ゆりかごのつぶやき

yurikago1.exblog.jp ブログトップ

つるバラキングの剪定

8月25日(月)ぱらぱらと降りはしたけど、殆ど曇り。

この間から気になっていたつるバラの剪定。ピェールドゥロンサールの次はツルバラのキング。
これがまた凄い成長ぶり。毎年辟易するほど枝を伸ばします。

c0105306_21414245.jpg

見て下さい、この茂りよう。これじゃまるでポンキッキのムックのようでありんす。
シュートは毎年何本も切るのですが、もう嫌になるほどまたシュートが出ています。

c0105306_2145036.jpg

わさわさ、もさもさになって横も上も枝だらけです。歩く度に顔に枝がかかり、うんざり。縛っても縛っても枝だらけ。
このツルバラキングはミニのつるバラで、棘も殆どなく虫も余りつきません。とても扱い易いバラなんだけど、何せすごい繁殖力。
以前ナニワバラを植えていたけど、あれもすごいなんてもんじゃなかったです。花の時季は普通のバラより1週間早く、他のバラが咲く前にアッという間に散ってしまうので、もう即撤去しました。何より嫌だったのは棘の多さ。ツルバラで棘がひどいものはほんとに困ります。

c0105306_2150646.jpg

そして思い切って切りましたです、ハイ。凄い量の切った枝が出ました。

c0105306_21505968.jpg

数えてみるとこんな太い枝を20本以上切りました。
切った、切ったと書くとまるで切り裂き魔みたいだけど、このバラは切り過ぎるという事はないです。
一季咲きのバラですから、花後の剪定だとするとちょっと遅かったかも。
私も剪定に関してははっきりとした事はいえないのですが、一季咲きでよくシュートが出るバラの場合、夏場になると伸び過ぎて収拾がつかなくなります。
鈴木満男さんによる「バラを美しく咲かせるとっておきの栽培テクニック」という本によるとモッコウバラやナニワバラの整枝は夏に行うと書いてあります。(92ページ)
何せ手に負えない程ぼさぼさになったら私は切っています。

c0105306_2244058.jpg

20本も切ったらさすがにすっきりとして向こうが見えるようになりました。

c0105306_2254065.jpg

はい、これにてキングの剪定は終了。今度は一番大変なサマースノーの剪定が待ってます。ε-(ーдー)ハァ
by yurikagorose | 2008-08-25 22:09 | バラ | Comments(0)
line

ダイアリー


by yurikagorose
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30