ゆりかごのつぶやき

yurikago1.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

秋がやって来たかしら

この間雨が続いてからというものめっきりと涼しくなって30度を越す日はなくなってきた。夜にはひんやりとしていてもうタオルケットだけでは寒くて寝られない。秋は急にやってきたようだ。

c0105306_20411015.jpg
毎年夏の真っ盛りに咲くセンニンソウ。ところが今年はどうしたわけか枯れ込み、見るも無惨にまっ茶色になり、もう枯れてしまったのかと思い下の方まで全部切った。
ところが今になってどんどん蕾を付け始め、ごらんの通り見事復活。いつも大きくなって隣に植えてあるバラにもからみつき困っていたけど、このくらいの大きさが丁度良いかも。これが怪我の功名って事かな。
c0105306_20411786.jpg
朝の散歩コースは田んぼがずっと続いている。今はこんなに稲穂も垂れ下がり収穫も間近だ。そろそろどこの田んぼにもコンバインが出動し、賑やかになる。

c0105306_20412414.jpg
その散歩道のあぜ道にこんなキノコ発見。すっごく不思議な色と形。だって透き通っててプラスチックみたいなんですよ。

c0105306_20515779.jpg
突然ですが、通り道のお寺にこんな新しい石像発見。こういうのって千手観音っていうんでしょうか。すごく大きいんです。

c0105306_20520501.jpg
ねっ、大きいでしょ。
これは横に書いてあったものを見ると放光菩薩さまと言い、千住観世音菩薩と地蔵願王菩薩の威信力を合わせ備えた仏様という事です。お寺の創立400年を記念して平成22年に造られたという事でした。
この大きさと迫力にはひれ伏しました。

c0105306_20521159.jpg
後ろにもこんな菩薩様が配してあり驚きました。

c0105306_21001518.jpg
バラもいよいよ秋に向かっての剪定が始まり、まだ綺麗な花や蕾を付けているものがあって切るのは勿体ない。しかしそんな事を言っていたら秋のバラを期待出来ないので心を鬼にしてバッサバッサと切る。
どうせ今の時期のバラは飾ってもすぐにハラハラと花びらが落ちて飾り甲斐がないんですよね。デュランタが綺麗な紫の花をつけてくれてこれは切り花にしても長持ちします。

c0105306_21002122.jpg
余り期待もせずに植えてあるブルーベリーが今年は結構沢山の実を付けてくれました。いつもだったら庭仕事をしながら口に入れる程度しかならなかったのに、今年は収穫出来る程になりうれしい。

c0105306_21002829.jpg
ほら、こんなに沢山採れました。スーパーでたまたま売っているのを見たらとてつもなく高い値段がついていてびっくり。しかし罰当たりな事にうちの孫と来たら例に寄っての食べず嫌いで口にいれようともしません。こんなものは有り難がって皆で少しずつ食べるのに価値があると思うのに、どちらかというと家族全員が興味なし。
仕方なしにジャムにしてみましたらすごく美味しい。いつもはブルーベリージャムを買っているんですから、こうして家で作れるのは幸せな事ですね。



by yurikagorose | 2014-08-30 21:12 | 植物

孫の成長

ここのところ大雨が降ったり、猛暑になってみたりめまぐるしく毎日の気温が変わっている。
広島では土砂災害が起こり、何故こんな山の斜面に家が建っていたの?と目を疑いたくなるような悲惨な光景が放映されている。
被災者に方におかれましては心よりお悔やみ申し上げます。
少しでも早く復旧して欲しいものです。

孫の稜介はこの7月で4歳、りりかはやっと1歳半になった。
1歳、2歳の頃は写真スタジオに行っても機嫌が悪かったり、ドアをくぐっただけで泣き叫び撮れない事もあった。
それが最近では喜んで派手な衣装を着てくれるようになり、笑顔やポーズまでとれるようになって来た。
りりかはまだ1歳なので何が何やらわからないのだけど、それでもカメラ目線。

c0105306_1513130.jpg


c0105306_151361.jpg

このごろでは写真スタジオに行くと選び放題の衣装がハンガーにかけてあり、親は子供にどの衣装を着せようかと鵜の目鷹の目。
昔は写真屋に行く時の為に洋服を買ったりしたものだけど、このごろでは行く時はハチャメチャの格好をしていてもドアをくぐれば王子様や御姫様だ。

c0105306_15131153.jpg

c0105306_15131775.jpg

そんな稜介も4歳になり、このごろでは難しげな言葉も喋れるようになって、一丁前。
夏の夜、家族揃って孫の為に外に出て、花火の火の付き具合や孫の喜び様に一喜一憂する。
広島は今大変な事になっているのにと思うと心も傷むが、こんな小さな幸せを感じる日本は平和な国と感謝する。

c0105306_15132330.jpg

このところ雨の日が多く、草むしりはしなくても良いので楽をしているが、雨に打たれた和庭はとても美しい。
この雨が止めばまた一気に水を得た草もまた凄い勢いで生えて来るのかと思うとぞっとするが、しばしの休みだ。

c0105306_15132679.jpg

庭にテッポウユリが生えている。今までテッポウユリと思っていたものが実はタカサゴユリという外来種だったりするようだけど、これはどうやらテッポウユリのようだ。。こんな美しいユリが自然に生えて来るのは嬉しい限り。
by yurikagorose | 2014-08-25 15:30 |

エアコン設置

私の家は建ってから40数年の母屋とレッスン室を主に作った新宅と2軒がくっついている。
その新宅の2階のエアコンがこの間の暑い時に壊れた。
新宅と言ってももう20年たつのだから新宅とも言えないが区別するのにそう言っている。
その2階の部屋は殆ど使ってないのだが、今年に入ってから息子が使い始めた。
もう20年もたつのだからエアコンが壊れて当然なのだけど、殆ど使用していなかったので悔しい。
しかし設置しない訳にもいかないのでこの間から電気屋回っていろいろ説明を聞いて歩いた。
今回選んだのはダイキンのものだ。
うちには両方の家あわせると11台のエアコンがあり、毎年必ず一台は壊れる。
エアコン貧乏と言ってもおかしくない程だ。
両方の家を合わせると10数部屋あるので、こんな数になってしまう。
そして今のエアコンには耐用年数が書いてあり、これは10年と言う事なので瞬く間にまた壊れるのかも。
しかし何十万も出して買うエアコンが、たったの10年しかもたないとはバカにしている。

c0105306_14431999.jpg

ここ数日氷見市では災害警報が出る程の雨だったが幸い今日は曇っているものの少しずつ晴れて来た。
頼んでから1週間、業者がやっと設置に来てくれた。
c0105306_14432291.jpg

おー、今度のエアコンはやけに出っ張りがあって大きい。ダイキンは一番大きいそうだが、なんとなく威圧感がある。
今回これを選んだのは除湿にしても温度が下がらず寒くなり難いと言う事だ。
今まで除湿にすると一気に部屋が寒くなり、何の事はない、冷房より寒くなる。
電気代も除湿の方がかかると聞いて驚いたが、これは消費電力も少なく、寝る時にも使えるようだ。

c0105306_14432744.jpg

工事をしている途中からどんどん暑くなり業者の方は汗だく。室外機はベランダに置くのでこれはらくだ。

c0105306_14433158.jpg

やっと室内機の工事が終わり今日から使えてホッとする。

c0105306_14433673.jpg

室外機も今までのものより大分大きく、設置場所を少し変えた。
しかし何やらカバーみたいなものがかかっていない。
この室外機のコイル部分は触ると手が切れるなんて事を業者は言っていたが、それなら何故カバーをかけてないのか危険だ。ここに何かを貼らないと孫はベランダに出せなくなった。
夫に相談して何か網みたいなものをはることにしよう。

今までいろいろなメーカーのエアコンをつけてきたけど、どれ一つとして納得出来るものはない。電器店に行っていろいろ説明を聞くとすごく良くなったようにも聞こえるが、つけてみると大した事はなくがっかりするものが多い。
今回のものもがっかりさせないで下さいよね。
by yurikagorose | 2014-08-18 14:59 | 電化製品

