ゆりかごのつぶやき

yurikago1.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:猫( 70 )

ネコの日

今日2月22日はニャンニャンにちなんでネコの日。
どうもゆりかご家にはネコがいるらしいとは思っても、いったいどんなネコがいるのかうろ覚えだと思うので今日は一挙後悔、いや公開です。

c0105306_2175535.jpg

まずは一番年長のアイ(オス)。家に来てからもう12年経ちました。
この子はマックという兄弟がいたんですが、2004年に交通事故でなくなってしまったんです。
知り合いから貰ったんですが、ほんとは一匹もらう筈だったのに、2匹が寄り添っているのを見たら、離すのが可哀想で兄弟で貰いました。2匹とも穏やかな性格でほんとに可愛い兄弟だったのに、1匹になってしまった時は泣けました。。

c0105306_218021.jpg

お次はアメショーのプッチ(オス)。
うちに来てから10年です。この子は唯一お金を出して飼った子なんですが、話せば長くなるんですが、この子が来る2年程前に捨て猫のアメショーを保護しました。
そのアメショーの子はピアと名付けたんですが、とても活発な子でいたずらがひどくて大変なんてもんじゃなかったです。ところが飼ってみるとすごく人なつこいのと可愛い性格にめろめろになり、ほんとに可愛いいなんてもんじゃなかったです。
それがだんだんお腹が膨らんで来て元気がなくなり、医者に見せた時はもう手遅れ、黄疸でアッという間に死んでしまいました。その前から医者には数回かかっていたし、数日前には去勢手術の予約まで入れていたのに、なんとなく虫の知らせでキャンセルしたところだったんです。
あんなに可愛かったピアがいなくなってほんとに気が狂わんばかりに泣きました。
初めて飼ったアメショーがいなくなり、そのトラウマで次に又アメショーのノンちゃんを買いましたが、この子もすぐに逝ってしまいました。
このプッチはアメショーの3代目。こんなに長生きしてくれた子はアメショーでは初めてです。
この子もうちでは一番の甘えん坊。すぐ膝の上に来たがり、テーブルの上にもよじ登り、お客さんがくればすぐに出て来て愛想を振りまく子です。

c0105306_218487.jpg

お次はチェリン(メス)。この子はユジンと一緒に9年前にうちの近所で保護しました。ほんとはもう1匹、ミニヨン(オス)がいたんですが、貰われて行きました。
ユジンは短毛なのに、チェリンは真っ黒でふさふさの毛の上におデブ。同じ兄弟とは思えません。
拾った時から一回りからだが大きくて、うちでは一番の大食漢。性格はおっとりして我関せず。一番警戒心が強いのは野良猫の親に育てられていたからでしょうか。

c0105306_218730.jpg

はい、こんな姿で失礼。チェリンの兄弟のユジン(メス)です。この子はすばしこくてスリム。チェリンとは大違い、とても兄弟とは思えません。うちでは一番お行儀も良く、この子が匂いを嗅いで他の猫の粗相を教えてくれる事があります。他の子がトイレをして汚していたら一生懸命に隠そうとトイレを引っ掻き回すので笑っちゃう事があります。

多い時には5匹いた時もあるけど、今は4匹。この子達の天寿を全うするまで可愛がってあげたいと思います。

番外編
c0105306_2181048.jpg

ボクはソーセージは好きじゃないです。(゚ρ`)ァー
by yurikagorose | 2014-02-22 21:57 |

先日の子猫

1月14日に捕獲し、22日に貰われて行った子猫の写真が送られて来た。
c0105306_19545236.jpg

ノスタルジックなストーブの前でぬくぬくと幸せそう。すっかり家人に慣れて家の中を右往左往と飛び回っているようで、新しい買い主も可愛くてしょうがないようだ。
野良猫の子供は親と一緒にいる限り絶対に人間には慣れないけど、親がいなくなれば人間の温もりがすぐに分かる。

c0105306_2042745.jpg

こんなものも作ってもらって可愛がられようがすぐわかる。
良かったね、チロ。ここで天寿を全うするまで可愛がってもらうんだよ。

c0105306_19552642.jpg

うちの黒猫ユジンは戸を開けるのの名人。押し入れを開けて物色中。
ユジンはどんなに重たい戸でもすいすいと開けるので困り果てる。
一番困るのは夏場の網戸。
網戸なんぞやお手の物、おかげでうちの網戸は全部ガムテープでくっつけてあるので、開けるのに不便でしょうがない。

c0105306_2093939.jpg

それに引き換えアメショーのプッチは一番芸なし。
戸を開けるなんて事は一切出来ないし、ただ戸をひっかくだけ。
おかげでうちの戸は爪の跡だらけだ。
入って来た場所も覚えてないのか出たくても出られずあきれ果てる事が多いけど、客受けは一番良い。
お客さんが大好きですぐに寄って来て愛想を振りまく。
ほんとに調子良いネコですわ。。

c0105306_1956453.jpg

今日は友達のおしゃべりの日。いつも決まって行くのはミスタードーナツ。
ふわふわのドーナツはいくらでも食べてしまうので近づいては行けないんだけど、やはり魅力には勝てないんですよねぇ。
ここでおしゃべりをすればコーヒーは飲み放題、おしゃべりし放題、ドーナツは選べるし、こんな良いところはないですね。

c0105306_19553091.jpg

稜介とりりかは珍しく一緒に遊んでいます。稜介のブロックをりりかが触ると怒るんですが、こんな風に仲良く遊び時もあります。
by yurikagorose | 2014-02-09 20:20 |

アイ

c0105306_1614366.jpg

サバイバルのアイは外に行くとなかなか帰ってこない。心配になる時があって何回か家の中に閉じ込めたけど、マーキングがひどくて根負けした。

c0105306_1614437.jpg

レッスン中には自分で勝手に戸を開けて入って来るので困る時がある。
猫好きの生徒ならいいけど怖がる子が結構多いのだ。
この子達は双子の姉妹だけど姉の方は怖がるのに、妹は猫が大好き。
同じ環境で育っているのにふしぎですね。

c0105306_1614691.jpg

生徒のいない時はピアノの上に乗って、黒猫チェリンとまったり。つかず離れずの関係です。

c0105306_1614724.jpg

チェリンは毛がフサフサしているので、どこが顔なのかわからないほど。
同じ親から生まれたユジンは短毛で活発。

c0105306_1614857.jpg

これはアイのしっぽ。ふとっ!
by yurikagorose | 2014-01-27 15:39 |

きまりました!

先日から子猫の里親探しに翻弄されていたが、やっと決まりホッと一息つけた。
里親募集のサイトに登録しておいたところ、すぐに何件も照会があり、アッという間に決まった。
あんな里親募集サイトがあるのも知らなかったし、見るのも初めてだったが、こんな可愛い猫が里親募集?と思うような写真が沢山あってびっくりした。
捨て猫や飼い猫、そして事情があって飼えなくなったなど理由はさまざまだ。
猫好きの方達がこんなサイトをのぞいてみて、ペットショップに行くのならここから決めてあげればどんなに良いのだろうとも思う。

サイトに登録もしたが、ポスターを作ってスーパーやホームセンターなどに何軒も貼らせてもらった。皆断られるかとも思っていたが意外と殆どのところが快く承諾してくれ、中には2つある入り口の両方に貼らせてくれるところもありほんとに有り難かった。
こんなところはいつも買い物をしていなくてもこれから利用させてもらおうなんて思ってしまう。。。

猫里親募集サイトからの問い合わせが来てトントン拍子で決まったのが同じ氷見市に住む60代の方。
ずっと猫は飼っていたが数年前に死んでしまい、又是非にとの応募だった。保健所でも聞いてみたが今は子猫の時期ではないと言って断られたという事だ。
家は60代の奥さんと80代のお婆ちゃんの2人暮らし。
家は猫が交通事故なんぞにあうなんて事は滅多に無さそうな山奥。

c0105306_21382743.jpg

捕獲したのが15日の日なのであれから一週間。子猫も大分懐いて可愛くなった。

c0105306_21381286.jpg

おっかなびっくりで新しい飼い主にだっこ。

c0105306_21383288.jpg

子猫はよく動くので鈴をつけていないと踏んづけたら大変。私の家の子猫が使っていた赤い首輪をつけてあげた。

c0105306_22172244.png


さあ今日はミーニャちゃん(嫁がこんな名前をつけていた)ともお別れ。
孫はここぞとばかり触りまくる。夫は子猫がいなくなるのでウルウル。。
新しい飼い主のもとで元気に育ってね。
今度会う時があったら私たちのこと、分からないんだろうなぁ・・・寂しぃ。。。(〒_〒)ウウウ

追記
こんな子猫がどうやって私の家の床下に来たんだ?とすっごく不思議だった。
c0105306_21574839.jpg

時を同じくしてこの野良猫が家にやってくるようになった。
野良猫にしてはすごく太っていて栄養満点なのだが首輪はしていない。
ここは子猫が入っただろうと思われる狭い入り口があるところ。(箱の左奥の方)
夫は可哀想に思って段ボールの箱を発泡スチロールの中に入れて完全防備な小屋を作った。

c0105306_21574479.jpg

私たちがそばに行くと離れていくので野良猫だと思うのだが。
どういうわけかここを離れない。

c0105306_21575192.jpg

よく見るとすごく可愛い顔をしている。

そしてこの猫の目撃者からの情報が入った。
この猫が白い子猫を連れてどこやらを歩いていたらしい。
( ̄▽ ̄;)!!ガーン
という事はこれは親猫だったのか!
私達ってほんとに鈍い。そんな事考えてもみなかった。
親猫が子猫を連れて私の家をうろうろしていたら、隙間があってそこから子猫が床下に入ったのだ。
ところが親は狭くて入れない。そのうち子猫はミャーミャーと鳴く。
子猫は入ったところから出ようと思えば出られるのに出て来ない。
それで親猫がここで番をしていたようだ。なんという親の愛。寒い中ずっとここに座っていたのは子猫を待っていたのだ。
私たちはここの入り口に餌を置いておくと、この親猫が食べてしまうので仕方なしに家の玄関の下を少し破ってそこから餌をあげていた。
餌を貰えるので子猫は益々出てこないのだ。
しかし捕獲器で子猫を捕獲して部屋の中に入れたら親猫は安心したのかいつの間にか消えた。
不思議ですねぇ。この親猫は他にも子猫がいるんでしょうか、又連れて来ないように祈るばかりです。(゚ρ`)ァー
by yurikagorose | 2014-01-22 22:22 |

床下猫その後

床下猫はとうとう縁の下に居着き出て行く気配もなく、ミヤーミヤーと泣き叫ぶ。
狭い入り口付近に餌を置いておくとなくなっているので、子猫が食べているものと思い安心していたら、どうやら他所の野良猫が来てそれを食べてしまっていたようだ。

そのおかげでもう一匹野良の成猫までが居着くという羽目に陥った。(゚ρ`)ァー
しかしその野良は丸まると太っていて、どこかで餌を貰っているに違いないのだけど。

猫好きの夫は仕方なく玄関下の床を少しだけ突き破り、その子猫用にそこに餌を与える事にした。
床下入り口は狭くて成猫は入って来る事は出来ないので子猫はそこに置いた餌を毎回全部平らげてある。

しかしその子猫もいつかは大きくなるのだから、こんな事をしていたら終いには床下から出て来られないようになる。
意を決して猫捕獲器を貸してくれるところがないものかいろいろあたってみた。
保健所に聞いても殆どのところは持っていないし、市役所などに聞いてみると猫を捕獲してどうするのかと疑われてしまう始末で腹も立つ。

最後に聞いてみたボランティア団体でやっと貸してくれる事になった。

c0105306_2061429.jpg

最終的には買わなきゃならないのかもと思っていたがやっと借りられてホッとする。
結構大きなものだがなるほどうまく出来ている。
餌を奥に置き、猫が入って来ると猫の重みで入り口が閉まるようになっている。
仕掛ける事1時間程で白い子猫がつかまった。推定するに3ヶ月くらい。
お腹をすかしていたようなのですぐにつかまったのだ。

人間には全く慣れてない猫のようで気が狂ったように暴れる。
とても素手なんぞではつかめないのでガーデニング用の厚い革手袋を使う。
しかしこの子猫どうやって家の床下に来たのか謎だ。
私の家は隣り近所は殆どなく、村からも大分離れている。
こんなところに子猫一匹でやって来たとも思えないが、しかしこれだけ慣れてない猫だと誰かが持って来たと言う事も考えられない。

何はともあれ、まず人に慣らしてから里親を今から探そうとおもっているのだが見つからなかったらどうしよう。。。。
この子猫一匹の為、家族は意見が分かれて大変な目に遭っている。
こんな場合皆さんのお宅ではこんな時どうするんでしょうかしら。。。。
by yurikagorose | 2014-01-15 20:24 |

こんなもの

c0105306_21514620.jpg

これはいったいなんでしょう?
話せば長くなるけど、数ヶ月前に足下がなんだか痒くてしょうがない。
痒い筈だ、大分虫に刺されている。
近いところをプツプツと2カ所喰われているのが数カ所ある。
これは典型的にノミに刺された症状だ。

うかつだった。
うちには4匹もの猫が外と家とを行ったり来たり、ノミがいないなんて事はないのだ。
猫達を次々と調べてみると大分ノミがいて、びっくりした。
今まで何回かはノミが付いた事があったけど、不思議とうちの猫にはノミがあまり付かなかったのだ。
これは一大事、猫も可哀想だけど、私も可哀相。
痒くて痒くて死にそう、不思議と夫や息子、孫たちには被害がない。
しかし嫁も数カ所刺され始めた。
ノミは刺す人間をどうも選んでいるようだ。

ネットでいろいろ調べ始めるといろんな事がわかった。

脚を中心に刺される
基本的にヒザ上は刺されない
刺された斑点が付近に連続している
気が狂うくらい、痒い

うちには猫が4匹もいるのだから刺されて当然と言えば当然だけど、中には動物も飼ってないのに、中古のソファーを買って来たらそれにノミがいたようで、退治が出来なくて困っているなんて相談も載っていた。
一回ノミが繁殖すると、絶滅させるのは至難の業のようだ。
ノミはバルサンやキンチョールなどに薬は全然効かない。

うちではたまに動物病院に行っているのでその時にはノミがいるかどうか調べてもらっている。
この間行った時にはいなかったのだから急にくっついたようだ。
一匹の猫にノミが付けば4匹全員につくのは時間の問題だ。
最近では猫や犬についたノミはフロントラインという薬を使えばⅠ〜2日で絶滅させる事ができる。
この薬は動物の首筋に数滴垂らすだけで、付いていたノミが全員死ぬんですから凄いです。
この薬を定期的に一ヶ月に一回くらいしていればノミは退治できます。

そこですぐにネットでこのフロントラインを買って猫につけたところ、あれよあれよという間にノミはいなくなりました。

どこかに書いてあった情報には笑ってしまったけど、ノミを退治できない人はどこかで猫を借りて来て、このフロントラインを付けて2〜3日家の中に置いておけば絶滅できるとありました。家にいるノミは当然の如く動物に付くのですからこれが一番てっとり早いでしょうね。
そのくらいこのフロントラインという薬は効くのです。
しかし猫を貸してくれる人なんてそうそういないでしょうね。(笑)

それで最初の写真に戻ります。
これはいったい何かというとこれもノミや虫を退治するものです。
洗面器に水半分とコップ半分くらいのお酒を入れ(ちょっと勿体ないので料理用の酒を使ってます)、食器用洗剤を数的入れ、蛍光灯で照らしておくとノミや虫が集まって自滅するようです。(蛍光灯が肝心)
高い位置に置かないで床に置いておいた方が良い。


始めのうちは早速ノミが数匹死んでいました。
そのうち、いなくなったと思ったら、違う小さな虫が入るようになったんです。
例えば今の時期、一番腹の立つのがコバエ、あれは殺虫剤もあまり効かないし、ハエたたきも小さすぎて退治できないですね。
この方法で夜間、蛍光灯で照らしておくと退治できなかったような小さな虫が沢山入っています。
うちでは殆どの窓は網戸が入っていて虫の入る隙間はないと思えるのに、こんなに沢山いたのかとびっくりするほどです。
夏場、虫に悩まされている人はこの方法は効くし、公害もないので、是非やってみて下さい。

c0105306_21544349.jpg

ノミなんぞの悩みはどこ吹く風、黒猫ユジンとアメショーのプッチは仲良し。
by yurikagorose | 2013-08-23 22:30 |

やれやれ

毎朝私が起きるのを猫達は待ち構えている。
少しでも音がするとどこからともなく4匹の猫達が飛んで来て、開けたドアから今日は何をして遊ぼうかとも思えるような仕草で1匹ずつ出て行くのだ。

ところが一番先にいつも出てくるアイが来ない。
あれ?アイは?
そう言えば昨日は田んぼにでも落ちたのかドロドロになって夜遅くに帰って来たらしい。
夫は猫を入れる当番なので猫に招集をかけるのだが皆気まぐれでなかなか帰って来ない。
一番簡単なのはアメショーのプッチ。
もともと外があまり好きじゃないのか呼べばすぐに帰ってくる。
というかあまり外にいない事が多いので家の中を探した方が早い。

c0105306_13535112.jpg


黒猫姉妹のユジンとチェリンは夜遅くなると外からニャーニャー泣いて、開けてくれと催促するのでこれも簡単。

一番の問題男はアイ。
かなり遠出をしているようでなかなか帰って来ない。
諦めて戸締まりをして寝る事も多い。
と言ってもうちは納屋があるので、家が閉まっていれば納屋で寝ているのかも知れない。

アイは昨日はあまりの汚さに夫は風呂に入れて洗い、それからドライヤーで乾かして寝たようだ。
今日は廊下にうずくまっているし、餌も食べない。
これはおかしい。。。。。


早速病院に連れて行った。
ここのところ何やかんやと病院の世話になるのはアイが多い。
案外空いていたので順番はすぐに来た。
おしっこを取り、血液検査もして、結果はやはり猫同士喧嘩でもした模様。
腕が少し腫れているとの事だが、見た目にはちっとも分からない。
筋肉の炎症というCPK、GOTという数値が高くなっていた。
抗生物質を貰ってやれやれ。
かかった費用は14700円。
これってなんとかならないんでしょうかねぇ。。。

c0105306_13565530.jpg

by yurikagorose | 2013-08-13 13:57 |

ちょっとちょっと!

c0105306_16533544.jpg

サバイバルのアイがさすがに暑かったのか早い時間に外から帰ってきた。
で、どこで涼んでるかと思えば私のベッドの上。
ちゃっかり私の枕の上に頭を乗せて堂々と寝ている。
今、外から帰ってきたばかりの汚れた身体でベッドの上に乗るんだからたまりませんな。(-_-;ウーン
c0105306_16533651.jpg

最近少しだけカナブンも減ってきたような気がする。アンブリッジローズが無傷なんだもの。
by yurikagorose | 2013-08-04 16:42 |

そこ僕の席なんですけど

c0105306_17304172.jpg

りりかにミルクをあげているといつの間にかプッチが割り込む。
いままで3匹アメシヨーをかってきたがどの子も甘えん坊で抱っこが好き。人懐っこさでは天下一品だ。

c0105306_17304594.jpg

マトリカリアはどこからでも出てきて困っていたのに、いつの間にか消滅。これも去年苗を買ってきて植えた。今度は大事にしなきゃね。
by yurikagorose | 2013-06-21 17:20 |

ここはプッチの水飲み場?

c0105306_16213198.jpg

えっちらおっちらとやって来たプッチ。
c0105306_16213218.jpg

何か問題でも?


ピンクメィディランド
c0105306_16213313.jpg

c0105306_16213344.jpg

一重の可愛いバラ。

c0105306_16213444.jpg

ベロニカピンクファッション
by yurikagorose | 2013-06-06 16:13 |
line

ダイアリー


by yurikagorose
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31