ゆりかごのつぶやき

yurikago1.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:収穫( 13 )

真夏になってしまいました

c0105306_15585582.jpg
7月9日に今年も西洋ニンジンボクが満開になりました。薄紫の穂状の花が天に向かってスックと立ち、とても綺麗です。隣りはどんどん伸びて困るスモークツリー。

c0105306_15590779.jpg
7月10日に今年もスモモの実が真っ赤になり収穫する事になりました。りりかと稜介はスモモの収穫が待ち遠しい。

c0105306_15590268.jpg
やる気満々の稜介は長靴姿でスタンバイオッケー。可愛い助っ人です。

c0105306_15591425.jpg
さあいよいよ収穫。家のスモモの木は川の上に伸びているのでこのようにしてビニールを下に張らねばなりません。そして長い竿で揺さぶって実を落とします。パラパラを下に落ちるのを見て孫二人は大喜び。収穫の喜びは家族で分かち合うのが一番。

c0105306_15591952.jpg
ほうら、こんなに今年は穫れました。しかしこれだけあっても孫二人は一口も食べないのですから、いやになります。食べず嫌いで新しいものには絶対に手を出さないので困ります。

c0105306_15592323.jpg
友達達にお裾分けする為に収穫しているようなもんです。余ったのは殆どジャムにしました。これで一年以上ジャムには事欠かないでしょう。ちょっと酸っぱみのあるジャムですが、子供は不思議な事にジャムなら食べるんです。

c0105306_15594882.jpg
鉢に植えてあるホスタの花が満開になり、とても素敵です。ホスタの花が咲かないという声も聞きますが、調べてみるとホスタが日当りの悪いところに植えてあるとなかなか花が咲かないという症状が出るようですね。一概に日当りだけとも思えないですが、花が咲いてくれないと夏場に寂しいですよね。

c0105306_16001137.jpg
和庭の手水鉢で今度はアイが水を飲んでいます。ここは勿体ないけど、ちょろちょろ少しずつ水を出してあるので、猫は美味しいのかも。(うちは水道です)

c0105306_16002141.jpg
マニアックな友達から苗を頂いて植えておいたところこんな珍しいものが咲きました。これはミレットパープルマジェスタという植物で和名は黒キビ、別名はチョコバナナの木なんていうアフリカ原産の植物でした。葉がわさわさと生い茂ったらインパクトがありますね。

c0105306_16002721.jpg
7月18日に孫にせがまれてお散歩にいくとシロツメクサが一杯咲いていて、孫達は大喜び。花冠を意識してるのか、りりかは稜ちゃんと結婚するって盛んに言って微笑ましかったです。子供は天使ですね。

c0105306_16003852.jpg
ネット友達のところで見てどうしても欲しくなり買ったラマリエ。ひらひらの花びらがほんとに可愛いバラです。ちらほらとしか咲かないけど、虫にやられない前に切って飾りましょう。

c0105306_16004309.jpg
多肉植物を置いてあるラティスの棚がペンキが剥げてぼろぼろに。この頃は剥げた感じが大流行りだけど、雨風が当たると木が腐ってくるので、夫にペンキを塗ってもらいました。今回もコンプレッサーを使ってしたのでアッという間に終わります。

c0105306_16004859.jpg
c0105306_16005271.jpg
今まで錆びが出ていた小物達もこの際一気に塗ってもらい新品のようになりました。これで一安心。

c0105306_16010816.jpg
早速アジサイのジュウニヒトエを飾って大満足。このアジサイはうちでは一番遅く咲くあじさいです。写真よりももう少し薄い色でとても綺麗なアジサイ。

c0105306_16010317.jpg
このアジサイは石化アジサイと言って茎がこんな風に帯状になるのが特徴です。平べったい茎ってなんだか不思議。



by yurikagorose | 2016-07-24 16:58 | 収穫

スモモのジャム

c0105306_20383170.jpg

今年もスモモの季節がやって来たけど、木を見るとちらほらとしか実がなってない。
去年は不作だったけど、今年もまた不作のようだ。
ちょこちょこと夫が木からもいで袋に入れて来てくれたので早速ジャムを作る。

