバナナの木なんていうアフリカ原産の植物でした。葉がわさわさと生い茂ったらインパクトがありますね。

c0105306_16002721.jpg
7月18日に孫にせがまれてお散歩にいくとシロツメクサが一杯咲いていて、孫達は大喜び。花冠を意識してるのか、りりかは稜ちゃんと結婚するって盛んに言って微笑ましかったです。子供は天使ですね。

c0105306_16003852.jpg
ネット友達のところで見てどうしても欲しくなり買ったラマリエ。ひらひらの花びらがほんとに可愛いバラです。ちらほらとしか咲かないけど、虫にやられない前に切って飾りましょう。

c0105306_16004309.jpg
多肉植物を置いてあるラティスの棚がペンキが剥げてぼろぼろに。この頃は剥げた感じが大流行りだけど、雨風が当たると木が腐ってくるので、夫にペンキを塗ってもらいました。今回もコンプレッサーを使ってしたのでアッという間に終わります。

c0105306_16004859.jpg
c0105306_16005271.jpg
今まで錆びが出ていた小物達もこの際一気に塗ってもらい新品のようになりました。これで一安心。

c0105306_16010816.jpg
早速アジサイのジュウニヒトエを飾って大満足。このアジサイはうちでは一番遅く咲くあじさいです。写真よりももう少し薄い色でとても綺麗なアジサイ。

c0105306_16010317.jpg
このアジサイは石化アジサイと言って茎がこんな風に帯状になるのが特徴です。平べったい茎ってなんだか不思議。



by yurikagorose | 2016-07-24 16:58 | 収穫

夏のバラやアジサイ

c0105306_19110169.jpg
6月の半ば、嫁さんとラベンダースティック作りに参加してみました。今まで出来上がったものは見た事があったけど、いざ自分で作ってみるとうまくいかないところもあり、先生(アンジェラさん)に手伝ってもらいながらなんとか出来上がり。こうしてみるとなかなか素敵です。でも自分一人じゃ練習を重ねないと出来ないかも。

c0105306_19112515.jpg
忘れた頃にバラのフォールスタッフが咲いてくれ、濃いピンク色が庭を華やかにしてくれます。細い枝のラークスパーも写真で見ると紫色が結構存在感がありますね。

c0105306_19111756.jpg
黒猫ユジンはつくばいの上に乗り水を飲む。チェリンもしょっちゅう飲むけど、オスの2匹が飲んでいるのは見た事がないのが不思議。「何か問題でも?」って顔してる。

c0105306_19113106.jpg
今年はアジサイがどれも成績が良く、このスターサファイアなんぞは流れるように咲いてくれた。とても綺麗なアジサイで自慢の子です。

c0105306_19113632.jpg
スターサファイア、墨田の花火、ブルースカイなど花瓶に挿してみて満足。

c0105306_19114112.jpg
コロンコロンの玉のような蕾の梅花アジサイ。これは梅花甘茶とも言うようでなかなか珍しいものです。

c0105306_19114614.jpg
これも又玉のような蕾の玉アジサイ。蕾の時が一番可愛いアジサイで、開くとげんなり。

c0105306_19115914.jpg
縁取りがほんのり赤くなる清澄沢アジサイ。地植えにするとこの赤い縁取りがだんだん薄くなってしまうようです。

c0105306_19120688.jpg
今年は夏椿が沢山花をつけてくれ、こんな年は珍しい。果樹も沢山なっているところを見ると今年はなんでも成り年なんでしょうかしら。

c0105306_19123133.jpg
パットオースチンはやっとぶり返して綺麗な花を咲かせてくれた。いつも咲いている時はどうってことないのに、咲いてくれないとすごく寂しいバラです。

c0105306_19123554.jpg
庭で咲いたバラをバケツに全部入れてみたらあら、綺麗!ブラックティーがとても素敵な色が出ています。こんなに季節によって色が変わるバラも珍しいです。

c0105306_19123988.jpg
上の写真と対照的なグルスアンアーヘンをロマンチック風に花瓶に活けてみました。優しい色合いが素敵。

c0105306_19125970.jpg
知り合いからこんな素敵なアジサイを一輪頂きました。これはダンスパーティーという品種らしいのですが、それにしても素敵なアジサイ。来年は是非ゲットしたいなぁ。



by yurikagorose | 2016-07-06 19:33 | アジサイ
line

ダイアリー


by yurikagorose
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31