ゆりかごのつぶやき

yurikago1.exblog.jp ブログトップ

久しぶりの雨

c0105306_21395350.jpg
朝いつも通り起きると雨が久しぶりに降っている。嬉しいけど、悔しい。こんな事ならもう少し寝てれば良かった。。。ちっっ!
羊の耳とも呼ばれているラムズイヤーが一番綺麗な姿を見せている。これ以上になると花が咲き始め、なんだかがっかりした姿になる。これだけは花が咲かない方がずっと綺麗。

c0105306_21400532.jpg
紫っぽい色のバラのブルームーン。香りは抜群、花は大きくて美しくうっとりする。

c0105306_21401247.jpg
今年は4月の突風でラティスが崩壊。6月後半から業者に入ってもらい頑丈な鉄製のフェンスを立てる事にした。ラティスは半分撤去したが、蕾を沢山持っているコンスタンススプライを移動するのには忍びなく、3枚だけまだ残してある。工事が始まればラティスに這わせてあるツルバラも撤去しなければならないので、頭の痛い話だ。
去年から今年にかけ、寒さが続き、雪は降らなかったものの自分が外に出ようと思ったときには雨や強風、そんなこんやで寒肥を入れる事ができなかった。そろそろバラの手入れにも疲れ始めていたのもある。
案の定今年は見るも無惨に花の数が少ない。それでもこのコンスタンススプライはなんとか綺麗に咲いてくれ、心の中で謝りつつ咲いてくれた事に感謝する。

c0105306_21410495.jpg
ブルームーンの清楚さに比べこのフランシスデュプロイの派手さには息をのむ。なんとも個性的なバラだ。

c0105306_21402408.jpg
ラベンダードリームがこんな濃い色に咲いた。咲き始めは濃いピンクだったりするが、段々紫色っぽくなって色が薄くなる。花が小振りで遠目には地味だが、なんとも愛らしいツルバラ

c0105306_21412351.jpg
窓辺のエブリンは相変わらず凛と咲いている。どんな時でもこのバラは美しい。下手に挿し木などして付いてしまうと、幾つも鉢が出来て困る。鉢を増やせば世話に困るのに、人にあげるのも勿体ないと思えるほど美しいバラだ。

c0105306_21411057.jpg
アジサイのマイコは地植えにしたものは株が小さすぎてちっとも花をつけなくなった。挿し木して育てたら沢山の花をつけてくれるようになり、うれしい。。舞妓さんのかんざしのようにも見える小さな小さなアジサイ。

c0105306_21401721.jpg
クレマチスのあやが今年はとても綺麗に咲いてくれた。そばに植えてあるのはホスタのジューン。

c0105306_21422658.jpg
クレマチスのベルオブウォッキング。クレマチスとは思えない程丸い花でダリアのようにも見える。


by yurikagorose | 2016-05-26 22:26 | バラ
line

ダイアリー


by yurikagorose
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31