c0105306_20384467.jpg

今年できたのはたったの8瓶程。例年なら10個以上は作った筈なのでほんとに少ない。
それでもこうして家で収穫出来たものをジャムに出来るのは感謝。

c0105306_20385273.jpg

先日孫の稜介と初めて白玉作りをした。
稜介はお団子を作ると言ったら大喜び。
でもどんなものが出来るのか分からない。
こうして孫と一緒に作る生地作りは楽しい。

c0105306_2039081.jpg

はい、白玉が出来ました!
でも稜介は初めて食べるものにはこわごわ。
一口食べてもういらないって。。。。。。(;^_^A アセアセ・・・
やっぱりヤマザキ製菓のお団子は強し!
食べ慣れているそっちの方が良いらしい。。。

c0105306_20392131.jpg

先日友達と久しぶりにランチ。
ランチにしてはちょっとお高めだったけど、フランス料理はやっぱり美味しいね。

c0105306_20395740.jpg

庭を彩るアジサイもそろそろ終盤になったけど、こうして遠目に見るとなかなか。
そしてこの一番奧に見えるハニーサックルのアーチ。これが問題なんです。

c0105306_20403873.jpg

毎年短く切り詰めているんだけど、茂りすぎるのが悩みの種。
枝は太いし、絡まったものはなかなかほどけない。

c0105306_20411151.jpg

中の方はこんな風に枯れ込んでいる。
切り詰めようとやっては見たけど手に負えない。これ以上したら腰を起こしそうなので敢えなく断念。
頑丈なツルに腹が立ち、翌日植木屋に来てもらい全部処分。ハニーサックルの花には未練があったけど、歳を取れば手に負えないものは処分して行かないと、植木も断捨離の時代だ。
すっきりとしたアーチが寂しげでした。
by yurikagorose | 2015-07-09 20:58 | 収穫

こんな野菜が

c0105306_20425193.jpg

この間夫がこんなトマトを収穫。笑っちゃう!

c0105306_20425553.jpg

そして今日はこんなキュウリ。寄り添って夫婦善哉?

c0105306_2043521.jpg

何やら爆音が聞こえると思ったらヘリコプターで薬剤散布。遠くにいてもかなり大きな音です。

c0105306_2043935.jpg

ましてやこんな近くに来たら大爆音。孫は大喜びだけど、余り近づくと薬を浴びちゃう。

c0105306_2043169.jpg

フリージャーの花が珍しく今の時期綺麗に咲いてくれた。

c0105306_20432568.jpg


c0105306_20433016.jpg

そしてこのラマリエもやっと綺麗に咲いてくれた。初夏からちっとも綺麗にならないで、おまけにカナブンの餌食にばかりなってまともに咲けない。
c0105306_20444771.jpg

庭仕事をしてるといつの間にかそばにいるでっかいお尻はだ〜〜れ?

c0105306_20442831.jpg

ハイ、チェリンでした。これって懐いているんでしょうかしら?
by yurikagorose | 2014-07-29 20:51 | 収穫

すももの収穫

この間からスモモが大分赤くなってきていたが、息子が休みの日でないと収穫できないので今日になってしまった。
去年は全くならず、一昨年は7月の15日だったから今年は遅い程だ。
c0105306_21382659.jpg
うちのスモモの木はこんな変な場所に植えてある。大谷石の塀の向こう側に塀ぎりぎりの場所に植えてあるうえに、下は川が流れている。
実を落とせば全部川に落ちてしまうので至難の業だ。こんな場所に植えてあるので、家族総出でかからないと実が採れない。何でこんな変な場所に義父は植えたのか全く見当がつかなく、今更ながら恨めしい。
仕方がないのでビニールを下に張り、そこに落とす事にしている。
c0105306_21384628.jpg
大谷石の塀の上に乗って落としたり、こうして川の向こう側から大きなカマで叩いて落としたりする。こんな時は背の高い息子の出番。

c0105306_21385387.jpg
木を揺すったり枝を叩いたりしてやっと少しずつ落ちて来ました。

c0105306_21385925.jpg
来たよ、来たよ、去年は全く実がならなかったのに、今年はほどほどの収穫が出来た。

c0105306_21390520.jpg
今日は小雨の降る日だったけど、孫の稜介も大喜びで参加。しかし食べず嫌いの性格で新しいものには一切手をつけない。このスモモも口にしようとしない。
甘くてこんなに美味しいのに困った孫です。

c0105306_21391194.jpg
こんなに沢山収穫出来ました。30キロくらいはあるのかも知れないです。

c0105306_21391760.jpg
殆どの実は友達や行きつけの喫茶店などにお裾分け。こんな真っ赤な実はすぐに傷むのでさっきジャムにしましたよ。
しかし何と言ってもこのスモモ、種が大きいのでぐつぐつ煮込んでからの種取りが大変。
うちではこれをスモモと呼んでいますが、ほんとの名前は「幸太郎もも」というのがほんとの名前のようです。まだ熟していなくても中は真っ赤、とても甘くて美味しいのです。
しかし皮ごと煮ると結構酸味もあり、かなり砂糖を加えないと美味しいジャムになりません。
今日は午後から出かけて忙しかったのに夜はジャム作り。へとへとになりました。

c0105306_21394396.jpg
西洋ニンジンボクがやっと満開になってわさわさと花をつけています。
c0105306_21393507.jpg
薄紫の穂状の花が天に向かって咲く様はとても美しく、おすすめの木です。不思議な事にこの花は年に数回、晩秋まで咲き、花がとても楽しめる木です。

c0105306_21392550.jpg
クレマチスのテッセンが咲き始めました。このクレマチスは愛好家から言わせると結構気難しいというのですが、うちでは毎年、年に数回咲いてくれるので嬉しいですね。
c0105306_21422132.jpg
2番目の孫のリリかに知り合いから沢山お洋服を頂いたのでファッションショーです。こんな小さくても嫌がらずに次々と洋服を着るのですからやはり女の子ですね。頂いたものの中には小さくてお腹のボタンが閉まらないものもあり、大笑い。この出っ腹は家族全員ですから仕方ないのかも。


by yurikagorose | 2014-07-13 22:13 | 収穫

栗が沢山採れてもねぇ。。

c0105306_22352381.jpg

一昨年剪定しすぎたせいで去年は殆ど採れなかった栗だけど、今年は結構沢山採れている。
と言っても栗というものは一斉にどさっと落ちて来るものではないので、毎日何個かイガが下に落ち、それを長靴で押えて鎌などで開き、実を採るのだ。これが結構面倒だし、下手をするとイガのとげとげが手に刺さり痛い思いをする。
栗を好きな人なら毎日収穫できるなんてうらやましいと思われるかも知れないけど、私にとってはうんざり。
そもそも私は栗を上手に剥く事ができないので、栗の料理らしきものは何もできないのだ。

c0105306_22352555.jpg

そこで今年はこんなものを買って来た。
ネットで見るとこんなに簡単に剥けるなんて、知らなかったのは損をした、なんて書いてあるのを見て、ほんとに?


と思った私が馬鹿だった。
買うまでは結構慎重にYou Tubeで剥く作業を見たりして、おーーー、簡単そうだ!
.....
なんて思ったのに大間違い。
切れ味は抜群、しかし切れたのは



指だった。

私はバネ指を煩っているので、栗を上手にしっかりと押えられない。大枚1500円近くも払ったのに泣く泣くこれを使うのはやめて熱湯に栗を丸ごと浸し、熱が冷めるのを待って、少し切れ目を入れて一番原始的な方法、手で剥いた。

c0105306_22352891.jpg

それで作ったのがこれ。
「栗の渋皮煮」
他所でこれをごちそうになったらほんとに美味しいのだ。
いつかこれを作ってみたいとは思っていたが、それには難関の皮むきがある。
しかし今年はなんとかクリアしたので、やっと作る事が出来た。


