ゆりかごのつぶやき

yurikago1.exblog.jp ブログトップ

今日で11月も終わり

c0105306_21164462.jpg
こんな目の覚めるような鮮やかな紫陽花が今咲いていると言ったら驚くでしょう。これはついこの間時期外れの売り場にバーゲンで並べられていたアジサイなんです。「寒くなるまで咲き続けるエンドレスブーケ」なんていううたい文句が付いていて「霧島の恵」という名前が付いていた。どうせバーゲンだし騙されたつもりで買っておこうと思い買ったのですが、本当に今でもこんなに綺麗に咲いています。果たして来年も咲いてくれるのやらどうやら・・・

c0105306_21165297.jpg
そろそろ私にとっては一番嫌な時期、バラの誘引の季節がやってきました。私は嫌だと思っているのに、驚くことにこの時期が一番好きなんて書いているロザリアンが多いのに驚きます。誘引は好きなイメージにバラを咲かせられるので大好きなんて書いてあるんです。いやはや私はこれからの時期は寒さに震えながら誘引をするのが一番嫌なんだけど。。。
キングローズは今年もたくさん咲いてくれたけど、何を狂ったか今頃になっても花をつけ始め、誘引したくてもできない状態。誘引するときは葉を全部取るのが良いらしいけど、ある資料によると葉を取ることにより、バラが休眠期に入るそうです。休眠期に入ると地面から栄養を吸収するので次に花を咲かせることができるそうですよ。なるほどね、だから葉っぱを取るんだ。。。っと学習しました。

c0105306_21170224.jpg
黄色い色が鮮やかなフリージャー。一年中次々と花を咲かせてくれ、香りも抜群、私がバラを植え始めたころからのバラです。初心者向きなんでしょうね。と言ってもベテラン向きというのはどういうバラをいうのかわからないけど。。。

c0105306_21170923.jpg
ディスタントドラムスは相変わらずのべっぴんさん。これが咲いているとあまりの美しさになんだか芸術的な感じがしてきます。

c0105306_21171498.jpg
ガラッと変わって我が家にやっと来た除雪機。これを今までどれだけ欲しかったことか。富山県は雪深いと思われがちだけど、意外とそうでもないのよ。積もるほど降るのは年に3回ほど。ここ数年は暖冬のせいか、雪かきをする回数もだんだん減って来ました。しかし息子夫婦は朝早くから出かけるので降れば除雪は私たちの仕事になるので年々大変になって来ました。これでもうちは恵まれている方で前には用水路があり、前や後ろにある田んぼには雪は捨て放題なので楽してはいるものの、やはり大変な仕事です。
この除雪機は思いがけずに娘がプレゼントしてくれました。なんともありがたいことで感謝しても仕切れないです。今年はこの除雪機が何回出動するのやら、メカ好きな夫は今からワクワクしています。

c0105306_21172185.jpg

今年は久しぶりに窓辺にサンタのイルミを飾ってみたのよ。ずっと飾る気がしなくて仕舞いっぱなしにしていたのに、なんとなく出してみたくなったんです。

c0105306_21172540.jpg
こんなのが飾ってある窓辺を見るとなんとなく中を覗きたくなるね。よそのうちで飾ってあったらついつい声をかけたくなっちゃう。しかし今の子供達ってこんなのにあまり感動しないんでびっくり。誰も何も言わないんだわ。。。。???
細い枝が所々見えるのはピエールドゥロンサールの枝。来春にはこの窓辺がバラで溢れる予定なんですがねぇ。。。

c0105306_21174780.jpg
バックシャンのマチルダちゃん、素敵でしょう。

c0105306_21175326.jpg
秋になりますます色濃くなって綺麗なので部屋に入れて楽しんでます。夜の窓辺はバラの特等席。❤️

c0105306_21174163.jpg
何年も庭で咲いていたエキナセアが今年は突然枯れた。。。クスン(U_U)。。。
仕方なしにまた買って来て今度は失敗しないように鉢植えに。来年は地面におろしてあげるから大きくなるんだぞう〜〜

c0105306_21173735.jpg
クリスマスローズと間違うかもしれないけどこれはクレマチスのシルホサフレックス。秋冬咲きのクレマチスで花びらの内側に赤い斑点が入る品種。渋めの色がとてもシックでバラの下に植えたけど、来年は咲いてくれるのやらどうやら。

Instagram
# by yurikagorose | 2016-11-29 21:57 | 植物 | Trackback

冬到来か

c0105306_21075731.jpg
今朝の寒さはいっぺんに冬になってしまった。そもそも北陸には秋や春と言うものがなく、冬からいきなり夏になり、夏からいきなり冬になると言う感じと思うのは私だけ??
秋のバラは色鮮やかになり一年のうちで一番綺麗に咲く。マチルダはこの頃花も小さく、花びらがチリチリを焼けたような感じになり、いよいよダメになったのかと諦め掛けていたが、今年の秋は見事復活してくれて安心した。

c0105306_21080366.jpg
10月の30日に初めてハロウィンパーティーを開催。こんないイベントは初めてだけど、プログラムを作って見ると結構楽しくて、ハロウィンバッグ作り、お菓子釣り、メーキャップコーナー、輪投げ、子供達の演奏、そして最後にビンゴとなると子供達は大喜び。毎年恒例になりそう。

c0105306_21081045.jpg
今年は黒ほおずきのドライにはじめて挑戦して見た。ご覧の通り、実の部分が光を通すと透けて見え、とても綺麗に仕上がった。これが来年のタネになると思うと貴重だね。

c0105306_21081776.jpg
ミニバラの花便りはうちに来てからもう10年以上経っているかも知れないけど、相変わらずの可愛さ。挿し木でもすぐに着くし、これを植えた鉢をいくつか作って置けば花のない時期に重宝する。

c0105306_21084147.jpg
今年初めて猫タワーの爪とぎを買ってみた。プッチは大喜びで飛んで来たけど、なんのことはない爪とぎじゃなくて、ぶら下がっているネズミのおもちゃに夢中。遊ぶだけ遊んだらプイと向こうに行ってしまい、猫どもは誰もここで爪とぎしなくてがっかり。閉口するのはこの頃、畳で爪とぎをする奴がいて、困り果てたのでこれを買ったと言うのにな。

c0105306_21084846.jpg
もう何年も植えてありツリバナが初めてこんな可愛い実をつけた。この実が見たくて植えてから何年経つのか・・・小さな花は咲くものの、一向に実をつけないのでもう抜こうかと思っていた矢先なので、何か気配を感じたのか。。

c0105306_21085482.jpg
去年、一昨年にかけて挿し木のバラ苗をいくつか作った。人の為に挿し木をしていてもつまら無いのでいっそのこと、数本ずつ植えてみようかと、大きな鉢に植えたけど、これは大きすぎて移動するのも大変。なんだかえらいものを作ってしまったと反省することしきり。沢山咲いてくれれば見事になる筈なんですけどねぇ。。。

c0105306_21090804.jpg
夏も終わりに近づいた頃、こんな大き目の多肉を使って寄せ植えを作って見た。園芸店に飾ってあった鉢がすごく素敵だったので自分でも作って見たくなりやって見た。園芸店の寄せ植えはこれより少し小さめで結構良いお値段がしたので、それなら自分で作ってみようと挑戦して見たが、なんのことはない、買った方が安くついた。園芸店の寄せ植えって、高っ!って思うけど、そうでもないんですよねぇ〜〜

c0105306_21092269.jpg
この観葉植物に見えるものなんだと思います?これは去年買ったポインセチアなのよ。いつもだったら冬が終わればぽいっと捨てちゃうけど、今年はあまりに葉が綺麗なので植え替えしてせっせと水やりをしていたら、こんなに綺麗に育ってびっくり。もちろん短日処理はして無いので赤くはなら無いけどね。。

c0105306_21091538.jpg
小さな多肉に花が咲き、おまけの紅葉までしてくれたので大喜び。ほんとにこんなに真っ赤になるんですよね〜〜これを寄せ植えに使ったら綺麗だろうなぁ・・


# by yurikagorose | 2016-11-09 21:54 | 植物 | Trackback

秋本番

10月も半ばを過ぎ、すっかり秋になってしまいました。
c0105306_11403913.jpg


c0105306_11404054.jpg


気難しいバラと言う評判のフンショウロウが今年はことのほか沢山咲いてくれ、コロンコロンの花を見るたび嬉しくなっちゃう。このバラは雨、風に弱いので雨が降って来る度にあたふたと軒下に移動しなきゃならない面倒なバラなんです。そのバラがこれだけ咲いてくれるなんて嬉しい限りです。

c0105306_11404177.jpg

今年の私の誕生日には嫁さんからこんな鉢をプレゼントして貰いました。淡いブルーがとてもロマンチックな鉢です。早速ガーデンシクラメンやエリカなどを植え込んで大満足。
娘からはアイアンのラティスを貰ったので今年のバラの誘引は楽しみです。

c0105306_11404111.jpg

天気に恵まれた日、久し振りに氷見方面に出かけ、海を見に行きました。波も静かでたまには海を見るのもいいものです。運が良いと海の向こうに立山が見える時もあるけど、この時はまったく見えなくて残念。

c0105306_11404203.jpg


夏にはもうダメかと諦めかけたミニバラのミミエデンがやっと一輪咲いてくれた。ミミエデンはピェールドゥロンサールの小型版とも言われているけど、病気にかかりやすく超難しいバラと言われているものなんです。たった一輪でも嬉しい。

c0105306_11404355.jpg

10月と言えばハロウィン。昔はこんなもので大騒ぎしなかったものなのに、今はお店に出かけるとハロウィングッズだらけ。こらもまんまと商戦に乗せられたようね。かく言う私も商戦に乗せられたひとりね。


# by yurikagorose | 2016-10-23 10:51 | バラ | Trackback

もう秋なんですね

c0105306_20334708.jpg
例によって毎年の恒例の栗拾い、そして収穫です。沢山にイガがなるのに、最初に落ちたものだけに実が入っていて、後からのものにはクズのような実しか入ってないという現象がここ数年続いています。栗の木は皆さん羨ましがるけど、見た目ほど良い事ばかりじゃないのよ。イガは手では持てないので長靴で押さえてトングでこじ開ける。
春には変としか言えないような花がじゃんじゃん落ちてきて、栗の収穫が終わればそれの片付け、晩秋になれば落ち葉、すごーく大きな葉っぱで拾うのも大変。私にとってはとっても迷惑な栗の木なんです。(*-д-)-з

9月17日に孫の運動会が開催され、稜介は今年で保育園は卒業なので最後の運動会です。
c0105306_20340599.jpg
年長児ともなれば鼓笛隊がお決まり。稜介のパートは中太鼓でした。うーん、お兄ちゃんになったなぁ〜〜

c0105306_20340943.jpg
去年は年長児が鼓笛隊を演奏するのを見て何故か涙ぐんでしまったの。小さな子供が精一杯演奏しているのを見て感動したものです。それが不思議な事に今年は我が孫が出ているというのに、全然涙は出てこない。どうして何だろう。。。

c0105306_20341342.jpg
下の孫のりりかも3歳になり、ダンスを踊りました。2月生まれなので他の子に比べると小さめだけど、横幅はかなり太め。o(*⌒─⌒*)o

c0105306_20341736.jpg
一生懸命走って、私たちも大声でガンバレ━━゚+.☆ヽ(〃`・∇・´〃)ノ☆.+゚━━ ッ!!!
孫がいるからこんな幸せがあるのかなぁ〜〜

c0105306_20340010.jpg
ブルームーンがとても綺麗に咲きました。たくさんは咲いてくれないけど香りは抜群のばらです。

c0105306_20335689.jpg
どす黒系の赤のルイ14世。漆黒な花びらがとても綺麗なバラです。

c0105306_20335372.jpg
不思議な事に自然に生えてきたダチュラの実です。どうして庭に生えてきたのか謎だけど、自然に咲かせて置いたらこんなイガイガの実をつけました。これは熟すると真っ黒なゴマのようなタネができるのですが、これは有毒。華岡青洲はこれから麻酔薬を作ったと言われているものです。これを花瓶に挿してその水を飲んだだけでも中毒を起こすと言われているので昔は植えていたけど、やめたのです。この間買ったバラの苗にでもタネが入っていたのかしら。

c0105306_20342469.jpg
マチルダはだんだん花も小ぶりになってきて、成績が悪くなってきたけど、これはやっとまともに咲いてくれました。
前のようにまた可愛い花をジャンジャンつけて欲しいなぁ〜〜

c0105306_20342766.jpg
秋バラがボチボチと咲き始め、少しずつ切って挿すととても可愛いです。花びらが落ちたけど、ハート型なのに気がついたわ。可愛いわあ。
私のインスタグラムはこちらへ。Instagram
# by yurikagorose | 2016-10-06 21:12 | | Trackback

牧歌の里へお出かけ

9月11日の日曜日、嫁さんに誘われてひるがの高原にある牧歌の里に行って来ました。珍しく家族全員でのプチ旅行。
ここは家から高速を使えば90分ほどで着くところなのに、初めてなんですよ。
嫁さんはこういうところに家族と一緒に行くのが大好きでメインの目的は動物とのふれ合い。
中にはウサギ、羊、ヤギ、アルパカ、馬、等がいて動物を自由に触らせてくれるので子供達は大喜び。特に牛の乳搾り体験などは私達でもした事がないので子供達は大喜び。

c0105306_14485653.jpg
c0105306_14484686.jpg
c0105306_14485123.jpg
中にはお決まりの花の街道があってそれは見事でした。でもこういうのってどこの公園でもしている事なので却って感動しないのよねっ。
なかには水遊びできる場所や、食事、最後には温泉に入って来れたので大満足の一日でした。

c0105306_14490135.jpg
競り市でおまけに付いて来たガーベラを地植えにしておいたら今頃になってこんな可愛い花をつけてくれて感激。雨にあたると傷んでしまうのですぐに切って室内で楽しむ事に。

c0105306_14490612.jpg
カランコエも最近ではこんな八重の品種が出回り、長い間楽しめるからうれしいね。まるで小さなバラのよう。

c0105306_14492201.jpg
今年初めて朝顔の鉢を買ってみたんですよ。昔々朝顔を買って這わせるところがなかったので雨樋に這わせたら、後始末が大変なんてもんじゃ無くて懲りたのでそれ以来買った事が無かったの。この朝顔はネットで誰かがアップしているのを見て朝顔らしくないなと思っていたら、いつも行くスーパーの花屋で売っていたんの。キキョウ咲き朝顔とか言うらしくてどっかんとでっかいお花じゃないのが気に入ったのよ。今のところわんさかとは行かないけどぼちぼちと咲いてくれ結構楽しめる。

c0105306_14493026.jpg
寄せ植えに入れていたバーベナをばらして今度は靴の植木鉢に植えたらこんもりと可愛く花を咲かせてくれたわ。とても可愛いね。

c0105306_14493423.jpg
昔々このツボはガーデニングを始めた頃に中華料理屋さんの前に沢山並べてあったのを貰ったものなのよ。外に置きっぱなしにも関わらず未だに健在。ユーパトリウムがこのツボを守っているかのようにも見えて感激。

c0105306_14495738.jpg
フロックスは段々傷んできたけど、まだまだ庭を彩ってくれる。左上はニチニチソウ、右上の篭の中は八重咲きのベゴニア。何が凄いといってこんなに丈夫で長持ちの上、綺麗でいる花ってないね。これは夏場の最強の植物に認定。来年も買わなきゃ。奥はユーパトリウムが盛んに見てみて!と生い茂っています。

c0105306_14500918.jpg
この夏にこれも最強の百日草。ジニアとも言うけど、百日草の方が丈夫で長持ちって感じよ。これは村の奉仕活動に出たらご褒美にくれたものなの。最初日陰のところに植えていたら全然大きくならず、元気が無かったので思い切って植え替えてここに持って来たら千人力。じゃんじゃん花をつけてくれてうれしい限り。

c0105306_14504075.jpg
ハツユキカズラは綺麗なピンクの葉を展開して、自己主張している。遠くから見ると花にも見えるこの葉っぱがいいね。毎年面倒でも植え替えしてあげると美人になってくれるわ。

c0105306_14504522.jpg
泣かず飛ばずのローズマリーの花がさいてるではないか!去年初めて花がさいたので感激したんだけど、ことしもちらほらと咲いてくれていた。余りに葉が生い茂りすぎるのでちょっとこまった存在になりつつあるんだけどね。

c0105306_14504919.jpg
はい、最後は私の好きはセンニチコウ。前の日に大雨が降って花がうなだれてしまってどうしようかと思ったけど、こんな風に飾ったらすごく可愛いので得した気分。うなだれたセンニチコウも可愛いね。


私のインスタグラムはここです。

Instagram
# by yurikagorose | 2016-09-18 15:26 | お出かけ | Trackback

もう9月!

c0105306_22024409.jpg
娘から毎年恒例のトウモロコシを送って来てくれた。およそ30本程入っているかも知れない。美味しいけど、これだけ食べるのは大変。

c0105306_22025276.jpg
大変と思ったのは大間違いで食べてみたら甘いし、すっごく美味しい。余りの美味しさに2本ほど一気に食べちゃった。。。。
半分くらいはどこかにお裾分けしようなんて思っていたのに、なんて事はない、家族で食事の度に出したらあっという間になくなった。娘よ毎回ありがとうね〜〜〜

c0105306_22031217.jpg
庭には夏剪定をする前のバラがちらほらと咲き、私を喜ばせてくれる。毎回花付きが良いのはパットオースチン。オレンジ色が庭を彩ってくれる。

c0105306_22035096.jpg
色のついた花はなくなってしまったけど、こんもり茂ったユーパトリムが頑張ってくれている。増え過ぎてどうにもならないけど、毎年かなり抜いていてもちゃんと茂ってくれる。

c0105306_22040098.jpg
2匹の黒猫姉妹はいつも私が庭仕事をしているとそばにいる。これはエンジェルヘアーの試食会。葉っぱはちょっと硬いと思うんですけど。

c0105306_22034403.jpg
手前の靴の鉢はもう十数年使っているけど、なんとか持ちこたえてくれている。つま先がちょっと剥げかかってきたけど、本物の靴と同じだね。

c0105306_22040834.jpg
ショッキングピンクのピンクメイディランドは庭の引き立て役。一重のバラで可愛いけど、めちゃ花保ち悪い。一重の花って殆ど花保ちは良くないですよね。それでもこうして飾ってみると可愛いバラなので花保ちが悪くても次々とさいてくれるから許そう。

c0105306_22184083.jpg
アジサイのジュウニヒトエがまだこんなに綺麗に咲いている。これはまだ蕾が開いたばかりのものなの。9月になってもまだ綺麗にさいてくれるんだから貴重品ですよね。咲き終わった花はまだ花をつけたままドライ状態にしてあるので、綺麗にドライになってくれるかどうか。

c0105306_22042070.jpg
クロードモネの斑入りのバラが余りに美しくてピンク、ピンクでコーディネート。女は幾つになってもピンクが好き。あっ、うちの娘は間違ってもピンクなんか着ないと思うけど。。。

Instagram
# by yurikagorose | 2016-09-01 22:29 | バラ | Trackback

天まで届く?

c0105306_21135416.jpg
これは何の木かというと今流行のスモークツリー。天までも伸びん勢いだ。秋になったら植木屋に剪定してもらっているけど、1年間で恐ろしい程伸びる。インスタ仲間は年に3回剪定するというから、いやはやえらい物を植えてしまった。 余りの伸びようにいやになり一回全部切ってもらい切り株にしてもらったにも関わらず翌年は尚更伸びて、手に負えない。花は珍しいだけのもので綺麗とは言えないが、最近はこの花をドライにするのが流行っているようだ。このままで行くと私亡き後には息子はどうするやら・・・

c0105306_21135908.jpg
窓辺の花はラマー。香りも良いし花の形もグッド。昔々にバラたるものがなんぞと分かりもしない時に買ったけど、未だに健在でかわいい花をつけてくれるのはうれしい限り。

c0105306_21140721.jpg
2列になった小道。左の道の下はコンクリートでその上に敷石を並べたもの。右は後から作った道で星座の敷石が敷いてある。真ん中には枕木で作ったベンチがあるが、これをつかっているのは猫だけ。

c0105306_21141197.jpg
ブルーベリーが毎日少しずつ収穫出来る。みんなで食べる程沢山は穫れないので自分一人で庭仕事をしながらつまんで食べる程度。それでも十分楽しめる。
昔ココマルシェで買った小物で遊んでみた。

c0105306_21141757.jpg
窓辺の人形は何やらいいコンビ。右のものはボルトで出来ていてなかなか個性的。左のかかしはガーデニングコンテストで優勝した時に友達から頂いたプレゼント。友達はこんなものを渡した事すら忘れているかも知れない。

c0105306_21142139.jpg
台風が近づいているとかで今朝起きてバラを慌てて切った。これはマチルダ。絶え間なく咲いてくれるお利口さんのバラ。

c0105306_21142894.jpg
来る来ると騒いで大慌てで花を切った割には、台風は北陸には影響が無かったようだ。有り難い。

こちらは私のインスタグラム。最近こちらに写真を貼る事の方が多いのでこちらにいらして下さいね。
Instagram

# by yurikagorose | 2016-08-17 21:36 | 樹木 | Trackback

どうなってる?

毎日毎日30度超えの日。
今年は夏は涼しいかもなんぞと淡い期待を抱いたのは全くの妄想だったのか。
c0105306_21253599.jpg
この暑さの中この地方特有のヘリコプターでの消毒散布が始まった。この日は前もって住民に知らされているので、洗濯物は外に干さないようにするし、なるべく窓は開けないようにしている。昔私はおばかでラジコンヘリとは気づかず、てっきり人が乗っているものと思っていた。それにしては小さいなんて思っていたが、言われるまで気づかなかった。この空中散布のおかげか私の庭には蚊というものが殆どいないので、一日どの時間に出ても虫に刺されるという事はごく稀な事だ。ガーデナーにとって蚊に刺されないと言う事は夢のような事のようだが、ずっとこんなものだと思っているのでたまに他所に行ったらたちまち蚊に刺されて閉口する。 田舎に住んでいてこんな時はほんとに有り難い。

c0105306_21254464.jpg
庭入り口部分に植えてあるバラ、フリージャーが綺麗な花をつけている。このバラはほんとに強いバラでどんな時にでも次々と花をつけ晩秋まで楽しませてくれる。匂いは強香で花の保ちはまあまあ。何よりこの鮮やかなイエローが元気をくれる。

c0105306_21254963.jpg
今年は久しぶりにハンギングバスケットなるものをいくつか作った。どちらかというと苦手な分野なので成功するか否かびくびく。作ってみるとうまくいかない。横にばかり気を取られ、上の方はスカスカ状態。なにか適当なものを入れてごまかしたけど、どうにも格好が付かず、上だけこのペチュニアのイージーウェブという品種を継ぎ足した。やっとなんとか格好が付いたので、にんまり。
うん、悪くないな。。

c0105306_21255442.jpg
これは6月の半ば頃に作ったものだけど、赤やらピンクやらのペンタスは花が終わってしまい、地味バージョンになってしまった。唯一の赤いセンニチコウが彩ってくれているけど、これはこれで見られるからいいや。。

c0105306_21470166.jpg
c0105306_21255939.jpg
今年初めてこんな黒に近いペチュニアのエスプレッソトリュフなる品種を植えたけど、なかなか素敵だった。花はじゃんじゃん咲いてくれたけど、そろそろ徒長して来たので未練たらたら切り戻した。切ったものも捨てるのも勿体ないので窓辺に飾ってみた。切り花にしてもなかなか可愛いな。

c0105306_21260361.jpg
お気に入りの窓辺は私の秘密基地。丸見えなので秘密とは言えないけど、お気に入りのものはなんでもここに持って来る。常にごちゃごちゃになってしまうので、時々片付けるようにはしているけど、ここは私の憩いの空間です。





# by yurikagorose | 2016-08-05 21:55 | 植物 | Trackback

7月も今日が最後

c0105306_15050919.jpg
今日で7月も最終日。ずっと涼しい日が続いて安心していたのも束の間、この頃の暑さと来たら毎日30度超え。やはり夏って暑いんですねぇ。。。

イングリッシュローズのヘリテージは暑さにもめげずずっと咲きっ放し。うちでよく咲くバラと言えば、アイスバーグ、マチルダ、ピンクメイディランド、そしてヘリテージ。よく咲くと言って喜んでいるのは余り良くないのかもしれない。
バラ愛好家達は夏には蕾を全部取って秋バラに備えるものなのだけど、秋バラも大切だけど、私は今も楽しみたい。夏に咲かせるのは株を弱らせるとか聞いたけど、頑張って欲しいな。

c0105306_15052507.jpg
ヘリテージとアジサイのジュウニヒトエをチョッキン。こうして毎日のように花を飾れるってほんとにうれしい。。

c0105306_15053376.jpg
白い小花はユーパトリウム。この花が咲く頃は夏真っ盛り。切り花にしても全然傷まない花なのですごく重宝する。
上に見えるのはプラチナ。このふわふわの銀色がとても綺麗で大好き。寄せ植えの添え物として使いたいものだ。

c0105306_15053825.jpg
こんな指ぬき、大分前にアンティークショップで買ったけど、全然使い道なし。というより、最近手芸や裁縫たるもの、全くしてないんだもんなぁ。。。可愛いから飾っておくだけでも良いけど。

c0105306_15054685.jpg
私のハーブとの出会いはこのメドセージ。これを初めて見た時、渋い紺色と香りが私をノックアウト。なんとも形容し難い香りだけど大好きなの。私がガーデニングを始めた頃はハーブなんて余り出ていなくて、なんだか高級な感じのするものだった。ハーブ=オシャレなんてイメージで、なんだか使い方が難しい?なんて思ったものです。考えてみれば日本だって昔からシソやネギ、ミョウガ、ニラ、など一杯香りのするものはあるのだから、別に外国産だからと言って構える事もないのにね。このメドセージは結構高い値段がしたと思うけど、これを庭の花壇に植えてたら、近所のおばちゃん達が珍しがって、みんな挿し木させてくれと言って持って行った。しばらくすると家の近所はメドセージだらけに。。。おまけにしらないおばさんが、「あれ、あんたのところにも生えてるの?これってぽとぽと花が落ちるからいやだね」なんて言われて頭に来た。ガクッ・・・・

c0105306_15055166.jpg
家の中に観葉植物をたまに飾りたくなる時がある。でも外仕事を終えて家に入って来たらもうくたくた。家の中に鉢を置いて水やりなんて。。。。。ぶるんぶるん、とんでもない。ぜったいにしたくないのよ。
そこででました、これはフェイクなんです。これなら天下無敵。枯れないし、水やりしなくて良いんだもの。たまにこうして手抜きしなくちゃね。。触らない限り、ぜったいにフェイクとは見破れないぞ!

c0105306_15060008.jpg

孫の稜介は7月24日に6歳になり、下のリリかは3歳。こうして孫と一緒に暮らすのは大変だけど、毎日喜びも貰っています。ほんとに可愛い子供達、永遠に幸あれと祈らずにはいられません。


私のインスタグラム、ここには載せていない写真もありますので覗いてみて下さいね。

# by yurikagorose | 2016-07-31 15:28 | | Trackback

真夏になってしまいました

c0105306_15585582.jpg
7月9日に今年も西洋ニンジンボクが満開になりました。薄紫の穂状の花が天に向かってスックと立ち、とても綺麗です。隣りはどんどん伸びて困るスモークツリー。

c0105306_15590779.jpg
7月10日に今年もスモモの実が真っ赤になり収穫する事になりました。りりかと稜介はスモモの収穫が待ち遠しい。

c0105306_15590268.jpg
やる気満々の稜介は長靴姿でスタンバイオッケー。可愛い助っ人です。

c0105306_15591425.jpg
さあいよいよ収穫。家のスモモの木は川の上に伸びているのでこのようにしてビニールを下に張らねばなりません。そして長い竿で揺さぶって実を落とします。パラパラを下に落ちるのを見て孫二人は大喜び。収穫の喜びは家族で分かち合うのが一番。

c0105306_15591952.jpg
ほうら、こんなに今年は穫れました。しかしこれだけあっても孫二人は一口も食べないのですから、いやになります。食べず嫌いで新しいものには絶対に手を出さないので困ります。

c0105306_15592323.jpg
友達達にお裾分けする為に収穫しているようなもんです。余ったのは殆どジャムにしました。これで一年以上ジャムには事欠かないでしょう。ちょっと酸っぱみのあるジャムですが、子供は不思議な事にジャムなら食べるんです。

c0105306_15594882.jpg
鉢に植えてあるホスタの花が満開になり、とても素敵です。ホスタの花が咲かないという声も聞きますが、調べてみるとホスタが日当りの悪いところに植えてあるとなかなか花が咲かないという症状が出るようですね。一概に日当りだけとも思えないですが、花が咲いてくれないと夏場に寂しいですよね。

c0105306_16001137.jpg
和庭の手水鉢で今度はアイが水を飲んでいます。ここは勿体ないけど、ちょろちょろ少しずつ水を出してあるので、猫は美味しいのかも。(うちは水道です)

c0105306_16002141.jpg
マニアックな友達から苗を頂いて植えておいたところこんな珍しいものが咲きました。これはミレットパープルマジェスタという植物で和名は黒キビ、別名はチョコバナナの木なんていうアフリカ原産の植物でした。葉がわさわさと生い茂ったらインパクトがありますね。

c0105306_16002721.jpg
7月18日に孫にせがまれてお散歩にいくとシロツメクサが一杯咲いていて、孫達は大喜び。花冠を意識してるのか、りりかは稜ちゃんと結婚するって盛んに言って微笑ましかったです。子供は天使ですね。

c0105306_16003852.jpg
ネット友達のところで見てどうしても欲しくなり買ったラマリエ。ひらひらの花びらがほんとに可愛いバラです。ちらほらとしか咲かないけど、虫にやられない前に切って飾りましょう。

c0105306_16004309.jpg
多肉植物を置いてあるラティスの棚がペンキが剥げてぼろぼろに。この頃は剥げた感じが大流行りだけど、雨風が当たると木が腐ってくるので、夫にペンキを塗ってもらいました。今回もコンプレッサーを使ってしたのでアッという間に終わります。

c0105306_16004859.jpg
c0105306_16005271.jpg
今まで錆びが出ていた小物達もこの際一気に塗ってもらい新品のようになりました。これで一安心。

c0105306_16010816.jpg
早速アジサイのジュウニヒトエを飾って大満足。このアジサイはうちでは一番遅く咲くあじさいです。写真よりももう少し薄い色でとても綺麗なアジサイ。

c0105306_16010317.jpg
このアジサイは石化アジサイと言って茎がこんな風に帯状になるのが特徴です。平べったい茎ってなんだか不思議。



# by yurikagorose | 2016-07-24 16:58 | 収穫 | Trackback
line

ダイアリー


by yurikagorose
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31