ゆりかごのつぶやき

yurikago1.exblog.jp ブログトップ

スパニッシュビューティ

c0105306_21561953.jpg
毎年もう駄目かと思えるスパニッシュビューティ。ここに植えてからもう10数年。これはネット友達から頂いたものだけど、最初はどんな感じのバラなのか良く分からずに植えた。
でもひらひらの花が開いたのを見たらいっぺんに大好きなバラになった。うちで一番始めに咲くツルバラだ。
しかし毎年は花付きがだんだん悪くなり、アーチの右側の方はすかすかになってきた。正面から見ると右には殆ど咲いてないのが悔しい。
c0105306_21562681.jpg
白のジャーマンアイリスは清楚だけど、今一つ芸がない。奥のシャクヤクは花が開く寸前。このくらいが一番可愛い時かも知れない。

c0105306_21563029.jpg
c0105306_21572668.jpg
シャクヤクの奥に咲くバラはディスタントドラムス。去年地植えにしたばかりのバラで色のグラデーションがとても綺麗なものだ。

c0105306_21564503.jpg
これは私が植えたシャクヤクではなくて、今は亡き義父が買って来ていつの間にか植えたようだ。義父は花なんぞ愛でるような人ではなかったのに、何を思ってこのシャクヤクを植えたのか、未だ持って謎。しかしこんなに綺麗なシャクヤクなので、今更ながら義父に感謝。。

c0105306_21564010.jpg
羊の耳とも言われるラムズイヤー。ほんとに耳のようにふわふわでつい頬ずりしたくなる。抜いても抜いても間からエゴポジュームが出て来てレースフラワーのような花を咲かせる。エゴポジュームが嫌いなわけではないけど、余りの繁殖力に持て余し気味なのだ。地下茎を伸ばしじゃんじゃん増える。花は綺麗なので許してはいるのだが。

c0105306_21571312.jpg
2年程前にホームセンターの片隅で枯れる寸前になって売られていた源平小菊。エリゲロンともいうが、こんなに可愛い花をたわわにつけ、グランドカバーとしては重宝するものだ。花は初夏から初冬までずっと咲き、長い間楽しめる。
ホームセンターに置いてあった時には水もかけてないようで、ほんとに枯れる寸前、値段も半額でも高いと思えるほどの衰弱ぶりだった。しかし庭に植えてみるとちゃんと根付き、どんどん植え始めた。
増え始めるとこれが又脅威になるのだが。。。

フリマのご案内です。いよいよ来週に近づいて来ました。皆さんお誘い合わせのうえ是非いらして下さいね。
c0105306_22180497.jpg

by yurikagorose | 2014-05-23 22:19 | バラ
line

ダイアリー


by yurikagorose
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31