。。。。が、なんとなく味が違う。コクがないし、皆さんのように味がしみてない。
(゚ρ`)ァー
ま、初めて作ったんだからよしとしよう。。。。
by yurikagorose | 2013-10-05 22:54 | 収穫

いよいよ8月

7月前半は涼しいと思っていたのに騙され、後半からはずっと猛暑続き。

c0105306_1225274.jpg

フロックスは長い間楽しめたけど、もうこうなったらいけません。花が大分枯れてきました。この花は枯れてくるととてもいやな匂いになるので傷んだら早々に切りましょう。

c0105306_1242363.jpg

下から30センチくらいのところで切ればまたそこから葉が伸びてきます。
切った茎は挿し木するとちゃんと着きますよ。

c0105306_13234026.jpg

めちゃ個性的なオニユリ。花びらには黒い斑点があり、花びらは反り返っています。この花が終わると沢山のムカゴを茎のところにつけるんですよ。このユリは種はつけないようです。うちの庭には植えた覚えがないのに、このオニユリが生えてきているのを見るとこのムカゴで増えたんでしょうかしら?

c0105306_13293374.jpg

これはうちの鉢置場です。鉢はこのように下からも風が通るように全部鉢の台に乗せてあります。
昔はこんな円形の台も高かったものですが今は100円ショップに行けばあるので便利になりました。

c0105306_13315014.jpg

こちらもすのこ状のものの上に乗せてあります。これなら下からも風が入ります。

c0105306_1332519.jpg

夫が作っている野菜です。毎日このくらい採れるのでもう大変。

c0105306_13344124.jpg

スープに使う地中海トマト。湯向きしてからジャガイモ、タマネギなどと一緒に圧力鍋で煮ます。ちょっとカレーのトマト色したような感じのスープが出来ます。うちの家族はこれが大好き。

c0105306_13362986.jpg

キュウリはいぼいぼのものです。でもこれは触るのも痛くて来年からは普通のキュウリにして欲しい。これが改良されて普通のツルツルのキュウリになったんじゃないでしょうかね。


私のfaceboのページはこちら
by yurikagorose | 2012-08-01 13:39 | 収穫 | Comments(16)

スモモの収穫

あつい、暑い、熱い、何度言っても暑い。
こんな暑い日にとも思うけど、久しぶりに園芸店に出かけた。
いつも行っている園芸店が道路拡張に引っかかって移転の為、全品2割引なのだ。
花の2割引はたいした事はないけど、資材の2割引は大きい。
うだるような暑さの中、店の中を探すのもゆでダコ状態。園芸店の中は温室みたいになっているので冷房なんかもちろんない。
余りの暑さにもう資材を探す元気もなく、完全に脱水症状。
途中で何回も水分補給をしても汗が止まらない。こんな時老人は倒れるんでしょうねぇ。。
それでも店の中をうろうろして少しだけ買い物をした。

c0105306_19501493.jpg

今のところ花類には余り目新しいものもなく、多肉コーナーで目を肥やす。

c0105306_195129.jpg

ここは真ん中にこんなコーナーもあるので、これも移転となると大変でしょうね。

c0105306_19513957.jpg

面白かったのは山野草コーナー。何を買うでも無くうろうろと見てみる。草ものだけの寄せ植えがとても素敵だった。

やっと買ったものを車に積んで帰途について一休みしていると、嫁さんが「皆でスモモを採っています」と呼びに来た。
私の家は何せ広いので自分の部屋に入ってしまうと、母屋の方で何をしているのか一切わからない。
そうか、今日はもうスモモの収穫をしなきゃならない日だ。
去年は確か7月12日だった。ジャムに日付が書いてあるのだ。

c0105306_19553191.jpg

夫と息子で木に登ったり、揺すったりして、沢山のスモモが採れた。スモモの花は今年沢山咲いていたのでやはり沢山ある。

c0105306_19562613.jpg

孫がプールで水遊びをしていたので、ちょうど其の中にスモモを入れ、洗った。肝心の孫はスモモを喜ぶと思ったのに食べず嫌いで食べようとしない。

c0105306_19571598.jpg

どうよ、どうよ、おいしそうなスモモでしょ。うちではこれをスモモと呼んでいるがほんとは「幸太郎もも」と言うらしい。
こんなに沢山採れても、うち中食べるのには持て余し、殆どが知人へお裾分け。そして残ったものはジャムを作ります。
ああ、今日も暑い1日が終わった。
by yurikagorose | 2012-07-15 20:12 | 収穫 | Comments(18)

こんなにいっぱい

夫がジャガイモをここのところ何日間にわたって掘り上げている。

c0105306_20252227.jpg

夫は頭がおかしいんじゃないかと思う程の熱狂的なジャガイモフェチ。
ジャガイモ料理をしばらく作らないと感情的になって怒る。( ̄Д ̄;;
私も嫌いじゃないけど、それほど食べたいとは思わない。

c0105306_2027189.jpg

こんな大きなケースに10個くらい採れた。
毎年余りに作り過ぎるので今年は少し控えめ。それでもこの量。
これを納屋に1年間ストックしておくのも大変。
残り少なくなってくるとホッとする。今年一杯くらいなら良いけど、来年迄持ち越すと芽が出てふにゃふにゃになって美味しくなくなるし、皮もむき難い。
しかし夫が作ってくれるおかげでジャガイモは買わなくて済むのでやはり作ってくれないと困る。

c0105306_20305520.jpg

そのジャガイモフェチの夫が飲む梅酒。これもまた1年間のストックは大量だ。
ホワイトリカーは20本、いったいどれだけ飲む?と思う程。
これを納屋にまたストックする時に重たいので息子にやってもらったら、なんと大きな瓶、8リットル入りのが2本も割れた。ガラスというものはガラス同士の接触に弱いのか、まさか割れるとは思ってなかったので凄く損した気分。こぼれたお酒を元にもどせるわけもなし、ガラスが入っていると困るので梅も捨てた。
〜〜〜ったく、酒飲みの為に大変。。。
あっ、ちなみに私は全然飲めません。

c0105306_2034561.jpg

クレマチスのダッチェスオブアルマニーは濃いピンクの花を上向きに咲かせる。
c0105306_20355939.jpg

咲き始めるのは6月半ば過ぎ頃からなのでバラの時季とはあわないのが残念。

c0105306_203788.jpg

ところでこの人ごみ、凄いでしょ。
これは家の方のスーパーの開店まぎわ。人、人で溢れてる。
このスーパーは安売りで有名なところで遠いところからでも買いに来る。
土曜日ともなればポイント5倍、1000円以上買い物した人にはタマゴ12個入りパック無料進呈、その他に何やらおまけもつく。洗濯バサミだったり、ノートだったりといろいろ。
前に買い物している時に急に雨が降ってきた。困ったと思っていたらあのビニール傘を出口で無料進呈してくれたのには驚いた。これで儲かるんでしょうかしら???
by yurikagorose | 2012-07-09 20:43 | 収穫 | Comments(17)

筍(たけのこ)

4月27日(金)晴れ

朝は曇っていたのに10時を過ぎる頃からどんどん晴れて来て汗ばむ程の陽気になってきた。

c0105306_20225519.jpg


ムスカリはここに植えっぱなしになってから随分経つのに毎年忘れずに出て来てくれる。

c0105306_20234092.jpg


母屋の草むしりばかりしていると私の洋風の庭は散々。
少しだけ草を抜き始めるとキャットミントが綺麗に咲き始めているのに気が付いた。
キャットミントと言ってもそれほど猫が喜ぶ訳でもないけど、たまにそばでゴロゴロと寝転んでいる事がある。猫が草のそばで寝転んでいる姿はほのぼのと暖かいものがあるので好き。

c0105306_2026428.jpg


毎年何もしなくても忘れずに花ニラが咲いてくれる。
星型の花は透き通っていて淡いブルーがうっとりするほど美しい。


c0105306_202875.jpg


夫が竹やぶから筍を採って来た。うちには離れた場所に少しだけ竹やぶがあるが、
日々の忙しさにかまけて採りに行くのを忘れる。
筍は雨の後にはグーンと伸びてアッという間に竹になってしまう。
そしてほんのちょっとだけ頭が出て来たところを採らないと固くなってしまう。
この時季うちに筍が採れても結構他所からでも戴く事が多く、うちのをわざわざ採って来なくても食べ飽きる事になる。で、何の事はない、うちで採れたものはまた他所にお裾分けをしたりする。
この筍、下の方はこんなすごい根っこがあるんですよ。
売られているものは綺麗に根っこを切ってあるけど、これを包丁で切るのも大変な作業です。


c0105306_20383386.jpg


優しい色合いの椿が咲いている。

c0105306_20391667.jpg


それに引き換え、こちらは超個性的で孔雀椿と申します。
気ままさんから大分昔に戴いたものだけど、他でこれを見た事がないので珍しいものなのでしょう。


c0105306_20393856.jpg


枝も枝垂れて八方に広がり、花も垂れて咲く。今は鉢で育ててるけど、地面に下ろそうかどうしようか迷っているところ。
by yurikagorose | 2012-04-27 20:48 | 収穫 | Comments(6)

ジャガイモ

7月17日(金)雨のち曇り
c0105306_1146329.jpg

昨日夫がジャガイモを掘り上げた。ここのところずっと雨続きでなかなか掘り上げる日に恵まれない。雨が続いている時に掘ると土が湿っている為ジャガイモが乾き切らず腐るらしいのだ。
昨日はやっと晴れ間も見え、暑い暑い、何もこんな日に収穫しなくても、と思う程の猛暑。富山県でも36度になったようだ。
ほんとはカラッと晴れが続いた日に掘るのが一番良いようだけど、来週も雨マークばかりでなかなか機会がなく、夫は業を煮やして収穫に取りかかった。
c0105306_11495620.jpg

大きいのから小さいのからいろいろあるけど、この中でいったいどれくらい捨てる羽目になるんだろ?去年は収穫の喜びに浸ったものの3分の1くらいは腐って駄目になった。
夫は大のジャガイモ好きでお汁の実は毎日でもジャガイモで良いそうだ。私はお汁自体そんなに興味がないので、何でも良い。
ジャガイモほど放っておいても収穫出来るものはないと思うから夫のようなずぼらな畑仕事でも沢山収穫で来る。
しかしこのジャガイモが腐ると小さな虫がたつし、どろどろになって臭いし、隣のジャガイモに移って行くので油断は出来ず、収穫してから1ヶ月くらいは毎日点検しなきゃならないのが面倒。
ジャガイモさん、頑張って下さいね!
c0105306_11535010.jpg

N さんから頂いたストロベリーアイスが今頃になってこんなに綺麗な花をつけてくれた。こんな時季咲いても長持ちしないので可哀想なんだけどね。でもとても綺麗です。
c0105306_1154444.jpg

ストロベリーに負けじとマリアカラスが沢山花をつけた。これはハイブリッドなのでこんなに咲かせちゃいけないのかも。
c0105306_11555936.jpg

パットオースチンはずっとコンスタントに咲き続ける。いつも濃いオレンジの花を沢山付け、ちょっと一休みしたら?って声をかけたくなるほど。
c0105306_1157650.jpg

アカバンサスが今年も清楚な花をつけてくれた。この花ってなかなか素敵な花だと思うけど、車で走って畑を見たりすると結構どこにでも植えてあるんですよね。とってもオシャレな花だと思うけど、おしゃれな感じの鉢などに植えないと田舎臭い感じがするかも。
c0105306_1159677.jpg

c0105306_11591633.jpg

by yurikagorose | 2009-07-17 12:01 | 収穫
line

ダイアリー


by yurikagorose
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30