ゆりかごのつぶやき

yurikago1.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

寒い朝

今日はゴミ捨ての日だが、朝起きて外に出ると何もかも凍っている。
c0105306_15233747.jpg

竜のヒゲにも霜が降りてカチカチ。持ってみるとバリンを割れそうだ。

c0105306_15283991.jpg

中庭の雪は少なくなったものの、まだこんな状態。
昼間には大分暖かくなってきたので、今日で大分溶けてくれるかも。

c0105306_15273198.jpg

このところ孫は少し咳が出るので今週保育園を休ませている。
一日家の中にいると退屈で何かさせないと気がまぎれない。
いつもの大好きな園芸カートを雪の中引っ張りだして大喜び。
こんな元気なら保育園を休ませなくても良かったのかもと思うが、かかりつけの小児科医は熱より怖いのは咳といつも脅かされているので、大事を取る。
熱は病気を治そうとして出るから、そのうち下がってくれる。
咳は肺炎などで子供が命を落とす事になりかねないので咳の時は必ず休ませるように言われているのだ。

c0105306_15274747.jpg

買い物に連れて行ったら風船を貰った。こんなものでも子供は大喜びする。

c0105306_15274949.jpg

こんな幸せそうな笑顔を見ると良い環境を後世に残してあげねばと思いますね。
by yurikagorose | 2013-01-31 15:40 | | Comments(10)

ふきのとう

c0105306_1719961.jpg

先日ふきのとうを嫁さんの実家からいただいた。
すぐに天ぷらにして食べてみたけど、どうも私は苦みが苦手。
残りを冷蔵庫に入れたまま忘れていた。
冷蔵庫の隅を片付けていたら出て来たので、これはなんとかせねば。
で、ふきのとう味噌を作る事にした。
これも以前作った事があるけど、なんとも苦かった。
今度は茹でる時に重曹をいれ、茹で上ってから水にさらす時間を長くしたら、大分苦みもなくなった。

c0105306_17191165.jpg

さらしたものを油で炒め、味噌、砂糖、酒を加え練っていく。
とろっとしてきたら、みりんを加えて出来上がり。

うん、今度のは美味しい。作り方が悪いと美味しいものでもまずくなる。
やはり自己流に作らずにレシピを見て作ることですね。

c0105306_1719541.jpg

雪は峠を越したもののまだ道路はこんな状態。

c0105306_17185587.png

この辺りでは子供達の通学は集団登校です。
学年の上の子が先頭に立って小さな子供達を引率します。
こんなグループがいくつも家の前を通るんですよ。
おはよう!と声をかけると
「おはようございます」と返事が返ってくる時もあるけど、無言で通り過ぎる時もある。
照れくさいんでしょうかしら・???

c0105306_1719223.jpg

はい、今日もがんばって学校に行ってらっしゃい!

c0105306_17191757.jpg

昨日煮込みハンバーグを作りました。
煮込みにするとハンバーグが固くならないし、野菜も沢山取るので栄養満点。
見た目も美味しそうに出来上がりました。
これはクックパッドのレシピを参考にしました。
皆さんも是非作ってみて下さいね。
by yurikagorose | 2013-01-29 18:34 | 食べ物 | Comments(16)

春をお届け

日本列島寒波に襲われ、どこを向いても雪の話しでもちきり。
今も外を通る車が雪道を走って通り過ぎるとガサガサと雪を踏みしめる音が聞こえる。
外はきっとすっかり凍っているんでしょう。
あと50日ほどたてば嫌でも春はやってくる。
私にとってはその春が来るのが待ち遠しいやら、辛いやら。
今の怠慢な生活に慣れ切ると、朝も早く起きての雑草取りや水やりが負担なのだ。
趣味を持つ事は人生の生き甲斐にもなると思えるのに、私にとってはだんだん辛い仕事になってきた。
だからと言ってやめる訳にもいかない。
少しずついろいろなものに目をつぶるより他ないのかも。
好む好まざるに関係なく、庭には草花が咲き、雑草は次々と生えてくる。
コンクリートででも覆わない限り、この仕事からは逃げられない。
いつもこのジレンマで悩むけど、皆さんは趣味ってどんなものなんでしょうか?
この雪の中、少しでも春を感じるフォトをお届け。
あっ、指は私の指ではありませんのであしからず!

c0105306_22184661.jpg

by yurikagorose | 2013-01-27 22:30 | 話し | Comments(10)

大雪

c0105306_22132661.jpg

夕べから降り続いた雪が朝起きてみると大分積もっている。
一晩で20センチほど降ったようだ。
しかしすごいところでは1mなんてニュースで言っていたのでこのくらいならたいした事がない。

c0105306_22133366.jpg

孫は私が雪かきをする時に喜んで付いてくる。
完全防備のかっこうによだれかけが笑ってしまうけど、未だによだれが出るのでしかたなし。
私たちが使っているスコップ達を触りたがるのでこの間子供用のスコップを買ってもらったので大はしゃぎ。

c0105306_22133698.jpg

ところがこれだけ積もっていると手に雪が付いてなかなかうまくいかない。
私たちは手袋をはめているのに孫には手袋がないので冷たくてかわいそうだった。
鼻を真っ赤にして、鼻水ずるずると垂らしてそれでも遊んでいる。
子供はほんとに強いです。

c0105306_22272073.jpg

話し替わってこれはiPhoneに入れたゲーム。
なめこを栽培するというアプリなのだが、これに結構はまっている。
うたい文句は、 世界初!本格なめこ育成ゲーム!! みんなのアイドル「なめこ」が夢見ていたもの…それは「増殖」、つまり仲間をいっぱい増やすこと!

こんなばかばかしいものにはまってる自分がおかしいけど、なめこも何十種類もあって、つぎつぎと個性的ななめこが現れて笑わせてくれる。
嫁さんも同じものを入れているので、どこまで行ったか毎日確認し合ってお互いに納得するやら笑うやら。
ゲームと言っても無料だし、これの攻略サイトまで出ているのにはびっくりするが、たまに覗いてみたりしている。
誰かも書いていたけど、なめこを毎日見ているとだんだん愛おしくなってきたりもする。(笑)
by yurikagorose | 2013-01-26 22:30 | | Comments(10)

天神様

今日は「天神おくり」と言って天神様をしまう日だ。
c0105306_1111330.jpg

私なんぞは都会育ちなので、そもそも天神様なるものが一体何なのかさっぱり分からなかった。

福井県や富山県では、長男が誕生するとそれ以後の正月、床の間に天神像(木彫や掛軸)を飾り、福井では1月25日にカレイを供える風習がある。
この掛軸などは、母方の実家から送られる。これは幕末の頃に教育に熱心であった福井藩藩主松平春嶽が領民に天神画を飾るよう推奨し、それを富山の薬売りが広めたという説がある。(Wikipediaより)

以前にも書いた事があるが、富山県というところは嫁の実家からありとあらゆるものを送ってくる。
娘が産まれれば雛人形、長男には五月人形や鯉のぼり、そしてこの天神様。そして孫に関わるもの一切合切。
富山県で娘が産まれたら身上がつぶれるんじゃないかと思うほどだ。

天神さまは木彫りのものが一般的だが、うちには義父のもの、夫のもの、息子のものとあるので飾りきれないし、ここ最近は飾った事もないので、どこにしまってあるのかもわからなくなってしまい、開けた事もない。
しかし孫のものは飾らないわけにはいかないので、正月前に飾る事にしている。
飾り方もよくわからないのでいい加減に飾ってあります。
お頭付きの鯛を飾るらしいのですが、最近では蒲鉾を利用するお宅が多いです。それでこの間からスーパーに沢山売っていたんですね。仕方なしに私も買って来て供えましたよ。
知り合いは生きたカニを供えてカニが床の間からいなくなって違う部屋を闊歩していたという話しをこの間聞いて大笑いしました。
しかしこの写真の鯛の飾り方が違うのだそうです。私たちに向かって飾ってはいけないそうです。
天神様に食べていただくお供えなので、鯛は天神様に向かわせないといけないそうです。
間違って置いてありますので、ご注意を。

c0105306_1111450.jpg

今日25日は天神様がお帰りになる日なので、午前中に全部しまわなければいけません。午後になると天神様が向こうの世界(いったいどこ?)に帰ったら満員になって入れなくなるなんておかしな言い伝えがあるんです。孫はいったいこれは何?みたいな顔をして見ています。先ほど夫と嫁と私と3人で全部収納してホッと一息です。
お頭づきの鯛の蒲鉾は今日いただく事にしましょう。
by yurikagorose | 2013-01-25 11:35 | 風習 | Comments(10)

立山連峰

今日は週に2回ある水中ウォーキングの日だ。
お昼に終わって外に出ると信じられないくらいの小春日より。
おまけに向こうを見渡すとはるかかなたに立山連峰がくっきりと見える。
こんな日は年に数回しかない。
陽気につられて今日は海へ行ってみるとしよう。
そしてやってきました、雨晴海岸。(ここは高岡市になります)

c0105306_1625831.jpg

これを見たかったんです。素晴らしい景色でしょう。
海の彼方に山が見えるというところは世界でも数カ所しかないそうですが、ここはその数カ所の一つです。
氷見は日本で海越しに3000m級の山々を望められる唯一の場所、世界でもこことチリの2箇所しかありません。とはいっても、実際に見られるのは1年のうち50日程度。氷見市の看板によると「海面に望む世界三大景観」は、レマン湖より見るアルプスとアメリカ西海岸より見るロッキー、そして氷見海岸より見る立山連峰だそうです。
こんな良い天気につられてカメラマンが沢山。
みんなすごいカメラを持って、三脚を立てて撮影しています。中には女性の姿も見えます。
しかしここだけの写真を撮るのばかりではなさそうです。
ここは雨晴(あまはらし)と言って結構有名なスポットなんです。
そこで浮かれたついでに駅にも行ってみました。

c0105306_163268.jpg

とても小さな駅ですが、「雨晴」の名は、京都から東北へ逃亡する源義経が、この近くの岩陰(義経岩)でにわか雨が晴れるのを待ったことに由来すると言われていて、駅名の縁起が良いことから、かつては記念入場券の販売を行っていたようです。

c0105306_163491.jpg

そう、そしてこのアングルです。
線路の向こうの海の向こうにはくっきりと立山連峰が見える絶景です。
c0105306_1631268.jpg

そうこうしている間に電車がやってきました。
c0105306_1631416.jpg

ローカルですね、2両編成です。私はこの電車には乗った事がないですが、娘は毎日これに乗って通学していました。降りる駅は無人駅、そこから学校に通っていました。
c0105306_1631721.jpg

電車には漫画やら、なんだか遠目で見るとわけのわからない絵が描いてあり、結構派手です。

c0105306_1631974.jpg

海も見たし、山も見た。ついでに電車も見たので満足しての帰り道、こんな神社をみっけ。
ここは松太枝浜海水浴場のすぐそば。ここの海水浴場は整備されているので子供の小さい時よく来たものです。
この海水浴場は 能登半島国定公園に指定された地域にあり、雨晴海岸から松田江の長浜(氷見市)までは白い砂浜と松の林が890mつづく景勝地で、「日本の渚百選」の一つに選ばれているんですって。
この神社は何かご利益でもあるのかしら?

c0105306_1631570.jpg

立派なお馬さんが奉納されていました。
by yurikagorose | 2013-01-24 16:21 | お出かけ | Comments(11)

猫三昧

c0105306_21415623.jpg

うちには4匹もの猫がいるので、ペートシーツの使用量も半端じゃない。
このシーツの売り出しのときには大量買いをする。
このほか猫缶もまとめ買いなので、ホームセンターの店員は
「この人猫のものしか買いにこないんじゃない?」と思っているかも。
猫の缶詰の他に病院で買っているフードもあるので、猫にかかる月の金額はいくらになるのか考えただけでも恐ろしい。
病気にでもなれば病院代も目ん玉が飛び出るほどの金額を取られる。
嗚呼・・・・・・・ペットって、ペットって・・・・

c0105306_2142925.jpg

アイはお気に入りの生徒の時はいつの間にか生徒の隣に座って、され放題。
c0105306_21421742.jpg

レッスンが終われば遊んでもらって大満足。
しかし不思議なんですよね、どこでお気に入りの生徒を見分けているのか。

c0105306_21422265.jpg

黒猫チェリンは夫の腕の中でうっとり。
夫は気違いが付くほどの猫好き。
私なんぞは猫好きと言っても夫の100分のⅠほどかも。

c0105306_21422457.jpg

こんな格好で寝ているのを見て夫もうっとり。
私なんかこんなの見ると「ばっかじゃない?」って思うんだけどね。
パソコンするのに邪魔でしょうがないって思わないのが不思議。(爆)
by yurikagorose | 2013-01-22 21:54 | | Comments(8)

笑った

先日友達のところに置いてあった本「シルバー川柳」。
思わず吹き出したのがこれ。
c0105306_13485956.jpg

吹き出したあと多いに頷いてしまった。
これってほんとの話しなの。
病院で長い間待たされて、最後に下った病名が「加齢です」って言われたら返す言葉がない。
わかっちゃいるけど、もうちょっと他のいい方ないの?
しかし私たちにとってもっとわけの分からないものは
自律神経失調症、ストレス
これを言われるとぐうの音も出ない。。。。

この間ファンシーショップに行ったらこんなもの見つけた。
c0105306_1349289.jpg

「アカパックン」
「浴槽内のしつこい汚れを軽減」と書いてある。お風呂の中にいれておくだけで、身体から出てくる脂分を吸着。
浴槽内に付く湯あかを軽減出来、そうじも楽になると書いてある。

c0105306_1349434.jpg

こんなものをお風呂にぷかぷか浮かせておくだけで皮脂分をどんどん吸い取ってくれるので、あとに入る人が綺麗なお湯のままでいられるという事だ。
まだⅠ、2回しか使ってないので効果はよく分からないけど、200回使える。
これの洗濯機に入れておくものもあるらしいので、使ってみて良ければそっちも買えばいいかも。

c0105306_1349552.jpg

今日は朝から曇っていたが、今になってまた小雪がぱらついて来た。
今週は又降っては止みを繰り返すのかもね。
昨日孫と一緒に作った雪だるま。
久しぶりにこんなものを作ったけど、案外難しい。雪はさらさらと落ちて来てなかなか丸くなってくれない。孫は可愛いスコップでちょっとだけ雪を運んで来ては乗せている。
最後は雪だるまに見えるように必死になって作ってやっと完成!アハハ!
by yurikagorose | 2013-01-20 14:06 | 買い物 | Comments(18)

ながらも

ながらもの季節がやって来た。
と言ってもながらもとはいったい何ぞや?
氷見に住む人以外は殆どしらないのかも知れない。
c0105306_2371714.jpg

私もここ数年前は知らなかったんだけど、こんなものを売っている事を知り合いから教わったのだ。

これは海藻で氷見浜に1月2月だけに出回る。
茶色だったものをサッと茹でると鮮やかなグリーン色になり、これを包丁でとんとん叩いてぬめりを出す。
そしてこれを三杯酢などかけて食べる。
もずくとよく似た感じのものだけど、もっと噛み応えのあるものと思って良い。
値段もとても安くて今日買って来たものはざる一杯でも300円くらいだ。
こんな海の幸を食べられるのは幸せ・・
詳しい事はこちらを。
by yurikagorose | 2013-01-18 23:17 | 食べ物 | Comments(5)

小春日和

c0105306_21484624.jpg

2日ほど前に関東地方では雪が降り、その雪による事故や怪我などのニュースで朝のワイドショーは持ち切りだ。
こちら北陸からみればちゃんちゃらおかしいほどの積雪量でも、備えのないところにとっては大惨事につながる。
普段雪の降らない地方の人にスタットレスタイヤを用意しろと言っても置いとく場所さえない。
都会の人達は長靴さえ持たない人が多いけど、雪の降っている時にハイヒールは無謀としか思えない。
事故に遭ったり、怪我した事のない人達にとっては怖いもの知らずで私たちから見れば事故が起きても不思議ではない。

そんな大雪のニュースが流れる中、どうしたわけかこちらは小春日よりの良い天気になった。
海は穏やかで風もなく、ちょっとそばまで行きたくなる。
結婚する前にこちらの海に冬に来た時は恐ろしいほどの波の高さで震え上がったけど、こんな穏やかな時もある。

c0105306_21484813.jpg

こんなに良い天気なのに海の向こうに立山は見えず残念。海の向こうに山が見えるという景色は世界でも数カ所しかないらしいけど、私もたまにしか見た事がない。

さて、話し替わってこちらのスーパーのリサイクルコーナー。
c0105306_21485081.jpg

こちらではどこのスーパーでもこんなコーナーがあり、牛乳パック、アルミ缶、ペットボトル、食品トレーを回収する。
スーパーに行く度に持って行くので家にはこれらのものは置いておかない。
こちらではスーパーで買い物をしてもプラ袋はもらえないので、皆買い物かごをぶら下げて行く。
以前TVで富山県は買い物袋の普及率が一番と言っていたのを聞いたが、何せ袋をくれないので、持って行かざるを得ない。

c0105306_21485236.jpg

今日はめでたい日でもないのに、かまぼこコーナーにこんな可愛い鯛とカニのものを売っていた。
だからと言ってこんなものを普通の日には買わないし、この毒々しい色が苦手だ。
よく都会の人のお土産にこれを持って行くと聞くけど、本音で言えばほんとに喜んでいるんでしょうかしら?
こちらでは結婚式にばかでかい鯛の蒲鉾を引き出物としてつける風習があるけど、都会の人達がこれを貰うと喜ぶどころか重さと大きさ、持って帰ったところで食べられる訳もなく、駅のゴミ箱に捨てて行くという話しを聞いた。
一個数万円もする蒲鉾でもいらない人にとってはゴミと同じなんでしょうね。

c0105306_21485589.jpg

いま、これが旬のようで、タラの白子に真子、結構安い値段で売っている。
私は料理がどうも苦手なので、これの美味しい作り方を知らない。
真子はタラの刺身にこれを粉々にしたものをまぶして、甘塩っぱい醤油で食べる。
これは美味しいけど、自分じゃ作った事がない。
これは富山県独自の料理法なんでしょうかしらね・・・
by yurikagorose | 2013-01-16 22:18 | 話し | Comments(16)
line

ダイアリー


by yurikagorose
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー