ゆりかごのつぶやき

yurikago1.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

K's電器開店

c0105306_16403395.jpg

c0105306_16403591.jpg

うれしいことに家から歩いて行ける距離にケーズデンキがオープンした。
冷やかし半分さっき行って見たら、どこからこんなに湧いて出てきたのかと思える程、年寄りばかりだった。
かく言う自分もその仲間に違いないのだが。

安さはどこの店でも似たり寄ったりだと思うが、買う目的を決めていないとさっぱり違いがわからない。

何はともあれこんな近くに大型店ができてくれるのはありがたい。

c0105306_16403677.jpg

c0105306_16403899.jpg

孫はいたずらに大忙し。わき目も振らず鍋を物色している。これは上の子の時も同じだったので、子供って鍋類が好きなのね。

c0105306_16403936.jpg

陵介はりりかを泣かせてばかりなのに、ときには仲良くテレビをみる。こんな姿は可愛いね。
by yurikagorose | 2014-01-31 16:20 | 買い物

アイ

c0105306_1614366.jpg

サバイバルのアイは外に行くとなかなか帰ってこない。心配になる時があって何回か家の中に閉じ込めたけど、マーキングがひどくて根負けした。

c0105306_1614437.jpg

レッスン中には自分で勝手に戸を開けて入って来るので困る時がある。
猫好きの生徒ならいいけど怖がる子が結構多いのだ。
この子達は双子の姉妹だけど姉の方は怖がるのに、妹は猫が大好き。
同じ環境で育っているのにふしぎですね。

c0105306_1614691.jpg

生徒のいない時はピアノの上に乗って、黒猫チェリンとまったり。つかず離れずの関係です。

c0105306_1614724.jpg

チェリンは毛がフサフサしているので、どこが顔なのかわからないほど。
同じ親から生まれたユジンは短毛で活発。

c0105306_1614857.jpg

これはアイのしっぽ。ふとっ!
by yurikagorose | 2014-01-27 15:39 |

きまりました!

先日から子猫の里親探しに翻弄されていたが、やっと決まりホッと一息つけた。
里親募集のサイトに登録しておいたところ、すぐに何件も照会があり、アッという間に決まった。
あんな里親募集サイトがあるのも知らなかったし、見るのも初めてだったが、こんな可愛い猫が里親募集?と思うような写真が沢山あってびっくりした。
捨て猫や飼い猫、そして事情があって飼えなくなったなど理由はさまざまだ。
猫好きの方達がこんなサイトをのぞいてみて、ペットショップに行くのならここから決めてあげればどんなに良いのだろうとも思う。

サイトに登録もしたが、ポスターを作ってスーパーやホームセンターなどに何軒も貼らせてもらった。皆断られるかとも思っていたが意外と殆どのところが快く承諾してくれ、中には2つある入り口の両方に貼らせてくれるところもありほんとに有り難かった。
こんなところはいつも買い物をしていなくてもこれから利用させてもらおうなんて思ってしまう。。。

猫里親募集サイトからの問い合わせが来てトントン拍子で決まったのが同じ氷見市に住む60代の方。
ずっと猫は飼っていたが数年前に死んでしまい、又是非にとの応募だった。保健所でも聞いてみたが今は子猫の時期ではないと言って断られたという事だ。
家は60代の奥さんと80代のお婆ちゃんの2人暮らし。
家は猫が交通事故なんぞにあうなんて事は滅多に無さそうな山奥。

c0105306_21382743.jpg

捕獲したのが15日の日なのであれから一週間。子猫も大分懐いて可愛くなった。

c0105306_21381286.jpg

おっかなびっくりで新しい飼い主にだっこ。

c0105306_21383288.jpg

子猫はよく動くので鈴をつけていないと踏んづけたら大変。私の家の子猫が使っていた赤い首輪をつけてあげた。

c0105306_22172244.png


さあ今日はミーニャちゃん(嫁がこんな名前をつけていた)ともお別れ。
孫はここぞとばかり触りまくる。夫は子猫がいなくなるのでウルウル。。
新しい飼い主のもとで元気に育ってね。
今度会う時があったら私たちのこと、分からないんだろうなぁ・・・寂しぃ。。。(〒_〒)ウウウ

追記
こんな子猫がどうやって私の家の床下に来たんだ?とすっごく不思議だった。
c0105306_21574839.jpg

時を同じくしてこの野良猫が家にやってくるようになった。
野良猫にしてはすごく太っていて栄養満点なのだが首輪はしていない。
ここは子猫が入っただろうと思われる狭い入り口があるところ。(箱の左奥の方)
夫は可哀想に思って段ボールの箱を発泡スチロールの中に入れて完全防備な小屋を作った。

c0105306_21574479.jpg

私たちがそばに行くと離れていくので野良猫だと思うのだが。
どういうわけかここを離れない。

c0105306_21575192.jpg

よく見るとすごく可愛い顔をしている。

そしてこの猫の目撃者からの情報が入った。
この猫が白い子猫を連れてどこやらを歩いていたらしい。
( ̄▽ ̄;)!!ガーン
という事はこれは親猫だったのか!
私達ってほんとに鈍い。そんな事考えてもみなかった。
親猫が子猫を連れて私の家をうろうろしていたら、隙間があってそこから子猫が床下に入ったのだ。
ところが親は狭くて入れない。そのうち子猫はミャーミャーと鳴く。
子猫は入ったところから出ようと思えば出られるのに出て来ない。
それで親猫がここで番をしていたようだ。なんという親の愛。寒い中ずっとここに座っていたのは子猫を待っていたのだ。
私たちはここの入り口に餌を置いておくと、この親猫が食べてしまうので仕方なしに家の玄関の下を少し破ってそこから餌をあげていた。
餌を貰えるので子猫は益々出てこないのだ。
しかし捕獲器で子猫を捕獲して部屋の中に入れたら親猫は安心したのかいつの間にか消えた。
不思議ですねぇ。この親猫は他にも子猫がいるんでしょうか、又連れて来ないように祈るばかりです。(゚ρ`)ァー
by yurikagorose | 2014-01-22 22:22 |

子猫その後

c0105306_2340454.jpg

その後子猫はあっけないほどアッという間に人間に懐き、今では撫でられると安心するようになった。
家には4匹の猫が既にいるが、不思議な事に子猫には意外と無関心。子猫のいる部屋には全く寄り付かなくなってしまい、いつも食べていた缶詰の餌さえも食べなくなってしまったのには困った。反対に子猫は大人の猫が顔負けするほど毎日凄い量の餌を食べている。このままこの勢いで食べたらあっという間に大きくなるのかも。

このページを猫好きの方が見ていらしたら里親募集にご協力下さい。

生後2〜3ヶ月、体重1キロの白のオスの子猫です。
三種混合ワクチン接種済み。のみ回虫駆除済み。
なるべくなら当方氷見市から100キロ以内にお住まいの方で、自宅にお届けを致します。
アパート、未婚の方は不可とさせて頂きます。

ご希望の方はコメント欄に鍵コメで、又はFacebookに投稿下さい。
よろしくお願いいたします。
by yurikagorose | 2014-01-18 23:58 | お知らせ | Comments(4)

床下猫その後

床下猫はとうとう縁の下に居着き出て行く気配もなく、ミヤーミヤーと泣き叫ぶ。
狭い入り口付近に餌を置いておくとなくなっているので、子猫が食べているものと思い安心していたら、どうやら他所の野良猫が来てそれを食べてしまっていたようだ。

そのおかげでもう一匹野良の成猫までが居着くという羽目に陥った。(゚ρ`)ァー
しかしその野良は丸まると太っていて、どこかで餌を貰っているに違いないのだけど。

猫好きの夫は仕方なく玄関下の床を少しだけ突き破り、その子猫用にそこに餌を与える事にした。
床下入り口は狭くて成猫は入って来る事は出来ないので子猫はそこに置いた餌を毎回全部平らげてある。

しかしその子猫もいつかは大きくなるのだから、こんな事をしていたら終いには床下から出て来られないようになる。
意を決して猫捕獲器を貸してくれるところがないものかいろいろあたってみた。
保健所に聞いても殆どのところは持っていないし、市役所などに聞いてみると猫を捕獲してどうするのかと疑われてしまう始末で腹も立つ。

最後に聞いてみたボランティア団体でやっと貸してくれる事になった。

c0105306_2061429.jpg

最終的には買わなきゃならないのかもと思っていたがやっと借りられてホッとする。
結構大きなものだがなるほどうまく出来ている。
餌を奥に置き、猫が入って来ると猫の重みで入り口が閉まるようになっている。
仕掛ける事1時間程で白い子猫がつかまった。推定するに3ヶ月くらい。
お腹をすかしていたようなのですぐにつかまったのだ。

人間には全く慣れてない猫のようで気が狂ったように暴れる。
とても素手なんぞではつかめないのでガーデニング用の厚い革手袋を使う。
しかしこの子猫どうやって家の床下に来たのか謎だ。
私の家は隣り近所は殆どなく、村からも大分離れている。
こんなところに子猫一匹でやって来たとも思えないが、しかしこれだけ慣れてない猫だと誰かが持って来たと言う事も考えられない。

何はともあれ、まず人に慣らしてから里親を今から探そうとおもっているのだが見つからなかったらどうしよう。。。。
この子猫一匹の為、家族は意見が分かれて大変な目に遭っている。
こんな場合皆さんのお宅ではこんな時どうするんでしょうかしら。。。。
by yurikagorose | 2014-01-15 20:24 |

困った....

3日ほど前から床下で猫の鳴き声が聞こえる。
うちの床下は猫達が入る事が出来ないように全部ふさいである筈なのに、いったいどこから入ったのやら。
鳴き声の感じからすると3ヶ月くらいの猫のようだが隙間からちらっとしか見えないのでよく分からない。
うちには既に4匹の猫が今いる。この4匹が庭で闊歩している姿は猫嫌いな人が見たら卒倒するような光景にも見える。
私も以前は猫が可愛いと思い、その子達が亡くなった時にはノイローゼになるかと思う程泣いたけど、この歳になるとだんだん動物に対する愛情も薄らいで来たようにも思える。
それは余りにも猫4匹の世話がに大変なのだ。朝起きたらすぐに至るところにあるすトイレの掃除、そして餌の準備、それから外に出たがる猫を順番に出して、帰って来たらすぐに家の中に入れる。
すぐに帰ってくれば良いがいつまでも帰って来ない子の為にはいつも注意していなければならない。戸を開けておけば他の子達が全部出てしまうし、帰って来た順番に戸を閉めて家の中に入れる。
こんな事の繰り返しなので疲れ果てる。だからと言って4匹を家の中に閉じ込めておくのはもっと大変。外の世界を知ってしまった猫達には至難の業だ。
この寒さの中床下にいる猫はきっと何も食べていないと思うと可哀想で餌を置いてみた。

翌日見るとちゃんと食べてある。と言う事はちょっとした隙間から出たり入ったりしているようだ。
何はともあれ年がら年中泣くので、この猫を外に連れ出さないと家にいる猫達が情緒不安定になり、マーキングを始めた。

c0105306_21433954.jpg

今日は夫が意を決して完全防備で床下に入った。
うちは義母が生前お茶をしていたので、炉を切ってある。
それを持ち上げそこから床下に入る。

c0105306_21434228.jpg

ところが床下は狭くて暗い。呼んだところで猫が来る筈もなく、ただ本人汚れただけのくたびれ儲け。
餌を上げている以上家に居着いてしまう可能性大。。。。
オスならうちの猫達と喧嘩が始まるかも。。。
メスなら他所の猫と交尾して子供を産む可能性もある。

このまま床下に居着いてしまうと困る。

困る

困る
by yurikagorose | 2014-01-10 21:54 | ぼやき

ドライヤー

あれあれと言う間に正月3が日も終わり、昨日からは仕事初め。
今年の正月休みは全く雪に降られずこんな足下の良い北陸も珍しい。
だからと言ってこれからドカンと降るかもしれず喜んでばかりもいられない。

c0105306_16521560.jpg


この間花屋に行った時こんな綺麗な葉ボタンを見かけた。
余りの美しさに本物とは信じ難く触ってみたが本物のようだ。それでももしかして造花?と疑うほどの美しさ。
でも決定的なのは水の中に挿してあったのでやはり本物のようだ。
葉ボタンと言えば冬には欠かせないものだけど、あのごっつい花というか葉と言うか、色気のなさにげんなりだったけど、これなら玄関に飾っても十分綺麗だ。
品種改良って凄い。

話し替わって去年からドライヤーがどうも調子悪く、息子が買ったものを使っていたがなんとも力が弱く何か良いものはないかと探していた。
電気店に行き、いろいろなドライヤーを試しに使ってみたけどなにかピンと来ない。
知り合いに美容師がいるのでドライヤーの事を聞いてみた。
やはりプロが使うものは風力も違うし、温度も違うようだ。
その美容師が美容院を始めた頃に揃えたものは一台が45000円もしたという事でびっくりした。市販のものはそんな高いものはないからだ。そのプロ用でも今では2万円台で買えるらしいので、ネットで検索してみた。
プロ用を使うと一番困るのは重くて使い難いらしいが、探してみたらこんなものがあった。
c0105306_16515478.jpg

メーカーのうたい文句はこんな事が書いてあった。

ロングヘア、髪が多いなど、乾かしている間に腕がだる〜くなってしまうあなたにおすすめ!
重さ520gは、ソリスドライヤーの中で最も軽く、腕を上に上げる際の負担を軽減。
軽いからと言って、バカにしてはいけません。
温風2段階、冷風2段階の調整ができ、1300Wの温風とマイナスイオンが髪を素早く、優しく乾かします。
イオン発生量は、1平方センチメートルあたり1200〜1500万個。
その圧倒的な風量に驚くこと間違いなし!

このうたい文句にふらふらとなり早速注文してみた。
使ってみた感想は
良いと言えば良いが風量は思った程でもなかった。
温度ももう少し熱いものが出ると思っていたがこれもそうでもない。
しかし電器店で売られているものに比べればこちらの方がずっとまし。
値段は本来ならば28000円くらいらしいが半額以下で買えた。
得な買い物だったのかどうかは使いこなしてみないと分からない。。(゚ρ`)ァー
by yurikagorose | 2014-01-08 21:34 | 買い物

めげた

正月は何もする事もなく、夕食の足りない分を買いに外に出たついで久しぶりにウォーキングをしようと外に出てみた。

c0105306_15581938.jpg

ヘリテージは重たそうにもう開きそうもない蕾を沢山付けている。
そんなに頑張らなくていいよ、もう花びらを開ける筈もないんだからさ。

c0105306_15582150.jpg

日本水仙はこの時期いつも雪の重みで折れ曲がってしまうのに、雪がないせいかスックと立っている。
こんな時期に綺麗に咲いてくれる花は貴重品。

c0105306_1622157.jpg

いつも歩いているコースにでてみたが、外はまっ茶色な風景。冬ってほんとに殺伐としています。
なんとか歩き始めたのはいいけど、もう寒くて寒くて、氷のような風が頬に突き刺さる。

c0105306_15581560.jpg

あのにっくきセイタカアワダチソウもさすがに枯れて、残骸だけがさらされ惨めなお姿。
これっていつになったら全部枯れてなくなるんでしょ?

たったの5分ほど歩いただけで挫折。少しだけ陽も射していたので歩けると思ったけど、こんなに寒いとは思わなかった。
又今度の機会にしよう。。。。
by yurikagorose | 2014-01-02 16:07 | 話し

あけましておめでとうございます

c0105306_21561336.jpg

あけましておめでとうございます。
心配していた雪もそれほど降らず、いまでは一昨年になってしまったダイアリーを見ると12月にはかなり降っていたようだ。今年は雪の少ない正月を迎え、このまま降らない事を祈るのみ。
年々おせち料理も手抜きになってきて、と言っても元々凝った物を作っていたわけではないのだが。
こんなに作らない年も珍しいと思える程の量だけで元旦を迎えた。
主人は暮れから冬山に出かけ、テントの中からLINEにメールが来た事に驚く。
何を好き好んで暖かな一家団欒を放棄し、冬山なんぞに行くのかと思うと全く理解に苦しむけど、本人が満足しているのだからとやかく言う筋合いのものでもないのかも。
この日の為に毎日ジムに通い足腰を鍛え、目的を持っての行動が本人の生き甲斐にもなっている。
なにはともあれ無事に帰って来るのを待つより他ない。

ガーデニング熱は年々冷めていき、これも歳のせいと自分でも諦めているが、それなりに美しかった庭を思い出すと今の庭は納得いかないなんてものじゃない。
しかし無理をすれば自分に跳ね返って来る年齢になったのだからこれも諦めるより他ない。

今年もぼちぼちの更新になると思いますがどうぞよろしくお願い致します。
ブログのコメント欄のお返事を書く暇がなかなか出来なくなり、コメント欄は閉じさせて頂いています。
最近はFacebookにアップする事が多いのでFacebookをなさってらっしゃる方がおられましたら、そちらでお話しさせて下さいね。右ツールのブログパーツFacebookからどうぞお入り下さい。
よろしくお願いいたします。
by yurikagorose | 2014-01-01 22:17 | ご挨拶
line

ダイアリー


by yurikagorose
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31