ゆりかごのつぶやき

yurikago1.exblog.jp ブログトップ

そろそろラティスのペンキ塗り

こちら北陸では一気に冬将軍が訪れ、夜になっての気温は6度。これは12月中旬の寒さだと言う事だ。このまま冬に突入かと思うと気も重くなる。

c0105306_15201153.jpg
c0105306_15201862.jpg
そろそろラティスのペンキ塗りの準備をしなければならない。毎年キチンとする筈だったのに、去年は何やかやと機会がなく、逃してしまった。
思えばこのラティスを設置したのは2005年だからもう9年も経ったという事になる。
土台を大工さんに作ってもらったとはいえ、この安っぽいラティスが長持ちしているのも毎年のペンキ塗りのおかげだとは思うものの、バラの誘引を外さねばならないので寒い時期の大仕事だ。
先日からバラの誘引をぼちぼちと天気の良い時に外し始めた。長い枝をひとまとめにして作業の邪魔にならないように紐でくくっておく。去年はここまでしていたのに、雨の長続きのせいで出来なかったのだから、今年は晴れ間が続く日があるのを祈るのみ。

c0105306_15211173.jpg
ついでにあの大嫌いな作業、ツルバラの誘引も始めました。この作業も寒い時にしなければならないので、ガーデナーは冬場の作業のなんと多い事。来年になれば北陸では雪が降るのでなかなか誘引が出来ないと思えば今のうちにしておいた方が良さそう。

c0105306_20220451.jpg
庭の紅葉は綺麗に色づき、こうして和の庭があるのも心安らぎますね。

c0105306_15203253.jpg
c0105306_15202885.jpg
いつの間にかサザンカの花が咲いていた。花びらがひらひらと下に落ちているのはサザンカ、ポトンと花ごと落ちているものは椿と区別している。亡き義母が好きだったのでうちには椿も幾つか植えてあるが、今となっては品種も殆ど分からない。

c0105306_15210340.jpg
先日の孔雀サボテンのムーンライトが徐々に満開を迎えて来た。今これが置いてある玄関の中はむせ返るように良い香りで包まれている。みっともない葉っぱの場所食いのこんなサボテンを一年間育て、待った甲斐があるというものです。

c0105306_15202322.jpg
黒ほおずきが真っ黒な実を今も綺麗に下げている。こんな綺麗になったのは今年初めてみたので嬉しくなる。

c0105306_15212175.jpg
c0105306_15212696.jpg
秋バラも終盤とはいえ、今もぼちぼちと綺麗な花を見せてくれる。こんな花を室内に飾ると自分で言うのもおかしいけど、夢のような生活。
小さな頃一緒にピアノを習っていた友達の家は高台の上にあって、フェンスにはピンクのバラが絡まっていたのを今でも鮮明に覚えている。私の家は猫の額ほどの小さな家でとてもバラなんぞ植えてあるような庭もなく、とてもうらやましかった。あんなバラが植えてあるような広い庭のある屋敷に住みたいなど、子供心ながら思ったものだが、自分がこんな田舎の広い庭に住みバラを植えて育てるなんて思いも依らなかった。
憧れのバラと一緒の生活が実現し、幸せと言えるのでしょうね。

c0105306_15205342.jpg
突然ですが、これはこの間息子が釣りに行って捕って来たものだ。小さなアジとカワハギ。この2匹だけでも息子は自慢げな顔でバケツをぶら下げて帰って来た。息子が私の花を愛でる気持ちが分からないの同じに私も息子のこんな趣味、分かりません。。。

c0105306_15211690.jpg
今日は朝から雨がずっと降り続きまるで嵐なのに、愛猫チェリンはどこ吹く風。ほんとに猫になりたいです。



by yurikagorose | 2014-11-13 20:46 | 庭仕事
line

ダイアリー


by yurikagorose
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30