久しぶりのぶどう園

c0105306_19441094.jpg

長い間行ってなかったぶどう園に久しぶりの訪れた。生憎の雨だったけど、幸い屋根付きの駐車場や売り場にも濡れずにいけるので孫も大喜び。

ここ数年の間に孫が出来たり、何かと忙しかったり行けないまま数年が過ぎてしまった。
この宮崎さんは以前通っているうちに親しくなり、うちにぶどうを植えた時には木を頂いたりしてお世話になったのだ。
そのぶどうの木も数年前ぶどう棚が雪の為崩壊し、仕方なくぶどうの木は植木屋さんが欲しいと言ったので引き取ってもらった。
家で植えたぶどうの木が葉も涼しげで実もそこそこ付けてくれたので楽しませてくれたけど、やはりプロのようにはいかない。
手入れも怠りがちなのでやはりぶどう園に行って買うのが一番だ。

c0105306_1944146.jpg

今日買ったのはピオーネ、リザマート、そして新しい品種のシャインマスカット。
今のぶどうは種も殆どない上に皮ごと食べられるものが多く、昔に比べると甘みも強い。

c0105306_19441813.jpg

中にはこんな2級品も売っていて値段は少し安め。ここの売り場でも沢山の人が買っていた。
食べてみたけど、これでも十分と思える程美味しかった。

c0105306_19442113.jpg

孫二人は初めてのぶどう園に行き、上からたわわに垂れ下がっているぶどうを見て大喜び。
その場で食べられるテーブルもあるので食べてはみたものの、孫達はいつも安いデラウェアの小さなぶどうを食べていて慣れないせいか反応はいま一つ。
この歳になってくると初めてのものにはすごく用心深くて喜んで食べてくれないのが悩みだ。
果物でもスイカ、桃、スモモ、など口にも入れないのだから困ったもんだ。。


おすすめの宮崎ぶどう園はこちら。
by yurikagorose | 2014-08-16 20:07 | お出かけ

お盆恒例行事

お盆恒例行事なんて書くと何か良い事があるのかと思うかも知れない。
が、私にとって恒例なのは一年に一回高圧洗浄機で洗い流すベランダ掃除だ。
真っ白なベランダが一年もたつと見るも無惨なほど汚くなる。

c0105306_155828.jpg

手すりなんぞはつかまるのもおぞましい程の汚れ具合。
このごろ孫達がベランダに出たがっても余りの汚さに出せなかった。

こんな汚れは高圧洗浄機の水の勢いで流せばたちどころに綺麗になる。

c0105306_1551273.jpg


c0105306_1551663.jpg

やっと元の美しさに戻ってやれやれ。
これだけ綺麗になれば孫達もベランダに出て遊ばせられる。
いつも掃除をすれば良いんだけど、2階まで道具をいろいろ運ぶのが大変で年に一回だけになってしまっている。

c0105306_155235.jpg

逆光で見え難いが出窓の桟なども真っ黒。
これは洗浄機で流す訳にはいかないのでホースを引っ張って水を流しながら洗う。

c0105306_1552851.jpg

ふー、やっと綺麗になって一息つけました。
これが終わるとお盆はもう終わっちゃったような気になる。ヽ(*^^*)ノ

c0105306_1553342.jpg

私の庭は一年草は殆ど植えてないので今咲いているものと言えばこのユーパトリウムとガウラくらい。
しかしこれが侮れない。
c0105306_1553812.jpg

夏の間中次々と咲き重宝する花です。
明日はお墓参りにいかねばならないけど、このユーパトリウムにフロックスや小菊などを入れてお墓参り用に花束を作りましょう。

c0105306_1554496.jpg

泣かず飛ばずのローズマリー。かなり大きくなっているのに花が全然咲かない。??

c0105306_1555012.jpg

庭の至るところに咲き誇っているものと言えばこの三尺バーベナ。
しかしなかなかこれが風情あります。

c0105306_1555673.jpg

段々家族が増えて来ると困るのは洗面所の歯ブラシ立て。
置き場所も狭いし、倒れて来たりして具合が悪い。
こんなアヒルやカエルの歯ブラシを挟むものが有るんです。
これは100円均一(セリア)で買ったものですが、うちでは重宝しています。
by yurikagorose | 2014-08-13 15:19

花壇視察

ここのところの暑さと来たら尋常ではなく、氷見市でも毎日のように35度超えの日々が続いている。これだけ暑いと家の中でエアコンをかけてこもっているのが一番。

先日氷見市で行われる花壇の視察にバスに乗って出かけた。この暑さの中、余りいきたくもなかったけど、私は氷見市の花と緑の役員をしているのでいかざるを得ないのだ。
今回は個人のお庭見学も入っていると言う事なのでそれも楽しみの一つだった。個人の庭の中には私の庭も入っていて17名程の方達が私の庭にも訪れた。皆さん私の庭のような感じは初めての方も多く、一番の興味はたわわに紫色の花をつけている西洋ニンジンボクだった。もう一週間早ければもっと綺麗な時だったのにと思うと残念でならない。

一番目は私の庭だったが、それから又バスに乗り、グループで作っている花壇の視察をして歩いた。
c0105306_14283452.jpg
c0105306_14284339.jpg
市から配布された苗を使った夏花壇なのでどこも似たり寄ったりという感じもするがやはり、工夫を凝らしているのが見える。
この暑いなか毎日の水やりや花殻摘みとお手入れをするボランティアの皆さんには頭が下がる。私なんぞは自分の庭の手入れをするだけで精一杯で他所までなんぞ全くする気がしない。
この情熱っていったい何なんでしょ?凄いです。

c0105306_14285153.jpg
ここもよく手入れのされている花壇で真っ赤な園芸種のサワギギョウが印象的でした。

c0105306_14290561.jpg
c0105306_14285921.jpg
ここは氷見市でも有名なuさんのお宅です。バラが数百本植えられていて、お手入れしているのはもう80歳になる方です。ご夫婦でお花に興味があるようで、奥さんは保育園の園長先生をしているので保育園のお庭も花一杯でした。
しかしこの日な何せ暑くて私個人はもう熱中症に近いものがあり、お庭の視察どころではなく途中からバスの中で待機していました。暑くなければもう少しゆっくりと見学も出来たのにと、なんでこんな暑い日を選ぶのか市の行事を批判したくなります。

c0105306_14291261.jpg
お次はこんな写真しか撮れなかったのですが、この方のお宅は素晴らしい造りでこんな立派な家が氷見市にあるのかと口をあんぐり開けてみた程です。お家の写真は撮って来なかったのが残念です。
庭には180本の樹を植えたという事ですが、これはちょっとびっくり。そんなに植えて後に残された人達はどうするんでしょう。これだけ植えてあると後に残された人達が庭好きでなかったら大変です。
かくいう私の庭は?と思って数えてみたら母屋と私の庭とで50本程植えてあったのには私もびっくり。
これほどあるとは思っていなかったので人の批判は出来ないです。
しかしこれは皆両親が植えて行ったものなので残された私たちは木の剪定や消毒に年間かなりの金額がかかります。松は8本もあったので3本に減らしました。それでも松の剪定は時間がかかるので金食い虫です。これ以上他の木も絶対に植える事は出来ないですね。

c0105306_14292294.jpg
c0105306_14292787.jpg
まん丸つぼみの玉アジサイがやっと開きました。このアジサイは一番遅く開くアジサイでいつも咲くのは8月です。花が開くと爆発状態で蕾の方がずっと可愛いアジサイです。

c0105306_14293689.jpg
毎年娘が北海道のトウモロコシを送ってくれます。途方もない本数が段ボールの中に入っていますので親戚にお裾分けをしたり、友達にあげたりして、皆で食べます。
c0105306_14294101.jpg
以前テレビで放映していたレシピは、トウモロコシを水に入れて沸騰して3分、その後塩を5%にして塩水に1分入れておくだけ。3分しか茹でなくても充分って事がわかりました。
今回も美味しいトウモロコシを沢山食べて大満足です。

c0105306_14295185.jpg
このごろ毎日庭に来る野良のブチ。うちの子と喧嘩をするかと心配でしたが、今のところ大丈夫そうです。可哀相になって餌をあげるようになったので、尚更庭に居座るようになって困っていますが、仕方ないです。

c0105306_14295696.jpg
こんな綺麗な夕焼けを久しぶりに見ました。こんな景色を見ていると平和を感じます。


by yurikagorose | 2014-08-05 19:59 | お出かけ
line

ダイアリー


by yurikagorose
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー