ゆりかごのつぶやき

yurikago1.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:多肉植物( 5 )

ムーンライト

c0105306_11031113.jpg
今年も忘れずに孔雀サボテンのムーンライトが咲き始めた。このサボテンは母のところに植えてあったものを大分昔に一節持ち帰ったものだ。母はこんなものを持っていた事すらすっかり忘れてしまって、実家には鉢植えすらない。きっと腐ってしまって捨てたんだろう。
孔雀サボテンや月下美人など昔は沢山育てていて、花の咲く頃は芳香に包まれ見事な花が楽しめたけど、余りの繁殖ぶりに辟易し、皆処分してしまった。
残してあるものと言えばこのムーンライトだけ。これは比較的葉が細いので扱い易いと思い、残したのだが、それでも四方八方に広がる葉は狭いお宅では扱いに困るかも。

c0105306_11031840.jpg
花の大きさは約7センチくらいだとは思うけど、ごらんのように行儀悪く葉が広がる。
この花が咲くと家の中は香りで包まれ、一輪開いたのも分かる程良い香りだ。この大きさだと冬場に家の中に入れるのは限界なので来年は又コンパクトに切り詰めねば。
しかし花のない冬場に次々と咲いてくれるので有り難い事だ。

c0105306_11025731.jpg

今の時期と言えばどこでも菊が咲いているが、私の家でもこの菊が毎年咲いてくれる。これは鉢植えにしてあるので比較的綺麗に咲いてくれるけど、地植えのものは葉が枯れ込みどうも芳しくない。
菊なんか、、、と思う気持ちはあるのに、こうして咲いてくれるとやはり1年待った甲斐があると思うから不思議だ。

c0105306_11030397.jpg
名無しのミニバラがひらひらの花びらで楽しませてくれる。ミニバラと言っても1m四方に広がり、高さも同じくらいある。随分と昔に植えたバラで名前も分からないけど、1年中絶え間なしに咲いてくれる優れもの。

c0105306_11032388.jpg
今年畑に植えたバジルのちび苗が畑にうじゃうじゃあるので、夫は鉢あげして冬越しさせようという魂胆。私もこんなものを冬越しさせた事はないので、出来るかどうか定かでないけど、そもそもこんな事をする意味があるの?って聞きたくなる。
バジルと言えば夏場のトマトに添えてうちでは食べる。その他の使い途と言えばスパゲティに散らす程度。
冬場はトマトもないし、スパゲティもたまにお昼に食べる程度。
夏になればまた畑にじゃんじゃん出て来るのに、こんなものを冬越しさせる意味がないのでは?
.....と言っては身も蓋もないので、夫の気が済むまで様子を見るとしよう。。。。

by yurikagorose | 2014-11-07 11:21 | 多肉植物

多肉植物の挿木

今日も朝から晴れているけど、蒸し暑さはないのでとても楽。
このまま梅雨明けしてくれたらどんなにいいかしら。

昨日は初めて本格的に多肉植物の挿木に挑戦。
と言っても今迄も小さな鉢に植えたりしてやってはいたけど、どうも綺麗にうまくいかない。
ではキチンとやってみようかという気になった。

c0105306_210713.jpg

出しましたるは種まきトレー。
ガーデニングを始めた頃はこんなトレーセットをいくつも揃え、種まきに凝っていた。それもイギリスからの種を注文することが多く、成功した時にはとても嬉しかったものだ。
今となったらそれも飽きた。種まきするとどうしても沢山苗が出来過ぎ、欲しい数だけ園芸店で買ったものでも良いと分かった。余程珍しい品種となると売ってないので、やはり種から育てないと駄目だけど。

c0105306_2155065.jpg

はい、そこにサボテン用の土を入れた。ほんとは多肉用の土が欲しかったけど、売っていなかったのでこれで我慢。

c0105306_21645100.jpg

徒長しすぎた多肉の葉や茎をそこに置いてみた。すぐに植えたくなるけど、ここが我慢のしどころ。切り口を乾かさないと腐って来るので発根するまで放っておく。
今迄月下美人や孔雀サボテンなど沢山育ててきたが、あの葉もすぐに植えたくなるけど、何週間も放っておいて乾かさないと駄目なのだ。
以前知り合いに挿木用にあげたことがあるけど、その人は植えるのを忘れていて、何ヶ月も置きっぱなしにしていたらしいが、ちゃんと発根したそうだ。
さぁ、これでうまくいくかどうかお立ち会い。乞うご期待ね。

c0105306_2113111.jpg

大輪キンシバイが庭の片隅で沢山の花をつけている。

c0105306_21144684.jpg

これは大輪キンシバイといい、ヒベリカム・ヒドコートという名前らしい。普通のキンシバイも庭にあるけど、花は大分大きい。

c0105306_21155531.jpg

こちらは普通のキンシバイ。やはり花は小さい。

c0105306_21163733.jpg

庭の手入れをしているといつの間にかキジトラのアイが物置の下に潜ってる。
こんな時はろくなことがない。何か下の方に見つけて捕まえて来ることが多いからね。

c0105306_211810100.jpg

夕方保育園から帰って来た孫としばし庭で遊ぶ。この頃は花を指差して、もじょもじょとお喋りするけど意味不明。

c0105306_21193886.jpg

黒猫チェリンと一緒にお散歩。猫は孫に追いかけられて迷惑そうなんですが・・・
のどかですね(o^∇^o)ノ
by yurikagorose | 2012-06-28 21:23 | 多肉植物 | Comments(6)

得したかな?

今日も朝からドンピシャの良い天気。また暑くなりそうな気配。
が、この頃晴天は続くものの梅雨とは思えないほどカラッとしてるのが不思議。
こんな爽やかな梅雨も珍しい。いつもこうだったら良いのに。

c0105306_213525100.jpg

このまん丸の実は何ぞや?と思われるでしょうけど、これはなんと梅花アジサイの蕾なんです。
まん丸の蕾がもう少し経つと梅のような花になります。とても可愛い蕾でしょう。

c0105306_2137427.jpg

玄関横の花壇に植えてあるアニスヒソップスが今年も穂状の花を咲かせた。
これはハーブですが、葉がとても良い香りがして大好きなものです。
ハーブだからと言って料理に使う訳でもないんですが、何となく匂いのするものはつい触りたくなります。

c0105306_21433080.jpg

ところでこれなんですよ。これは先日母の日にマーガレットを嫁から貰ったんですが、このマーガレットの発売元から先日電話がありました。
先方が言うにはこのマーガレットは水揚げが悪くて枯れたというクレームが沢山あったらしいのです。
ふむふむ、そう言えばほんとに水揚げが悪くて、そもそもマーガレットのスタンダード仕立てなんぞ無理な事をしてるんじゃないかと思っていたんです。余りにすぐしおれるのでしまいには水の中に鉢を入れておいた程です。
で、先方はこのマーガレットは失敗作だったので、代わりにカタログを送りますので好きなものを選んで下さいということでした。
で、鉢物には懲りたので選んだのがこれなんですが、届いてみると私こんなの選んだっけ?
ま、ただで頂けたのですから文句は言うまい。
今やなんでもクレームをつける時代なんですね、私なんかこんなものかとすぐ諦めちゃいますけどね。

c0105306_21523119.jpg

こちらは以前生徒さんから頂いたブリザードフラワーです。もう頂いてから5年くらい経つのに今でも綺麗なままなのが凄いですね。
by yurikagorose | 2012-06-27 21:56 | 多肉植物 | Comments(4)

多肉植物の寄せ植え

4月22日(日)くもり
日曜日こそ雑草取りをせねばと勢い込んでいたのに、何やら雲行きが怪しい。

少しだけでもと気を取り直し、外に出てはみたのものの、やっぱり雨が降って来た。

こうなればこの間買って来た多肉植物の寄せ植えでも。

c0105306_17151417.jpg


これはこの間100円ショップで買って来た小さめの鉢。

多肉植物を植える為にしこたま買って来た。

こんなに沢山何をするのかというと 6月に開かれるフリーマーケットで

売ろうかなとおもっているのだ。

c0105306_17165850.jpg


まずは自分用の大きめの鉢に作ってみた。

沢山買って来たつもりでも植え込むと材料が足りない。

c0105306_17172153.jpg


そしてこちらは販売用。小さい方がなんとなく可愛い。

今から養生すればこんもりする。

売れるかなぁ〜〜
by yurikagorose | 2012-04-22 17:21 | 多肉植物 | Comments(0)

久しぶりの買い物

2月20日(日)くもり
先日友達の誕生日プレゼントを買いにふらふらと花屋に立ち寄った。
その友達はとてもオシャレな人なので毎年何をプレゼントしたら良いのか悩みに悩む。蘭の花などは他の人から沢山来るので私が安物をあげてもしょうがない。
部屋の調度品も高級な物が多いし、可愛い小物グッズなど喜ぶ人でもない。
そして毎年行き着くところが花屋という事になるのだ。ある時は花瓶、ある時は観葉植物、そして今年目に入ったのが多肉植物。
これなら窓辺に置いても良いし、水やりもまめにしなくても済む。(□。□-) フムフム、我ながら良い考え。
友達のプレゼントを買ったついで自分も欲しくなってので幾つかゲットした。
c0105306_15162373.jpg

私的にはほんとはもう少し小さめのものの方が好きだけど、これはこれでなかなか!
c0105306_15165978.jpg

これは「ブロンズ姫」と言う。なんとも不思議な色で光りのあて具合によってなるほどブロンズ色に見える。
c0105306_15185911.jpg

これはすごく派手な赤の「火祭り」
冬が長く続くとこんな綺麗な色のものを部屋に飾りたくなるのだ。
c0105306_152067.jpg

こちらは全体が細かい産毛で覆われている「福兎耳」(ふくとじ)
これって兎の耳のようにも見えるんでこんな名前なんでしょうか。

久しぶりに植物をゲットしたらなんとなく気持ちも晴れやかになった。やはり家の中ばかりにいないでお店を見てみるのも良いものです。056.gif
by yurikagorose | 2011-02-20 15:28 | 多肉植物
line

ダイアリー


by yurikagorose
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30